気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: 恋愛・結婚


    妊娠した女性dolgachovt/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    愛するパートナーがいるにも関わらず、寂しさや過去の恋愛から抜けきれず不倫に走る人がいる。中には、その秘密が膨れ上がってどうしようもない状況になることも…。

    Yahoo!知恵袋』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。

     

    ■元カレのことが忘れられず…

    投稿者は、専業主婦の20代女性。夫がいる身でありながら、元カレと不倫をしているという。

    その彼は初めて肉体関係をもった相手であり、特別な存在。別れても彼を忘れられず、結婚当初から関係が続いているようだ。夫にとっては災難な話ではあるものの、このままではただの不倫。しかし、投稿者は現在妊娠中だそう。

    しかし、その子供が夫か元カレの子供なのかわからないようで、トピックにて「私はこれからどうすればいいのでしょうか?」と悩みを訴えた。

     

    ■「離婚すべき」「絶対に知らせない」の声も

    不倫した側ということもあり、ユーザーからは非難が殺到。投稿者の人格を否定するような暴言まで寄せられている。

    しかし、中には投稿者にアドバイスをおくるユーザーも。

    「旦那さんや生まれてくる子供の為に離婚すべき」

     

    「元カレには妊娠している。どちらの子供かわからないと伝える事です。おそらく元カレは逃げるでしょうから本性がわかって別れられると思います。夫には絶対知らせない事です。夫の子供だとして育てる事です。それが子供のためです」

     

    夫や子供を傷つけないためには、離婚するか秘密を隠し通すしかないとの声が見受けられた。

     

    ■夫以外の男性の子供を育てている人は…

    夫か元カレの子供かわからないと明かす投稿者だが、世間では夫以外の男性との間に生まれた子供を育てている女性もいるだろう。

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の既婚女性435名に調査を実施したところ、6.0%と1割にも満たないものの「夫以外の男性と秘密でつくった子供を夫婦の子供として育てている」と回答している。「托卵女子」と呼ばれることがあるが、実際に存在するようだ。

    托卵女子1

    元カレとズルズル不倫関係が続き、やがて秘密がバレて修羅場が訪れることも十分にありえるこの状況。決断のときはもう迫っているのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→夫の不倫が発覚して探偵を雇った結果…  「ありえない素行」が発覚し呆れの声

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年6月24日2016年6月27日
    対象:全国20代~60代の既婚女性435名(有効回答数)

    「元カレか夫の子供かわからない…」 不倫女子の悲痛な訴えに衝撃走る


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「元カレか夫の子供かわからない…」 不倫女子の悲痛な訴えに衝撃走る】の続きを読む


    23区内勤務の契約社員の独身女(32才)がいます。
    年収300万(ボーナス込)、N本大卒。
    この女、婚活中。
    婚活を始めて1年になるのに未だに婚約者はおろか彼氏もできないので、うまくいかない理由を分析してみた。

    結論から言うと、理由は2つ。
    1つ目は自分の身分をわきまえていない
    二つ目は金銭感覚がない

    相手に求める条件は?と聞くと
    「多くは望まない。年収500万あればよくて、ちびデブ禿でなければなおよし」
    ふむふむなるほど。 まぁ酷くブ○でもないしそれくらいは理想持ってもいいだろう。問題はここから
    「あと専業主婦じゃないと無理。料理とかできないけど旦那にやらせたらいいっしょ」←!
    「あと子供は二人で、其々中学から私立に入れる。だって自分が大学まで私立だったし」←!!
    「あと住むなら築10年以内の賃貸か、新築。千葉埼玉東京郊外で住むのはあり得ない」←!!!
    「あと1シーズン1回は旅行させる」←!!!!

    …はぁーーー?
    500万で専業主婦って、田舎暮らしのローン無しならともかく東京でやっていくには底辺の暮らし。しかし本人はわかっていない。500万では人間らしい生活なんて到底望めないことを。

    現実問題、世帯年収1,300万でも子供二人を中学から私立にやるならローンに充てられるのはせいぜい月10~20万(80㎡位のお家)、食費は月5万。年数回の帰省ががあると年に一度の海外旅行は正直きつい。上記の生活水準ですら危うい。
    この現実が分からないのは生まれた時から実家があってローンがなくて裕福な暮らしができていたからなのか。

    将来旦那になる人の頑張って貯めた貯金は食いつぶし、給料は安いと馬鹿にし、家事も料理もまともにできない、しかも加齢に伴って子供はできにくい・・・こんなリスクでしかない32才
    誰が嫁にもらうかwwww
    それなら誰だって若い女選ぶわwwww

    薄給なのも料理ができないのもその程度の大学にしか行けず、実家に寄生し続けている自分の行いがそうさせた自業自得なのになぜ結婚相手には高望みできるのか摩訶不思議。
    上から目線で物を言っていい年収でもルックスでも年齢でもないのにwww

    この女の身分なら「聞いたこともない大学の年収350~450万」が妥当。+専業主婦ではなくて自分も働いて尚且つ毎日倹約に励む。私立は難しいから偏差値60以上の公立に入れる塾代をせっせと貯金する。
    人間らしい暮らしがしたい三十路独身女で「年収500万でいい」って言っていいのは「年収500万以上稼ぐ」女だけ。

    周りに結婚できない独身女が居たら結婚相手に求める理想像と将来設計を問うてみよう。
    だいたいが、自分の身分をわきまえていない、金銭感覚がおかしい このどちらかが原因なはず。



    「好きって言ってくれるけどあまり好きじゃない男性」、「好かれてないけどすごく好きな男性」。どっちと結婚したら幸せ・・・?と、アラサーともなると悩んでしまうことがあるでしょう。そこで「そこまで好きじゃなかった男性」と結婚した女性に、結婚して良かったことを調してみました!

    【詳細】他の写真はこちら


    ■お様のように優しく扱ってくれる


    「彼からされ続けて10年。結婚したくなったタイミングで好きだったけど冷たかった彼氏と別れて10年間好きでいてくれた彼と結婚。さらに10年経った今でも変わらず愛してくれて、毎年の記念日も祝ってくれる」(30女性派遣


    女には〝される幸せ〟もある
    やっぱり女はされてナンボ!好きじゃない人と結婚してよかった理由で圧倒的に多かったのは「優しくしてくれる」こと。

    好きじゃなくても好かれてさえいえば女は幸せなのです。反対にどんなに好きでも、相手は全然私のこと大切にしてくれない・・・では、最初の頃は頑れても長期戦の結婚でそのモチベーションのキープは至難の業。


    ■盛り上がりがなかったため落ちることもあまりない


    「出会った時から友達みたいな感覚で一緒に過ごしてきて、そのまま結婚友達の延長線上で夫を見ているので、大きな喧もなく嫌なことも『まあいっか』でやり過ごせている」20代女性/会社員)


    加点法ができるのも好きじゃない人だから
    「私たち絶対に運命恋愛結婚したの」と言いきちゃう人ほど離婚率が高いのは、「最初の期待値が高すぎるため」。「この人は」という線で結婚しているため、結婚後は減点法でしか見られなくなってしまいます。

    どんなに好きな相手でも、結婚後に「イケメンだけど全く働かない」「全然育児に協してくれない」では「この人は何にもしてくれない」なんて怒りを覚えてしまうことも。

    でも最初からそこまで好きではないタイプ普通男子結婚していれば「まあ、こんなもんよねえ」と優しいで見守ることができるのです。

    細な事をやってくれただけで「こんなこともできるのってすごい!」と加点法で喜べることも。


    愛よりもお金は間違いではない


    「親の紹介での昔ながらのお見合い結婚。第一印もパッとしなかったけど、親からの『資産だから』との押しがすごくて結婚した。悪い人でもないし、なによりお金があるから夢ののんびりした専業主婦生活ができて文句は全くない」(30女性/専業主婦


    お金があれば喧の原因は減る
    ぶっちゃけお金持ちだったから」好きじゃない男性結婚したという女子も。簡単に言うと「お金当て」ということになってしまいますが、彼女彼女たちで「お金に余裕がある幸せ」を手に入れているのです。

    夫婦喧嘩の原因の大半はお金」とも言われているように、お金さえあれば結婚後の喧の原因は少なくなり夫婦円満が続くというワケ。


    生理的に理!じゃなければ大丈夫
    ただ「生理的に理の範囲で好きじゃない人」との結婚は避けましょう。結婚後にセックスレスになる可性大に。

    好きじゃなくても「一緒にいて心地いい」と思える男子結婚すればそうそう後悔することもありません。「大好きな人と結婚すれば絶対に上手くいく」ということでもないのが結婚深いところですね!


    Profile
    恋愛カウセラー・ライターゆりな
    恋愛相談を中心とした心理カウセラーとして活動。現在結婚してママに。
    恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。
    (andGIRL

    そこまで好きじゃない人と結婚、アリかナシか。ほどほどの人と結婚するメリット3選


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【そこまで好きじゃない人と結婚、アリかナシか。ほどほどの人と結婚するメリット3選】の続きを読む


    karinsasakiiStock/Thinkstock)

    結婚する上で大事なのはか、お金か。今まで散々議論されてきた内容だが、未来を見越して判断をするのは簡単なことではない。

    女性向け掲示板サイトガールズちゃんねる」のあるスレッドが話題になっている。

    ■彼氏の家が貧乏で不安

    近々結婚を予定している彼氏がいるという投稿者。しかし、彼の実家貧乏で…

    ・彼の母親は膝を痛めてから仕事ができない状態

    は長らく失業中で、そのとき貯100万円あげた

    の借を肩代わりしており、今もまだ250万円も残っている

    と、お金に関してかなりユルユルな様子。そして、「今後結婚したら彼たちが負担になるのでは」と感じていることを明かした。

    ■「結婚をやめるべき」の声が相次ぐ

    この投稿に対し、他のネットユーザーからは「結婚をやめるべき」というが相次ぐことに。

    ・その彼と結婚 やめたほうがいいよ

    ・ごめんね、私なら結婚やめる

    ・やめておきなよ。お金ってすごく大事だよ。綺麗事じゃ生きていけない

    ■「生活保護を受けさせるべき」との声も

    また、一方では「生活保護を受けさせるべき」という意見も。

    生活保護受けさせれば?

    ・いざという時には扶養しないで生活保護をうけてもらうことを今から約束されては?

    息子のことを思うなら、息子にたからずに自分達で生活保護を受けるなりなんなりする。貧乏々ではなくてたかる神経の親が問題

    ■女性のほうが男性よりお金にシビア

    しらべぇ編集部では以前、全男女1,387名に「結婚で必要なものは情より『お金』だと思う」人がどれほどいるのかを調。すると、全体の35.8%が「お金だと思う」という結果に。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    性年代別で較したところ、ほとんどの年代で女性のほうが「お金」と考えていることがわかった。

    今後も投稿者が実家支援し続け、親兄弟もそれを当然と受け止めていれば、投稿者の結婚生活が貧しいものになる可性は高いだろう。賢明な判断がめられる。

    ・合わせて読みたい→「お金より愛情」で低収入の夫と結婚した女性 絶望の展開に「後悔の日々」

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2016年10月21日2016年10月24日
    :全20代60代の男女1,387名(有効回答数)

    「彼氏の実家が貧乏」で不安な女性 悲惨すぎる実態に「結婚やめな」の声が相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「彼氏の実家が貧乏」で不安な女性 悲惨すぎる実態に「結婚やめな」の声が相次ぐ】の続きを読む

    このページのトップヘ