気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ:話題 > 人気レシピ


    仕事終わりにちょっと一杯、というときに訪れる行きつけのバーのひとつやふたつ、オトナの男なら持っておきたいもの。そうはいってもバーは緊張するし、何を頼めばいいかわからないという人も少なくはないだろう。今回、そんな悩みをぶつけてみたのが、銀座8丁目にある「BAR AVANTI(バー・アヴァンティ)」のバーテンダーである新井加菜さんだ。

    【詳細】他の写真はこちら

    新井さんは先日開催された、世界一のバーテンダーを決める競技会「ワールドクラス2018」のジャパンファイナルで優勝した実力の持ち主。新井さんイチオシの“初心者が頼むべきカクテル”とはどんなものだろうか?

    バーは”自分のために使う時間を大事にできる”場所
    新井さんが勤務するBAR AVANTIは、オーナー、バーテンダーともに女性という、あまり見かけない業態のバーだ。2010年7月のオープン以来、バー特有の入りづらさをなくすように意識している。

    「入り口がガラスになっているので、扉を開ける前に中が見えるようになっています。また、入りづらさを少しでもなくすために、店内は明るめの色調を意識していますね」と新井さん。最近では20〜30代の女性のひとり客も多く、男性客はもちろん、彼女たちもまた自分のために使う時間を大事にしていると感じるそうだ。


    まずは味の好みを伝えるべし!
    さあ、ここからが本題。“バー初心者が最初に頼むべきカクテル”について聞いてみよう。カクテル初心者であっても、本や映画、ドラマなどで覚えたカクテルが1つはあるはず。まずは試しにそのカクテルをオーダーするといいと、新井さんは話す。

    「知っているカクテルの名前を試しに言ってみて、バーテンダーに『強いかも知れませんよ』と言われたら変更を検討してみてください。カクテルを飲み慣れていない人は、“マティーニ”や“コスモポリタン”といった有名どころを注文しがち。お酒が強い人ならいいのですが、これらはアルコール度数が高めなので要注意です」

    自分に合ったカクテルを見つけるには、味の好みを伝えることが大切。お酒以外にも、ジュースやお茶、甘い物やフルーツなど、好きなものはなんでも伝えよう。そんななか、新井さんの場合はお客さんに「グレープフルーツが好きかどうか」を聞くという。

    多くの人が抵抗なく飲めるのが、ラム+グレープフルーツ+トニックウォーターの『ソルクバーノ』や、ウォッカ+レモン+炭酸水の『ウォッカリッキー』(写真)なのだそう。そう、柑橘系が苦手でなければ、これらのメニューこそが超王道なのだ。

    筆者は初めてウォッカリッキーを飲んだが、ウォッカの爽快感とレモンの酸味が相まって、暑い夏はくいっと飲み干したくなる爽やかさがある。しかも、これなら家で自分でも作って飲めるというのがいい。

    BAR AVANTIの『モスコミュール』。奥のウォッカボトルにはなんと生姜が漬け込まれている。

    ちなみにBAR AVANTIでは、手の込んだ『モスコミュール』が人気なのだそう。生姜を漬け込んだウォッカと自家製の生姜シロップを使用しており、生姜のスパイシーさに由来するキレの良さは、他店ではなかなか味わえない。

    バーの傾向を知る手段として、最初にジントニックを注文するのもひとつの手。新井さんによると、「ジンとライム、トニックウォーターを使ったカクテルなので、ここでジンが強ければ他のカクテルもパワフルなのかな、と予想できるし、ライムが多めに感じたらすっきり飲めるカクテルが多いのかも……と推測する目安になるのでは」とのことだ。

    新井さん「海外でのカクテル経験を日本にも広めたい」

    今回は気さくにバーやカクテルについて教えてくれた新井さんだが、なんといってもバーテンダーとしては2018年の日本チャンピオン。そんな彼女に今後の目標を尋ねてみると、少し意外な答えが返ってきた。

    「いろんな知識を身につけたいと思っています。国ごとにトレンドがあるけど、いままではそれを意識したことがなかったんです。世界大会を通じて海外の文化を体験して日本に戻って、海外でのカクテル経験を広めていきたいですね」

    世界大会が開催されるのは今年の10月。その頃にはまた新たな経験値を身に着けた新井さんのカクテルを味わいに行きたい。

    関連サイト
    BAR AVANTI

    text今西絢美(ゴーズ)
    (d.365)
    掲載:M-ON! Press


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【“日本一のバーテンダー”に聞いた「バー初心者が最初に頼むべきカクテルって何?」】の続きを読む


    この食べ方いいかも♪冷凍ポテトで作ってみたいレシピ



    【この食べ方いいかも♪冷凍ポテトで作ってみたいレシピ】の続きを読む


    7月5日(木)・12日(木)の2週にわたり日本テレビ系にて放送される、「島耕作シリーズ35周年企画『部長 風花凜子の恋』会長 島耕作 特別編」。この度ドラマの追加キャストが発表され、カンニング竹山、丸山智己らの出演が明らかになった。

    【写真を見る】風花凜子(りょう)のライバル・速見貴文を演じる丸山智己は、「凜子に立ちはだかる壁としての存在をしっかり演じたい」とコメント

    弘兼憲史の人気漫画「島耕作」シリーズの連載35周年スピンオフ企画として、5月24日より「モーニング」(講談社)にて連載中の「会長 島耕作 特別編 部長 風花凜子の恋」。

    島耕作が会長を務める大手電機メーカー「テコット」の女性部長・風花凜子を主人公に、セクハラやパワハラ、社内不倫、働き方改革など、企業における今日的なトピックを盛り込みながら、働く女性のリアルな心情を描き話題を集めている。

    漫画と連動する形で展開される今回のドラマでは、原作とは異なるストーリーを展開。社運を懸けたプロジェクトのリーダーに抜てきされた凜子(りょう)が、部下の出社拒否といった仕事上の問題だけでなく、恋人との関係などさまざまな難題に立ち向かっていく姿が描かれる。

    ■ カンニング竹山が凜子の親友役に!

    カンニング竹山は、テコットの会長である島耕作の秘書・三代稔彦を演じる。「島耕作」シリーズのファンにはおなじみのキャラクターだが、凜子とはアメリカ留学時代からの友人という間柄。

    会長秘書という立場から、社内でさまざまな問題に直面する凜子を陰ながら支えていく。また、実はゲイという役どころであり、竹山がどのように演じるのかも注目だ。

    今回の役どころについて、竹山は「久しぶりにお芝居の仕事をさせていただきます。三代稔彦というキャラクターが面白く、ぜひともやってみたい役でした。 『カンニング竹山』にはないキャラクター、三代をどう演じるか自分でも楽しみです」と期待をのぞかせる。

    また、「大会議室でのシーンの三代には、台本を読んでほれました」と気になるコメントも。凜子だけでなく、三代がどのような活躍を見せるのかにも期待しよう。

    ■ 丸山智己は凜子の昇進を阻むライバルに!

    一方、丸山智己が演じるのは、テコットの営業部部長・速見貴文役。凜子とは執行役員の座を争うライバル同士で、凜子を激しく敵視しており、彼女の失脚を狙い弱みやスキャンダル探しを画策する。

    丸山は「りょうさん演じる風花凜子のライバルということで、今からとてもワクワクしています。働き方の見直しが進みつつある現代においていまだ根強く残る男女格差やパワハラ問題。さまざまな問題を象徴するかのごとく、凜子に立ちはだかる壁としての存在をしっかりと演じたいと思います」と意気込んだ。

    ■ 実力派キャストが一堂に集結!

    そのほか、凜子がリーダーを務める「IoTプロジェクトチーム」のメンバー・蓮見ゆりか役に黒川芽以、同じくプロジェクトのメンバーで、事業部時代は凜子の上司だった須田洋二郎役に川原和久が決定。

    テコットの開発部チーフエンジニア・阿武隈沙織役を演じるのは安藤玉恵。三代と同じく凜子のアメリカ時代からの友人で、3人は行きつけの居酒屋で頻繁に飲み会を行っている。また、エンジニアの立場からプロジェクトにも関わっていく。

    テコットの常務で、速見を執行役員候補に推す長江蔵治役は森田順平が、テコットの代表取締役社長で、凜子を高く買っている国分圭太郎役は金田明夫がそれぞれ演じる。この2人が鍵を握る、凜子と速見の昇進争いは必見だ。(ザテレビジョン)

    「部長 風花凜子の恋」で、テコット会長である島耕作の秘書・三代稔彦を演じるカンニング竹山


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「部長 風花凜子の恋」追加キャスト発表 カンニング竹山が凜子を支える“ゲイの会長秘書”に!?】の続きを読む


    食パンをこう食べるとめちゃ美味しかった!簡単アレンジまとめ



    【食パンをこう食べるとめちゃ美味しかった!簡単アレンジまとめ】の続きを読む


    米Lifehackerで好評の、3つの材料でつくる超簡単で美味しいカクテルレシピ「3-Ingredient Happy Hour」より、今回は爽やかなジン・トニックをさらにフレッシュにつくるレシピをご紹介しましょう。

    先日、私は本のイベントに行きました、普段は本のイベントに行くことはあまりないのですが、その本というのが、ジン(とトニック)についてで、無料でジン・トニックが振る舞われると聞いたのです。この本は、ありとあらゆることについて書かれており、とても勉強になりましたが、読むとジン・トニックが飲みたくなりました。

    Image: Claire Lower

    ここ何年も、私の中でヘンドリックスのジンは別格です。新鮮なきゅうりの香りがたまらないのですが、私の住んでいる地域では少し高く、繊細なフローラルな香りがトニックウォーターで消されてしまいがちでした。ですから、ジン・トニックをつくる時に、本物のきゅうり(安いので!)を高くないジン(Boodle's London Dryがおすすめ)に混ぜ、きゅうりをトッピングするようになりました。この爽やかなジン・トニックのレシピに必要な材料は以下の通りです。

    きゅうりのスライス 3切れ あまり高価ではないジン 約60ml トニックウォーター 約60ml

    きゅうりのスライスを背の低いグラスに入れて叩き割ります。そこにジンを加え、さらにきゅうりを叩きます。グラスに氷を入れ、最後にトニックウォーターを注ぎます。

    差すような日差しの暑い日に、爽やかなジン・トニックを楽しんでみてください。

    Image : Claire Lower

    Claire Lower - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【本物のきゅうりを使った、ワンランク上のジントニックレシピ】の続きを読む

    このページのトップヘ