気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: わくわく楽しいはなし


     タンポポの綿毛でできたひよこがとってもふわふわで可愛いとネット上で絶賛されています。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

     この綿毛のひよこ、「New草花あそび研究所」所長のinoriさんが制作したもの。これまでにも数々の植物を生き物や飾りにする遊びを紹介していますが、今回のひよこは以前に綿毛をドライフラワーにした技術を応用して作られたものです。

     「卵の殻が可愛く割れたので」とその綿毛のひよこを卵の殻の上に乗せてツイッターで紹介しています。この様子がとっても愛らしく、世界中の人たちから「可愛い!」と大絶賛のリプライが次々と届いています。

     inoriさんによると、この綿毛は飛びにくくなるようタンポポの花が終わって綿毛がすぼんだ先に見え始めた辺りのものを採取してドライフラワーにしており、目にはサンショウの種、くちばしと脚と尻尾はロウバイという花をドライフラワーにしたもの、羽はビオラの花をドライフラワーにしたものをピンセットを使って木工用ボンドでくっつけているそうです。

     以前に作った綿毛の猫はヘアスプレーで固めていたのですが、今回はスプレーなどで固めずそのままなんだそう。

     タンポポの種は熟して完全に開いてしまうと剥がれやすくなり密度も薄くなってしまいますが、未熟な綿毛をドライフラワーにする事で剥がれにくく、乾いて綿毛が開いても密度がつまった状態になるようです。

     それにしてもとってもメルヘンチックな雰囲気になっていますよね。卵の殻の上によじ登ってつぶらな瞳で初めて世界を見ているようなひよこの表情がたまりません。そして殻から落っこちて転がってしまった様子も、助け起こしたくなるような、でも綿毛が崩れてしまいそうで触るのをためらってしまいそうな……。

     inoriさんが考案した草花遊びの内容は6月18日に「あたらしい草花あそび」というタイトルで単行本が出版されますので、四季折々の草花遊びを楽しみたい人はぜひチェックしてみてくださいね。

    <記事化協力>
    inoriさん(@kusabanaasobi)

    (梓川みいな)

    タンポポの綿毛でできたひよこがメルヘンチック


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【癒やされるーー】タンポポの綿毛でできたひよこがメルヘンチック】の続きを読む


    ザギトワちゃんも♡ 今世界中が『秋田犬Lover』 秋田犬愛が止まらない



    【ザギトワちゃんも♡ 今世界中が『秋田犬Lover』 秋田犬愛が止まらない】の続きを読む


     日本の国内総生産(GDP)は2010年に中国に抜かれるまで、1968年から42年間にわたって世界2位の座を維持し続けた。中国の人口規模は13億人を超え、国土の大きさは日本の約26倍に達するうえ、天然資源も豊富に存在するため、GDPで日本を上回っても不思議なことではない。

     だが、中国人からすれば四方を海に囲まれ、国土も小さな日本が42年間も経済規模で世界第2位であったことが不思議でたまらないようだ。中国メディアの快資訊はこのほど、世界第3位の経済大国である日本は果たして本当に小さいのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

     記事は、日本は1968年に西ドイツを抜いて世界第2位の経済大国になると、80年代にはもう少しで米国を抜けるほどまで経済規模が拡大したと指摘。そして、95年になると日本のGDPは米国の71%の水準にまで達したと指摘し、「いまだかつて米国GDPの7割ほどの水準まで迫った国はなく、日本が初めてだ」と論じた。

     さらに、日本はバブル崩壊によって経済成長を失ってしまったが、それでも今なお世界第3位の経済大国であることは驚異的であると強調する一方、これだけの経済大国が果たして小国なのだろうかと疑問を呈し、この疑問に対して「日本は決して小国ではない」と主張。

     中国と比較すると日本は確かに「小さく見える」が、実際には日本の国土面積はドイツや英国より大きいと強調。また、国土面積が大きい方が有利ではあるが、カナダやオーストラリアのように国土が大きければ即座に経済規模が大きいというわけでもないと強調し、中国を基準に考えるから日本が小さく見えるのであって、日本の国土は小さくないのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    世界第3位の経済大国である日本、果たして本当に「小さい」のか=中国メディア


    (出典 news.nicovideo.jp)

    国会、もっとグローバルな論議しようよ、もりともとかけはもういい加減に決着して、相手にされない日本になる前に。

    <このニュースへのネットの反応>

    【世界第3位の経済大国である日本、果たして本当に「小さい」のか】の続きを読む


    何これすごい…!手描きと思えない立体的なアートに釘付け



    【何これすごい…!手描きと思えない立体的なアートに釘付け】の続きを読む


    『おっさんずラブ』だけじゃない!人気脚本家「徳尾浩司」作品まとめ



    【『おっさんずラブ』だけじゃない!人気脚本家「徳尾浩司」作品まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ