気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 タレント アナウンサー > 役者 女優


    【エーそこまでやるの?】蒼井優 “地球のため”に節電生活 トイレやお風呂は「見えなくても大丈夫」




    【【エーそこまでやるの?】蒼井優 “地球のため”に節電生活 トイレやお風呂は「見えなくても大丈夫」】の続きを読む


    5月30日(水)より東京・国立新美術館ほかで開催される「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか」。そのオフィシャルサポーター・音声ガイドに、高橋一生が挑戦。これまで数々のナレーションを経験してきた彼だが、「音声ガイド」は初となる。また、美術展の開催に先駆け、5月26日(土)には、ZERO CULTURE特別版「高橋一生 初めてのルーヴル アートと英雄をめぐる旅」が放送。その番組撮影のため、初めて訪れたフランス・パリでの思い出について聞いてみた。

    【写真を見る】「とにかく楽しくて!」パリを満喫する高橋一生

    ■ とにかく楽しくて、一日中歩き回っていました

    ――フランスはいかがでしたか?

    実は、フランスに行ったのは初めてなんです。2カ月くらい前に、シャルル・ド・ゴール空港に着地はしたんですけれど、乗り換えてすぐに別の場所に行かなければならなかったので、パリに着いたときは「ついに降り立ったんだ!」と(笑)。うれしかったです。

    ――パリで印象に残っていることは?

    パリの街全体が、とても歴史を感じられる街並みでした。何百年も前のものが残っているんです。街並みを歩いているだけで風情や歴史の重みを感じられますし、それこそナポレオンが持ち帰ってきた戦利品やオブジェなどがあるんです。日常的に芸術に触れていると思うと、その下で暮らしている方々が少しうらやましくも思いました。とにかく楽しくて、一日中歩き回っていました。

    ――一番楽しかった場所はどこですか?

    ナポレオンにゆかりのある「ル プロコープ」というカフェを訪れたんですけれど、当時、お金がなかったナポレオンが、食事代金を支払わず、ツケで自分の帽子を置いて行ったらしいんです。その帽子が今でも額に入って飾られているのを見ると、やっぱりすごいなと感じました。そんな歴史のあるところで、フランス料理をいただきました。

    ■ もうずっとパリにいたいなぁと思った

    ――本場のフランス料理はいかがでしたか?

    僕がイメージしていたフランス料理は、繊細なものでお皿にキレイに飾られているイメージで、おなかいっぱいになるのだろうかと思っていたんですが、そのイメージが今回塗り替えられました。日本の煮込み料理に近いというか。もつ煮込みのトマトソース味…、おでんのようなものが郷土の料理だったりするんです。それをナポレオンが食べていたのかと思うと、とても親近感が湧きました。やっぱり農業大国だけあって、食べるもの全てがおいしくて、もうずっとパリにいたいなぁと思っていたら、そんな僕をマネジャーさんが冷たい顔で見ていました(笑)。

    ――初のルーヴル美術館はいかがでしたか?

    行ったのは休館日だったのですが、スムーズに動いても回り切れないくらい多くの作品がありました。一日じゃ足りなかったです。

    ――作品の中でもフランツ・クサファー・メッサーシュミット≪性格表現の頭像≫が気になるとおっしゃってましたが、実際にご覧になられましたか?

    至近距離で観ることができました。ケースに入っていたんですけれども、実際写真で見て想像していたものとは違いました。写実的なものだと思っていたんですが、唇の部分がデフォルメされているんです。写実的な部分とそうでない部分がない交ぜに表現されていて。写真を見ただけでは感じなかったのですが、立体で見ると全く違った印象を持ったので、そういったところもこの「ルーヴル美術館展」で感じていただけたらと思います。

    ――その他に印象に残った作品は?

    ナポレオンの戴冠式の絵画は、ナポレオンの権力など、時代背景を表現するために、とても大きくて迫力があるんです。鳥肌が立つのを感じました。とにかく、絵画や彫像など、ナポレオンにゆかりのあるものが多かったです。彫刻も大理石で、マントの柄やロープの作りなど、ディティールまで精緻に作られていて、まるで戴冠式が現代に現れたような感覚でした。モナリザも普段の開館時は人だかりができてしまって、あまり近くで見ることができないそうなんですが、いろんな角度から鑑賞させていただくことができて、素晴らしい時間を過ごすことができました。

    ■ ナポレオンは皇帝とはいえ、一人の人間だったと実感

    ――今回、音声ガイドのオファーがきたときの気持ちと、気を付けられたところは?

    音声ガイドは初めてでしたけれど、美術に触れたり、美術館を訪れたりすることは、国内でも日常的に楽しんでいたので、お話をいただいてうれしかったです。お芝居の場合は、人柄やキャラクターなどの人物像に対して、いろんなアプローチの仕方ができるんです。けれども、今回は大前提としてガイドなので、分かりやすくて聞き取りやすくするということは意識しました。

    ――発声練習などはされましたか?

    普段からナレーションのお仕事をする機会が増えてきたので、声の出し方などは、ある程度、経験を積ませいただけているのではないかと。もちろん、自分が出演している作品を見て、自分の声がどのくらい通っているかというのも確認しています。自分の経験則を元に、トライアルアンドエラーを重ねてやらせていただいています。

    ――あらためて、今回の美術館展、そして特別番組の見どころをお教えください。

    今回の「ルーヴル美術館展」は、肖像芸術がクローズアップされています。来日するものたちはすべて肖像なんですが、僕がルーヴル美術館で、絵画や彫像と対峙し向き合ったとき、「あなたの解釈は?」と問いかけられているような感覚を覚えたんです。作品と対話を持っているような感じがして、その作品にはさまざまな歴史背景などがあるんですが、見る側が想像したり、いろんなことを感じたりすることで、人の心の豊かさにつながっていくのではないかと思いました。また、ナポレオンの美術館とも言われていただけあって、ナポレオンにゆかりの深い作品がたくさんあります。僕もいろいろな作品を見て、ナポレオンは皇帝とはいえ、やはり一人の人間だったんだと、ナポレオンを身近に感じられるようになったので、そのようなところも番組を見て感じ取っていただけるとうれしいです。(ザテレビジョン)

    5月26日(土)に、ZERO CULTURE特別版「高橋一生 初めてのルーヴル アートと英雄をめぐる旅」(日本テレビ)が放送される


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




    朝ドラ「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に出演中の中村倫也が23日、自身のTwitterで「半分、青い。」についてコメントした。

    【写真を見る】確かに“おたまじゃくし”みたい(!?)な中村倫也の目

    中村は、「半分寝てるような顔、とか おたまじゃくしみたいな目、とか 地味な顔、とか最初に台本を開いた時、これはラブレターだなと感じました。」とハッシュタグに「#半分青い」を付けて投稿。

    作品中で中村の演じる朝井正人が、顔や目について「半分寝ているよう」「おたまじゃくしみたい」等と言及されていることについて語ったと思われる。

    同投稿内では「愛を持って形容してもらえることはとても嬉しく、ありがたい。それに自分でも同じこと思ってるし。笑」ともコメント。

    そして最後は「ゆるふわだけじゃない、今後の正人の行動に注目!」という気になる言葉で締められている。

    連続テレビ小説「半分、青い。」 は毎週月~土曜朝8:00-8:15ほ、NHK総合ほかで放送中。(ザテレビジョン)

    中村倫也


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




     俳優の渡辺謙と女優の南果歩が離婚を発表した。渡辺は昨年3月に元クラブホステスの30代女性との不倫が報じられており、今回の離婚にも影響したと思われるが、インターネット上では両者に同情の声があがっている。

     渡辺の所属事務所は報道各社に「女優・南果歩さんと渡辺の間で離婚が成立しましたことをご報告申し上げます」という内容のファックスを送り、離婚の事実のみを伝えた。

     一方の南はブログとツイッターを更新し、「この度、離婚という形に到りましたことをご報告申し上げます。出会いから16年、様々なことを学びました。そしてこの1年は、自身の生き方を見つめ直す時間を与えられました。これからは曇りのない笑顔で、私らしく歩んで参りたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます」(※原文ママ)と心境をつづっている。

     渡辺と南が結婚したのは2005年。おしどり夫婦として好感度が高かったが、17年3月に「週刊文春」(文藝春秋)によって渡辺の3年におよぶ不倫がスクープされた。渡辺は同年7月に謝罪会見を開き、「おおむね事実」と認めた上で、相手の女性とは円満に別れたと説明。さらに、「妻には本当に苦しく悲しい思いをさせてしまった」「ゆっくり軌道修正をしています」と再出発を示唆していた。

     しかし、この時点で別居状態だったことを明かしており、「すぐには戻れないでしょ」「(離婚の話は)出ていない」と微妙な状況であることも吐露していた。

     南は16年に乳がんを患い、手術を受けている。そのため、ネット上では闘病中に不倫されていた南に同情する声が続出。「奥さんががんで闘病中に若い女と不倫するなんて、クズ感がスゴい」「世界のワタナベもそこらへんの不倫オヤジと変わらなかったってことか」「南さんがかわいそう、離婚は当然だと思う」といった声があがっているのだ。

     しかしながら、渡辺に同情する声も少なくない。過去に「女性自身」(光文社)が推定6億円の豪邸に南の母と姉が同居していたことを報じており、それを受けて「さすがにキツい。夫として居心地が悪すぎる」「母だけならまだしも、姉まではちょっと……その点は同情する」「肩身狭いでしょ。逃げ出したくなるのもわかる」「財産分与が気になる」といった見方も出ているのだ。

     また、2人が結婚した経緯について振り返る声も多い。渡辺は南の前に一般人女性と結婚しており、裁判を経て05年に離婚が成立。同年に南と結婚したが、離婚成立前から交際を始めていたといわれ、「事実上の略奪婚」と報じられたことがあるのだ。そのため、今回の離婚についても「因果応報」「どっちもどっち」といった意見もみられる。

     いずれにせよ、2人の前途が注目されそうだ。
    (文=編集部)

    渡辺謙


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




    【キツイ話】安達祐実、夫との馴れ初め・衝撃の喧嘩事情を赤裸々告白



    【安達祐実/モデルプレス=5月19日】女優の安達祐実が18日放送のフジテレビ系バラエティー番組「ダウンタウンなう」(毎週金曜よる9時55分~)に出演。夫との馴れ初めを明かした。

    安達祐実「ほとんど裸の状態」神秘的な素肌を披露

    ◆安達祐実、夫との馴れ初めを赤裸々告白

    安達は、一度目の結婚・離婚を経て2014年にカメラマンの桑島智輝さんと再婚。結婚前に安達から桑島さんを紹介されたという坂上忍は「こんな穏やかな人なんだ。見かけは金髪でイケイケな感じなんだけど」と印象を語った。

    そして、夫との出会いについて「当然仕事で出会ったってことですよね?」と問うと、安達は「そうなんです。20代から30代になる時に2年半ぐらい定期的に撮ってもらっていたんです」と告白。

    さらに「その2年半の間に付き合っちゃった?」と聞かれると「最後にロケに行くって話になったんですよ。『これで会えなくなっちゃうな』っていうので寂しくなっちゃって『好きかもしれない』って」と自身の気持ちに気付いたきっかけを話した。

    「全く距離を詰めない人だった」という夫の気持ちがわからないまま安達は「好きなんですけど」と自身から気持ちを伝えたが、「僕は被写体とそういうことになるのは…」と一度は断られたそう。

    それでも結婚に至った経緯について、安達は「1か月ぐらい経ってから『お話しする時間作ってもらえませんか?』って。私も1人子どもがいたので、お付き合いするなら結婚だと思ってたみたいで、その間に考えて覚悟を決めて来てくれた」と当時を振り返った。

    ◆安達祐実、夫からクレーム?「本当に怖い」

    また「今幸せですね」と笑う安達だが、親友の女優の貫地谷しほりによると「祐実さんが主導権握ってる」という。夫からも「僕の不手際で妻にはよく怒られてます。僕は金髪なんですが、妻の怒りがMAXになると金髪に絡めて暴言を吐きます。女優さんが本気で腹から出す声で怒ると本当に怖い」との情報が寄せられた。

    安達は怒った理由は忘れてしまったということだったが「すごいイラッときたんですね。『もうやめちまえ!その金髪を』って言って…」と認め、夫と同じ金髪のダウンタウン・松本人志を相手に暴言を実演し、共演者たちの笑いを誘った。(modelpress編集部)

    情報:フジテレビ

    【Not Sponsored 記事】
    安達祐実 (C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)







    このページのトップヘ