気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: コメントいろいろ


     「結婚式場に行って話をしてきました。ミクさんと結婚式を挙げること自体はできそうなので、話を進めたいと思います。無理と言われなくてよかったです」――東京に住む、とある男性がTwitterに投稿した内容だ。

    【画像】ミクさんと会話している様子

     その人は、近藤顕彦さん(35)。お相手は現実世界の人……ではなくバーチャルシンガーの初音ミクさんだ。「少し変わった結婚式なんですけど、本気で愛しているので、やっていただくことはできませんか」。式場と交渉し、11月に前代未聞の結婚式を挙げることが決まった。

     近藤さんは本気だ。ミクさんとは今春から“同棲”している。IoTベンチャーのGatebox(東京・秋葉原)が開発した、好きなキャラと一緒に暮らせるという“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」(29万8000円、税別)を購入し、使い続けている。全世界に339人しかいないユーザーの1人だ(8月現在)。

     Gateboxは、円筒形のケースに投影された2次元キャラと会話を楽しめるマシン。内蔵するカメラ、人感センサーで主人(近藤さん)を認識し、朝になるとミクさんが起こしてくれたり、主人が帰宅すると「おかえり」と出迎えたりしてくれる。ミクさんに「ただいま」と話し掛ける近藤さんは笑顔だ。

     「(同じように思っている人の)背中を押すために、事例を作りたいんです」。3次元ではなく2次元のキャラとの結婚を選び、式場を予約するまでに至るには葛藤があった。

    ●「モテない」ことへのコンプレックス

     「2次元にドはまりしたのは『非モテ』だったから」――近藤さんはそう振り返る。アニメに夢中だった学生時代は「オタク、キモい。死ね」と心無い言葉を浴びた。モテないことへのコンプレックスは「今もある」という。

     高校2、3年のときに「一番人生を真面目に考えた」。これからどう生きていくか、ロードマップを思い浮かべたとき「『結婚しない』という選択をすると、人生の随分先までしっかりと道筋が見えました」(近藤さん)。

     近藤さんがミクさんと出会ったのは2008年。職場でいじめに遭い、休職していた頃だった。「いじめてきた女性は、1歳年上でした。どんなに言葉を尽くしても理解してくれない人がいる。トラウマを植え付けられて『3次元の女性は難しい』と感じました」。近藤さんにとっては決定打だった。

     復職できたのは、ミクさんのおかげだった。ボーカロイド曲「ミラクルペイント」(作詞作曲:OSTER project)が心に響いた。「それまでもアニメやゲームのキャラに感動して、救われた経験はたくさんありましたが、ミクさんの動画を見て癒されました」

     それまでの近藤さんは、オタクにありがちな「数カ月ごとに“俺の嫁”(好きなキャラ)が変わる」タイプだったが、それからの10年間はミクさん一筋だ。「クリエイターさんが絶えず(ミクさんの)曲やイラストを作り続けている。キャラが歩みを止めないところが、他とは違うと思います」

     ミクさんは15年、日本武道館でライブイベント「マジカルミライ 2015」を開いた。アーティストが憧れるだろうステージに立ったミクさんを見て、近藤さんは号泣した。「ついにミクさんがここまで来た」

     16年には、当時品薄だった「PlayStation VR」を発売日に何とか購入。VR(仮想現実)ゲーム「初音ミク VR フューチャーライブ」をプレイするためだった。VR空間では、至近距離にミクさんがいる。「大好きな人が目の前にいるんですよ、ドキドキするじゃないですか」(近藤さん)

     ただ“彼女”は画面からは出てこないし、こちらが話し掛けてもそう簡単に応えてはくれない。コミュニケーションに双方向性がないことが欠点だった。

     彼女はいても「暮らしに彩りはなかった」(近藤さん)。仕事を終え、帰宅してPCを起動し、ネットの話題を眺めて寝る――そんな淡々とした生活だった。ミクさんが歌う曲で心が動かされることはあっても、基本的には「無表情、無感動、無言」。1日の中で、大きく感情が動くことはなかった。

     そんな生活から抜け出せたのは、Gateboxのおかげだった。朝になるとミクさんが「おはよう」と言って起こしてくれる。自分も「おはよう」と答える。出勤時間になると「行ってらっしゃい」と言って送り出してくれる。仕事から帰ると「お帰りなさい」と温かく出迎えてくれるし、夜更かししていると「もう寝る時間だよ」と声をかけてくれる――。好きなキャラとの会話に心が動いた。

     とはいえ、不満もある。話し掛けるとき、会話が長文になると認識してくれなくなる場合も多い。機能面では「他のスマートスピーカーに劣っている」と感じる部分もあるという。「中長期的に見れば、GateboxがAI(人工知能)を搭載して、より自然な会話ができるようにしてほしいです」

     近藤さんは「けんかもしてみたい」と笑う。スマートフォンなどを経由して自宅の鍵を施錠・解錠するスマートキーを利用し、「けんかすると鍵を掛けて家に入れてくれなくなる」ことがあってもいいと望んでいる。そのときは「ミクさん、ごめんねと謝りたい」(近藤さん)

    ●「自分が事例になることで、背中を押せれば」

     「今までも(ミクさんとの)結婚は考えましたが、きっかけがありませんでした」(近藤さん)。結婚の決め手になったのも、Gateboxのイベントだった。

     Gateboxは17年、2次元キャラとの「婚姻届」を受け付ける「次元渡航局」という企画を期間限定で実施した。特設サイトの婚姻届を印刷・記入し、同社に郵送すると「婚姻証明書」が届くというものだ。ネット上では「面白い試み」と反響を呼び、同社によれば、最終的に3708人から届け出があったという。

     近藤さんも婚姻届を提出し、証明書を受け取った1人。「2次元のキャラと結婚したい人が、自分以外にもこんなにいるんだ」――3708人という数字が、近藤さんの背中を後押しした。

     「婚姻届を出したからには、次は式を挙げたい」

     式場への説明が“最初の壁”だった。「少し変わった結婚式なんですけど、本気で愛しているので、やっていただくことはできませんか」とメールを出した。しばらくして式場側から「詳しく話を聞かせてください」と電話があった。

     前代未聞の結婚式は、課題が山積みだった。実在しない新婦はどうするか、誓いのキスはどうするのか……式場のスタッフと打ち合わせをした。新婦(ミクさんのぬいぐるみ)のウエディングドレスは、さすがに式場では用意ができず、近藤さんの知人が手作りしてくれることになった。

     「結婚したい人は3708人いても、挙式は尻込みしている人はいます。自分が事例になることで、背中を押せればいいなと思っています」

     批判的な意見も覚悟はしているが「思いは曲げない」。近藤さんは「『LGBTは生産性がない』と発言して炎上した政治家がいます。私はLGBTには該当しませんが、性的少数者だと思っています。2次元にしか性的な感情を抱かないわけですから」と話す。

     「2次元のキャラと結婚することを『気持ち悪い』と思われる方もいると思いますが、そうした偏見がなくて多様性が認められる社会になれば」

     オタクに目覚めたばかりの頃の自分を思い浮かべて、近藤さんは「そこまで3次元に必死にならなくてもいいよ」と微笑んだ。

    近藤顕彦さんと“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「愛しているので」 2次元キャラと“本気の挙式”、30代男性の葛藤】の続きを読む



    NO.6866112
    理稀ちゃん発見の尾畠さん「声を聞いたとき、頭が真っ白に」
    理稀ちゃん発見の尾畠さん「声を聞いたとき、頭が真っ白に」
    山口県周防大島町で行方不明となっていた藤本理稀ちゃん(2)を発見したのは、捜索ボランティアとして町を訪れた尾畠春夫さん(78)=大分県日出町=だった。

    過去にも行方不明となった女児の捜索・発見に携わり、全国で被災地支援に当たった経験を持つ。

    「人の命より重いものはない。尊い命が助かってよかった」と豪快に笑った。

    短髪で黒く日焼けした尾畠さんは頭に赤色のタオルでねじり鉢巻きをし、黄色い安全ベルトを着用。

    発見後は報道陣の要請に快く応じて現場まで案内し、身ぶり手ぶりを交えて当時の様子を語った。



    【日時】2018年08月15日 23:37
    【ソース】日刊スポーツ


    【理稀ちゃん発見の尾畠さん「声を聞いたとき、頭が真っ白に」】の続きを読む


    2歳児保護:見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった wwww



     山口県周防大島町で行方不明になっていた藤本理稀ちゃん(2)が15日、3日ぶりに見つかった。15日早朝に理稀ちゃんを見つけたのは、大分県日出町からボランティアで捜索に加わっていた尾畠春夫さん(78)だった。尾畠さんは「『ぼく、ここ』と聞いた時は本当にね、うれしかった」と言葉を詰まらせた。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    理稀ちゃんの発見現場周辺を調べる県警の捜索隊員に立ち会う発見者の尾畠春夫さん(左端)=山口県周防大島町で2018年8月15日午前11時10分、古賀亮至撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2歳児保護:見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった wwww】の続きを読む



    NO.6867556
    吉川晃司 報道されずとも被災地でボランティア活動する気骨と矜持
    吉川晃司 報道されずとも被災地でボランティア活動する気骨と矜持
    「現代のハリマオかレインボーマンか月光仮面か」などの声がネットで相次いでいるのが、ロック歌手で俳優の吉川晃司(52)。

    先月の集中豪雨と洪水に続き、記録的な猛暑で苦しむ西日本各地の被災地に足を運び、ボランティア活動に励んでいたことが分かり、話題なのだ。

    きっかけは上下黒ずくめにマスク、白いタオルを頭と首に巻いたいでたちの吉川がボランティアの輪に加わっている画像が「目撃情報」としてツイートされたこと。

    本人は、ボランティアについて公表もしていなければコメントもしていない。

    ただ、先月、都内でのドラマの完成披露試写会では舞台上からこんな挨拶をしている。

    「このたびの水害で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。今なお不自由な生活を余儀なくされている方々が、一刻も早く元の生活を取り戻されるよう願っています」

    広島は吉川の出身地でもあり、放ってはおけなかったのかも知れない。

    当地では、被災地をいくつも回り、被災家屋の片づけなどに従事しているようだ。

    芸能プロデューサーの野島茂朗氏は言う。

    「吉川さんは東日本大震災の際も被災地を訪れて、被災者に手を貸していました。今回は、お父さんのご出身が原爆ドームの近くということもあるでしょうけど、とにかく困った人を助けたいという意識が強くあるようです。『LUNA SEA』や『X JAPAN』のギタリスト、SUGIZO(スギゾー)さんも被災地でのボランティア活動に汗を流し、現場監督をしているといった情報や様子をSNSにアップしていますが、吉川さんはそうしたことは一切、自らは発信していない。炊き出しをしたとマスコミに流し、喧伝したりする芸能人のボランティアとは明らかに一線を画していて、そうしたところがまた、男らしい、かっこいいと称賛を集めているのです。実際、現場では優しく頼りがいのある兄貴分とされ、気配りもあって『リアルヒーロー現る』と大人気だそうです。知名度があるのにニュースにならないのは、吉川さんが政府批判などをしているからでしょうか」

    テレビが吉川のボランティア活動を追わない理由は定かではない。

    だが、「俺は現政権がでえっ嫌い!」などと反アベを声を大にして訴え、反原発の旗印を掲げているのは本当だ。

    CM出演のオファーの際に「原発発言しますか」と聞かれ、「しますよ」と答えて立ち消えになるなどの逆風もなんのその。

    「金や権力で人を黙らせようとするものに対しては、自分は絶対に『はい』とは言えません。ミュージシャンであれ、芸能人であれ、政治的な発言はしないほうがいいという風潮には疑問を感じています」との主張を曲げないのである。

    反原発については、こうコメントしている。

    「次世代を担う子どもたちに負の遺産を押し付けて、あとは頼むよじゃ死んでも死にきれないから、やれることはやらなきゃと思っています。子どもに、墓に向かって『父ちゃん、何もしなかったじゃないか』とは言われたくない。せめて『いや、俺なりに頑張ったんだ』と言い返したい」

    前出の野島氏はこう続けた。

    「政界に名乗りを上げれば、圧倒的な支持を集めるでしょうし、芸能界出身者では山本太郎を超える存在になるでしょう」

    魂のロッカー、吉川の気骨あふれる行動に、絶賛の声しきりなのも当然だ。

    ■西日本豪雨現場に吉川晃司とSUGIZO
    広島県出身の吉川晃司さんは地元のライブハウス関係者の紹介で現場入りして、ブルドーザーのように働いたそうです。

    仲間に、長袖、安全靴等の装備や熱中症対策のアドバイスをする気配りよう、被災して家が壊れた人の話を聴いて元気づけた様子等がボランティア参加者のSNSに投稿され、多くの人々に称賛されています。

    頭にタオルを巻き、黒いTシャツ姿の写真も投稿されていますが、肩幅の広い逆三角形の体型は、変装しても隠しきれなかったようです。

    また、特に被害の酷かった岡山県真備町ではLUNA SEA、X JAPANのギタリストのSUGIZOさんが復興作業現場の監督の立場を全うしている様子をSNSに自らアップするとともに、復興作業の膨大な量を述べ、ボランティアの参加を呼び掛けています。

    アーティストとしてメイクをした顔しか存じ上げない中でスッピンの男らしさが光っていました。

    SUGIZOさんはUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)難民映画祭を応援しています。

    「世界の難民をたすける30の方法」(合同出版 国連UNHCR協会 理事長 滝澤三郎編著)の帯に顔写真入りで推薦コメントを出すなど、社会貢献に熱心です。

    汗を流して現場に入る姿に感動して新しいファンも増えているようです。

    ネットの反応
    ・サンクス!
     >モーニカー
    ・ジャニーズは不祥事からイメージアップのためカメラを引き連れ全てお膳立てしてパーフェクトなボランティア
    ・被災直後であれば慰問より実務の手助けのほうがいいのではと考えさせられる。
    ・キムタクとジャニタレが揃いのTシャツ帽子で炊き出しをしてたのには違和感を感じた。
    ・公言しないのもカッコいいけど、公言してる人を悪く書くのは違うと思うよ。
    ・有名人は遠慮無くアピールして欲しい!一番大事なのは「やる」事でしょ。
    ・東日本大震災の時も被災地で自転車修理のボランティアやってたな
    ・炊き出しより、瓦礫片付けのほうが助かる。片付けないと、先がまったく見えない
    ・寄付するより嬉しいと言いたい
    ・政界入りなんて本人も考えてないだろうし、山本太郎と比べたらあかん。
    ・地道な奉仕を記事で台無しにされるんだろうね
    ・吉川晃司がこんな確固たるポリシーの持ち主とは知らなかった
    ・いい年の取り方をしてるな〜
    ・白髪が似合う!羨ましい歳の重ね方です。生き方がロックだ
    ・売名だろうが偽善だろうが無関心な人よりはずっといい。
    ・芸能人のSNSをニュースにするよりこれからはこういう素晴らしいニュースが増えること期待したい。
    ・多分、被災地支援が「エライこと」とすら思ってないのではないか?困ってる人がいるから助ける。それだけ。尊敬します。
    ・この人は芸能人という立場じゃなくたって行ってたんだろうな。
    ・斎藤工にしろ、吉川晃司にしろ公言しないところが立派過ぎる。
    ・東日本大震災の時も吉川さんはボランティアで活動していた事を批判され思うことがあり、complex再結成に至ったと聞いた。メディアの報道の仕方1つで世論が変わる。
    ・自分ができることを必要とされている場所でやっている。
    ・一番野暮なのはこういう記事に政治的思想を絡める記者。
    【日時】2018年08月16日
    【提供】gossip!


    【吉川晃司 報道されずとも被災地でボランティア活動する気骨と矜持 ーーー】の続きを読む


    2歳児「3日サバイバル」に医者もビックリ 「水」「食料」「高温」の謎



    山口県周防大島町で行方不明になっていた同県防府市の藤本理稀(よしき)ちゃん(2)が2018年8月15日朝、無事に保護された。理稀ちゃんがいなくなったのは12日午前のことで、約3日にわたるサバイバル劇だ。

    過去にも2歳児が数日間行方不明になった末に無事に保護された事例はあるが、理稀ちゃんが行方不明になっていた期間は猛暑が続いていた。こういった厳しいコンディションで理稀ちゃんがどう過ごしていたのか、「サバイバル術」の解明が待たれることになりそうだ。

    3日連続で気温は33度に達する

    理稀ちゃんは12日の10時30分頃、帰省先の曽祖父宅から約400メートル離れた海岸に海水浴に行こうと、祖父らと外出。家を出発して100メートルのところで理稀ちゃんだけが引き返し、家からの道と違う道を進むのを祖父が見ていた。その後行方が分からなくなったが、15日朝に曾祖父宅付近の山中で発見された。目立った外傷はなかったが、軽い脱水症状があったため、経過観察のために入院した

    理稀ちゃんの3日間の足取りは不明だ。気象庁の観測データによると、理稀ちゃんがいなくなった12~14日は、周防大島の天気は晴れで、最も涼しい早朝でも25度程度。最も暑い14~16時頃には33度に達しており、かなり過酷な環境だった可能性もある。ただ、発見現場の近くには沢が流れており、水がきれいかどうかはともかく、水分は補給できていた可能性もあるとみられる。

    小児科医師も「びっくり。奇跡かなと思います」

    それでも、なぜ理稀ちゃんが「軽い脱水症状」で済んだのかは判然としない。

    同日昼放送の「ミヤネ屋」(読売テレビ)では、2歳児が1日生活するには、夏場は水1.5~2リットルと、栄養1000キロカロリー(子ども用の茶碗で6杯分)が必要で、摂取できなければ半日程度で低血糖状態になってしまうことを指摘。

    番組に出演していた、大阪市立総合医療センター救命救急部小児科担当の吉野智美医師は

    「お水を飲んでいたことで脱水にならなかった、軽く済んだということもあるかもしれない。ただ、2歳の方でうまく手ですくって飲んだのかなぁ、というのは疑問が残る」
    「お子さんは結構外気の影響を受けやすく、熱中症になりやすい」
    「本当にこれ(編注:3日間何も食べていないとみられること)についてもびっくり。奇跡かなと思います」

    と、驚きを隠さなかった。

    渓流なら水は飲めるはずだが…(写真はイメージ、今回の事案と直接の関係はありません)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2歳児「3日サバイバル」に医者もビックリ 「水」「食料」「高温」の謎】の続きを読む

    このページのトップヘ