気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: 納得いかないはなし


     第100回全国高等学校野球選手権記念大会で、審判員による誤審が勝敗に大きく影響するケースが相次いでいる。

     甲子園大会初日の中越高校対慶應義塾高校戦では、同点で迎えた8回、1アウト1塁3塁で中越がスクイズを敢行するも、空振り。サードランナーは慌ててサードに帰塁するが、捕手からのボールが三塁へ転送される。

     アウトのタイミングではあったが、サードランナーがヘッドスライディングをしたため、三塁手はタッチができず、「空タッチ」に。慶應義塾の三塁手がそれでもなぜかタッチをアピールすると、なんとアウトの判定。VTRに映し出されるプレーの様子は、明らかにタッチしておらずセーフだった。

     結局この回、中越は勝ち越すことができず、慶應義塾が9回の裏にサヨナラ勝ち。仮にこのプレーがセーフだった場合、中越が勝ち越しそのまま勝利していた可能性もあった。

     また、翌日の佐久長聖高校対旭川大学高校戦でも、佐久長聖1点ビハインドの8回、ツーアウトから打者の打った落下ギリギリのフライをレフトがスライディングキャッチ。誰の目から見ても、ボールはレフトのグローブに収められていた。

     ところが三塁塁審は、何を思ったかワンバウンドの判定。一度「チェンジ」と思った投手は気持ちの切り替えができず、次打者にフォアボールを与える。さらに、次の打者のフライを動揺したレフトがグローブに当て落球。2点が入り、逆転となった。

     この後、旭川大学高校が追いつき延長に入り、大会史上初のタイブレークになるのだが、その裏には重大な「誤審」があった。この件については、現在も北海道を中心に怒りの声が上がっており、「ふざけるな」「やり直すべきだ」「謝罪しろ」など批判の声が現在も上がっている。

     当然、プロ野球のようにビデオ判定を導入しろという声も多い。しかし、高野連はそのような動きを全く見せず。たとえ間違っていたとしても、「審判は絶対」と考えているようだ。

     なぜ、ビデオ判定に消極的なのか。野球関係者はこう話す。

     「先進的なことを一切導入したくないのでしょう。それこそ軍隊のように、年齢が上である審判員に対し、高校生は『絶対服従』を強いたいのだろうなと。非常に、古い考え方がはびこっている世界なので。

     高校野球の審判は、ほぼボランティアで、酷暑のなかベンチに入れずグラウンドに立っているわけですから、気分が悪くなるケースや、判断力が鈍ることは容易に想像できます。誤審はある種仕方のない部分もある。

     ビデオ確認ではしっかりと検証できるわけですから、審判員にとっても負担が減るので、制度で導入すべきだと思います。しかし、高野連は誤審を無くすことよりも審判の名誉優先ということなのでしょう。

     これはあくまでも噂ですが、人気高校になると収益を考えて審判が贔屓して勝たせるということもあるようです。今年地方大会で大阪桐蔭が履正社に9回2アウトから4四球で逆転しましたが、あの件について懐疑的な視線を向ける人も少なくありません」

     熱中症対策に無頓着であるなど、時代に追いつかないことが多い高野連。野球に限らずサッカー・ラグビーなど、誤審の防止を目的としたVTR検証は世界的な「流れ」なのだが、高校野球は間違った判定も審判がすれば、たとえ間違っていたとしても正解ということのようだ。

    取材・文・櫻井哲夫
    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【誤審続きの甲子園に批判殺到! 高野連がそれでもビデオ判定を導入しない理由とは?】の続きを読む


    たいていの男は、「素人娘」や「業界未経験」といったフレーズに否応なく心が躍ってしまうもの。だが、SPA!風俗担当の精鋭記者たちが調査したところ、哀しい現実が浮かび上がった。現在風俗店で働いている女性の約4割が、経験者採用。移籍や出戻り組なのだ。彼女たちは、いったいどんな心境で、再び風俗店の敷居をまたいだのだろうか。根掘り葉掘り事情を聞いてみた。

    ◆出戻り風俗嬢は店にとっては痛しかゆし!?

     風俗の経営者は諸事情を抱えて出戻ってしまう風俗嬢をどのように見ているのだろうか。都内のデリヘルオーナーに聞いた。

    「正直、戻ってくれると嬉しいし、仕事もやりやすい。でも、売り出し方が難しい。人気だったコが復活すれば『伝説の元ナンバーワンがプレミアム復活!』なんて打てるけど、そうでもなければプロフィールから嘘を書くことになる。風俗ってファンタジーじゃないですか。期待の新人のはずなのに、ものすごく段取りよくプレイして、ものすごいテクを披露したら、男って萎えちゃうんですよね(苦笑)。当たり前ですが、初々しさがありませんから」

     とはいえ、彼女たち出戻り風俗嬢は風俗業界にとってはなくてはならない存在であることも事実。

    「業界を知らない新人のコの教育ってホント、大変なんですよ。プレイ講習だけじゃなく、お客さんとの会話や所作とか一通り教えなきゃいけない。でも、育ったと思ったらやめちゃうなんてザラ。だから、“わかっている”出戻りのコは重宝するんですよ」

     プレイだけでなく、待機部屋でほかの風俗嬢のケアをしてくれたりと、その存在は店にとってかなり大きなものだという。

    ― なぜ彼女は風俗嬢に戻ったのか? ―



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「出戻り風俗嬢は業界に必要不可欠」風俗店の事情とは?】の続きを読む


     ネット内では「対立を煽る書き方をすれば、読み手が過剰に反応する(=釣られる)」と、先日殺害されたネットウォッチャー・Hagexは著書『ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』(アスキー新書)に記す。その典型として「男女対立」、「理系文系」、「きのこの山・たけのこの里」、「能力や価値の相対化や序列化と対立煽り」などをあげている。

    「生産性の低い人に残業代という補助金を出すのも一般論としておかしい」

    「時間内に仕事を終えられない、生産性の低い人に残業代という補助金を出すのも一般論としておかしい」(東京新聞6.21)。これは竹中平蔵の言葉である。「経営者目線」の者と「社会のありようを問う」者の対立をうまいことアオり、ここまでくると、ネタで言っているのかと思ってしまう。過去にも「日本の正社員は世界一守られている労働者になった。だから非正規が増えた」(日経新聞2012.7.16)、「正社員をなくせばいい」(テレ朝2015.1.1)といった発言で、世のひとびとを虜にしてきた。

     そんな竹中は自らの肩書でもネットを盛りあげる。上掲の東京新聞のインタビューでは、残業代ゼロ制度の異名をもつ高度プロフェッショナル制度について「個人的には、結果的に(対象が)拡大していくことを期待している」などと、「東洋大教授」の肩書で登場して語っている。これがまたいいネタフリになって、SNSには「東洋大教授でなく、パソナグループ会長と表記すべきじゃね?」との幾多の投稿が見られることになる。

    学者大臣からパソナ、オリックスの企業人へ

     稀代の釣り師ともいえる竹中だが、東洋大教授や人材派遣大手のパソナグループ会長のほか、オリックス社外取締役など肩書コレクターとしても有名だ。一介の経済学者であった竹中は小渕政権の諮問機関の委員となったのをきっかけに政治に入り込み、小泉内閣に入閣すると「学者大臣」と呼ばれ、選挙に当選して国会議員にもなり、やがて複数の大企業の取締役などになっていく。

    「ちゃっかり経済財政大臣の椅子に座っていた」

     週刊文春の見出しでこうした変遷をふり返ってみれば、小泉政権で経済財政政策担当大臣→「『変節漢ぶり』検証 竹中平蔵ってそういうことだったのか会議 御用学者と呼ばれる理由」(2001.9.6)、金融担当大臣→「竹中平蔵金融相登場 外資は栄え 日本は滅ぶ」(2002.10.10)、参院選に当選→「竹中平蔵 自爆告白『日銀やゴールドマン社員が選挙協力してくれた』」(2005.5.26)、パソナ取締役→「竹中平蔵『パソナ取締役』就任 南部社長とのただならぬ関係」(2009.8.13)という具合。そのときどきの肩書・立場に応じたネタを提供している。

     これら記事の中に、こんな逸話がある。森政権の末期、竹中が、民主党議員らによる自民党を倒すための政策勉強会に参加させてほしいと頼んできた。しぶしぶそれを認めたところ、「しばらくして、勉強会で研究された、リナックス型社会、七つの改革 、といったアイデアを、いつのまにか竹中さんが別の場所で発表したんです」(永田町関係者・談)。おまけにそうした民主党の勉強会に参加していたのが「小泉政権の誕生と同時に、ちゃっかり経済財政大臣の椅子に座っていたこと」でさらに彼らを驚かす(週刊文春2001.9.6)。

    規制緩和とともにある人

     それでいえば、ときの政権に取り入って規制緩和を進めた竹中は、規制緩和による市場化で儲けるオリックスや、それこそ規制緩和ビジネスの人材派遣業の大手・パソナグループの取締役に“ちゃっかり”就いている。「“規制緩和の旗手”である竹中さんは、雇用問題について『派遣を含めて多様な雇用形態を実現すべき』と主張して」(文春2009.8.13)きたのである。釣り師としてばかりでなく、ちゃっかり者としても一流であった。

    『サラリーマン政商 宮内義彦の光と影』(講談社2007)、『日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈』(文藝春秋2015)、これらは森功の著書名である。オリックスとパソナ、竹中が取締役に就いている会社の経営者が「政商」と呼ばれるゆえんは、政府による規制緩和の恩恵を受けていることにある。

    小佐野賢治、小泉改革、人材派遣業をつなぐもの

     政商といえば、もっとも有名なのが小佐野賢治であろう。小佐野は田中角栄の「刎頚の友」であった。そして田中の口利きで事業の利益を得ていく。土建国家、族議員、政・財・官の癒着、こうした政治風土のなかで、政治を介して特別の儲けを得る。これを支える体質を「古い自民党」と呼び、それを「ぶっ壊す」と叫んだのが小泉純一郎である。

     小泉の有名なスローガンに「痛みをともなう構造改革」というのもある。不良債権などで経済が立ち行かなくなった90年代半ばに威勢を増したのが「構造改革」論で、それを突き進めたのだ。では、改革するとなにがどうなるのかといえば、規制緩和により、新たな市場が生まれたり、拡大したりするのである。

     そうした市場のひとつが人材派遣業だ。小泉は「改革なくして成長なし」とも言ったが、まさに人材派遣業は「改革」によって成長をとげる。限られた業種にしか派遣できなかったのが、原則自由化され、製造業などへと拡大していく。そうした「法改正とともにそのときどきの政府の政策が、パソナの南部をここまで押しあげてきたのは、間違いない」(森功『日本を壊す政商』)。人材派遣業は「規制緩和ビジネス」なのだ。そして、これの推進役になったのが、オリックスの宮内が議長を務める政府の規制改革会議であった。

    構造改革の痛みから、10年近くが経った今

    「新しい自民党」の時代、ときに政商は政府の中にいる。彼らは自分で提言してできた市場で儲けを得る。こうしてみると、竹中の肩書には政商が加わるかのようだ。

     かつて竹中も属していた「経済戦略会議」の委員であった中谷巌は後年、構造改革が非正規雇用の増大を招いたと、自己批判する(「竹中平蔵君、僕は間違えた」文藝春秋2009.3)。この会議の答申が謳う労働市場の流動化が、その後に派遣業を拡大させたのだ。そして「あるべき社会とは何かという問いに答えることなく、すべてを市場まかせにしてきた『改革』のツケが、経済のみならず、社会の荒廃をも招いてしまった。それがこの十年の日本の姿であった」と中谷は懺悔するのであった。

     それから更に10年近くが経とうとしている今日、正規雇用が破壊されつつある。あらたな分断を生もうとアオる竹中とともに、この荒廃はなおも拡大していく。

    (urbansea)

    竹中平蔵 ©文藝春秋


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「正社員はいらない」“煽る人”竹中平蔵とは何者なのか?】の続きを読む


     近年、コンビニなどでやたら目につく“無色透明”の清涼飲料水。着色料を使用していないので、たしかに水のようにクリアで見た目もクリーン、どぎつい色付きの飲料品よりはカロリーも少なそうだし、健康的な印象もある。だが一方では、駄菓子屋の店先や祭りで飲んだ赤・青・緑・黄など、舌に色がつくような清涼飲料水に懐かしさを感じる人も多いのではないだろうか。清涼飲料水の透明化が乱立する背景と共に、色付き飲料水への回帰志向についても考えてみたい。

    【写真】豪快に「ゴクゴクプハー!」を見せる綾瀬はるか

    ■透明化の源流は「フレーバーウォーター」、ミネラルウォーターの“清涼飲料水”化が始まる

     「清涼飲料水」の定義を調べると、「アルコール1%未満で味や香りがついている」飲料品のことで、水や牛乳、食事に供されるスープ、カップに注がれたコーヒー・紅茶・お茶・ココア等以外はすべて清涼飲料水となる。つまり、スーパーやコンビニなどで販売している飲料品(アルコール飲料を除く)のうち、純粋なミネラルウォーターと牛乳以外はすべて清涼飲料水となるのである。

     しかし、2010年あたりから普通のミネラルウォーターにミカンやメロンなど、果物の味をつける「フレーバーウォーター(味のついた水)」が出回りはじめる。いわばミネラルウォーターの清涼飲料水化だ。その5年後、透明化したヨーグルト味の飲料がフレーバーウォーター市場最速のペースで、累計販売数量1,000万ケースの大ヒットとなると、続いてレモンティー、ミルクティー、カフェラテ、ノンアルコールビール、そしてコーラまでが透明化されていくのである。

    ■「何色にも染まっていない」無色透明は“清廉性”の象徴

     透明飲料水がここまで流行る理由はどこにあるのだろうか? 実は、お茶や水以外の色のついた飲み物にはジュース=おやつという印象がまだまだあり、男性が飲んでいると、どこか子どもっぽく見られることもあるようだ。そのため、一見、水を飲んでいるようにしか見えない透明飲料は、特に職場などでも重宝されているという。

     清涼飲料水市場は常に激戦であり、新商品を発売しても売れなければあっという間に消えていくのが通例。「○○なのに透明」というインパクトは、メーカー側としてもぜひとも欲しい強力なキャッチでもあるのだろう。

     さらには、“無色透明”に対する日本人の感覚・感情も影響しているようだ。花嫁衣裳の白無垢に象徴されるように、「何色にも染まっていない」ことは美徳なのである。無色・透明であることは、“清く”、“汚れがなく”、“明るい光”であるというイメージから、透明飲料水への好感度を無意識レベルで引き上げているのかもしれない。

    ■「メローイエロー」「ガラナ」…ドギツイ色付き飲料は「語り合える」魅力にあふれていた!?

     そんな清廉性を象徴するような無色透明な飲料水が多数登場することで、その反動として想いを馳せてしまうのが、毒々しい色のついた飲料水たちだ。現在40代半ば以上の世代にとっては、子ども時代に飲んだ清涼飲料水は瓶(ビン)のジュースであり、自販機に備えつけられた栓抜きで王冠を外すタイプが主流。毒々しい色のついた飲料に人気があったこともまた事実なのだ。特に炭酸飲料は定番であり、中でも「コカ・コーラ」は最強、系列で言えばフルーツ味の「ファンタ」や“元祖透明飲料”とも言える「スプライト」などがあった。

     その「ファンタ」に対抗していたのが「チェリオ」で、そのオレンジ・緑・紫などの色は、「ファンタ」よりも毒々しく妖しい光を放っていた。また、コーラの瓶が190mlであったのに対して、チェリオの瓶は320mlと大容量。おまけにお店に瓶を返せば、10円戻ってくるという“ワンウェイ瓶”だった。

     また、瓶から缶への販売が主流になりはじめたころ、ペプシから販売された「マウンテンデュー」とコカ・コーラから販売された「メローイエロー」のライバル関係も勃発。キャッチフレーズは、「最初で最後の際どい味」(マウンテンデュー)と「とっても訳しきれない味」(メローイエロー)と、もはや美味しいのか不味いのかよくわからない表現になった。

     それでも「マウンテンデュー」のどぎつい緑色(ジュースは黄色)と「メローイエロー」の黄色のイメージは強烈だったし、それからしばらくして両者とも見かけなくなったが(後に両者とも復刻)、あの色や味は脳と舌にいまだに刻まれていたりするのである。

     コーラ自体、1993年に無色透明のコーラ「タブクリア」を発売するも日本ではいまひとつ定着せず、1年足らずで販売中止となった過去がある。今回の“透明化”ブームを横目に、ネット上では「四半世紀の時を超えリベンジ!?」、「今回のクリアコーラを見て、タブクリアを思い出すのは四十路オーバーと決定」など、“かつての透明化”を懐かしむ投稿が多く見られた。

     コーラ系飲料で言えば、本家のコカ・コーラに対し「ドクターペッパー」はかなりクセのある味で、「ドクターペッパー好き=大人の味がわかる人」というイメージもあったし、さらには北海道の「ガラナ」のような、ドクターペッパーよりさらに強烈な味のご当地コーラなどもある。ちなみに1984年には、「コーラの前を横切るヤツ、冒険活劇飲料サスケ」なる糸井重里氏によるキャッチコピーがついた「サスケ」という炭酸飲料もあったが、これもあっさりと消えてしまった。

     そして今まさに、空前の透明飲料水ブームに直面しているわけだ。見た目もクリアでキレイな透明飲料は、臆することもなくすんなりと飲めてしまうのだろうが、ドギツイ色つき飲料で育った世代にしてみれば、それらについて熱く語り合った思い出まで、「無色透明化」されないことを願うばかりである。
    「透明」だから、ラベルを取れば、中身は分からない!? (C)oricon ME inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「透明飲料」乱立する背景とは? 一方で“色付き飲料”へのノスタルジーも】の続きを読む


     最新の“聖書予言”が登場した――。世界の終わりは今年、2018年6月24日だ。

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/01/post_15621_entry.html】

    ■“終末の日”は2018年6月24日

     ご存じのように、かつての“ノストラダムスの大予言”では世界の終りは「1999年7月である」とされていた。また、マヤ歴が2012年12月で終わることからこの日が“終末の日”であるといわれたことも記憶に新しい。加えて昨年の2017年10月には、謎の惑星“ニビル”の地球最接近で文明は滅亡するという話題を多くのメディアが取り上げた。

     そして先日、最新の“聖書予言”が登場してメディアをにぎわせている。それによれば“終末の日”は2018年6月24日だ。

    『新約聖書』の中で唯一、預言書的性格を持つ書である『ヨハネの黙示録』を分析することで終末の日の日付を特定したのは、マテュー・ジャン=マルク・ジョセフ・ロドリグ氏。ロドリグ氏は、黙示録の中のいくつかのフレーズに着目してこの日付を導き出したということだ。その最も重要なフレーズは2つある。

    ・この獣は、傲慢な口汚い口を与えられ、42カ月間活動する権威を与えられた。

    ・その数字は人間を指している。その数字とは666である。

     この“42”と“666”という2つの数字を手がかりにして、ロドリグ氏は独自の方程式を使ってこの世の終末が2018年6月24日であると算出したのである。いわゆる“聖書予言”の解釈でこの日付が出てきたのは、これが最初であろう。ロドリグ氏によれば、人類に残された時間はあと半年あまりしかないことになるが……。

    ■ノストラダムス最新研究でも今年6月に重大イベント

     聖書的な“終末の日”がロドリグ氏によって今年6月に設定されたのだが、実は最新のノストラダムス研究でも2018年6月に今の世界がいったん終わることが暗示されているという。

     いわゆる“ノストラダムスの大予言”の素材となる文献である四行詩篇集のほかにも、ノストラダムスは息子のセザールに宛てた水彩画を80枚(82枚とする説もある)残しているといわれている。そして、これらの絵画にも予言的な意味が込められているといわれ、解読作業が一部の専門家によって進められているのだ。

     最新のノストラダムス研究では、この水彩画の中の1枚を解読することで、2018年6月に「天国の女王・マリアの2度目の死が訪れる」ことが指摘されている。

     絵には地下シェルターらしき施設と、それを警備する剣を持ったガードマン、そして天国の女王であるマリアが描かれているという。地下シェルターの中には「プラス・ウルトラ(Plus Ultra)」という秘密結社のメンバーが一時的に避難していることが暗に示されているということだ。現在の世界が一度滅びるほどの破局的な世界大戦が起こることを意味しているのだろうか。

     そして、2018年夏にはポールシフトが起こり、その後新たな人類による新たな文明が再興するということである。

     今回、新たに提示された今年6月という「ドゥームズデイ」(Doomsday)。何事もなく過ぎ去ってくれるまでは気が抜けない日々が続くかもしれない。
    (文=仲田しんじ)

    イメージ:黙示録の獣(Wikipediaより引用)

    イメージ:黙示録の獣(Wikipediaより引用)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【最新滅亡】この世は2018年6月24日に終了します! ヨハネの黙示録とノストラダムスで確定、秘密結社「プラス・ウルトラ」も…!?】の続きを読む

    このページのトップヘ