気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: イラっとするはなし


    (ThaiBW/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

    18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震が発生。気象庁によれば、震源地は大阪府北部で震源の深さは約10キロ、マグニチュードは5.9と推定されている。月曜日の8時前という通勤・通学中の地震に、出社や帰宅できずに困っている人たちも少なくない。

    しかし、それでも出社しようとする人に、ネット上では不安の声があがっている。

    ■「通常運転」に嘆くサラリーマンたち

    地震による交通機関の遅れにより、運転再開を待ちきれずに路上を行き交う人が多く見られる。休校により帰宅する学生や、会社から自宅待機や帰宅を命じられたサラリーマンもいるだろう。

    しかし、中には地震の影響も関係なく働く会社員もいるようだ。ツイッターでは「出社します…」「こんなときも働くのかよ」と嘆くサラリーマンたちの悲痛な叫びが相次いでいる。

    ■「日本の闇」を感じる声も

    地震であろうと出社する「企業戦士」のサラリーマンだが、こういった声を受けてネット上では「きょう休まないでいつ休むのか」「日本人は働きすぎ」と不安を抱く声も。

    ■勤めている企業・組織はブラック?

    地震でも通常営業の企業に「ブラック企業」「社畜」といった声が相次いでいる。働いている本人たちも、それを疑問に思いながらも労働に勤しんでいるのかもしれない。

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の有職者の男女747名に「自分が勤めている企業・組織」について調査したところ、約2割が「ブラックだと思う」と回答。

    ブラック企業1(©ニュースサイトしらべぇ)

    およそ5人に1人はブラック企業で働いていると自覚しているようだ。

    地震のときにも働く勤勉な日本人たち。とはいえ、疑問の声もあがっている。はたして、この状況でも働くことが正しいといえるのだろうか。

    ・合わせて読みたい→大雪でも出社する関東民が「日本の闇」と話題 「帰宅困難」にならないためには…

    (文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
    対象:全国20代~60代有職者の男女747名 (有効回答数)

    大阪地震でも出社するサラリーマンたちに「日本の闇」「社畜」と不安の声


    (出典 news.nicovideo.jp)

    まずは家族と家の安全確認でしょ
    言っとくけど、会社に身を捧げるみたいなことしても、会社は平気で冷たく切り捨てる まずは家族あってこそ、家族いちばんだ

    <このニュースへのネットの反応>

    【大阪地震でも出社するサラリーマンたちに「日本の闇」「社畜」と不安の声】の続きを読む


    (©ニュースサイトしらべぇ)

    かつて狂犬と呼ばれ、荒くれた芸風で笑いを生み出してきた極楽とんぼ・加藤浩次(49)だが、近年は朝の情報番組で司会を務める有識者として発する、キレのあるコメントも高い評価を受けている。

    そんな加藤が、17日放送『出張! 加藤浩次の1億総コメンテーター』(日本テレビ系)に出演。街に飛び出し「街角コメンテーター」と設定した一般人にセクハラ問題を問いかけた。

    ■忖度なしのコメンテーター

    「コメンテーターの忖度が多い。自分も含めて保身に走って、意味がない」と憤る加藤が、街行く一般人「街角コメンテーター」にインタビュー、忖度なしで「言いたいことを言ってもらう」のが同番組の主旨だ。

    2018年上半期で加藤が疑問を感じたニュースの中で選んだのは「セクハラ問題」。「セクハラは絶対にダメ」と前置きした上で、「ちょっとしたコミュニケーションまでセクハラと言われるご時世」には疑問を覚えているという。

    まず加藤が声をかけたのは接客業・30代の女性グループ。「コミュニケーションの一環で触られるのはOK」「『触られない』って落ち込む先輩もいた」など、セクハラが日常的に潜んでいることが明らかに。

    20代の女性は「自己紹介で目線が胸元にくる」としながらも、「別に引きずらない。それぐらいは許さないと女は社会の上に立てない。男性に認められるには必要以上に女性を出すべきではない」と働く女性らしい持論を展開し、加藤を唸らせた。

    ■セクハラ世代は50代以上

    さらに取材を続けていくうちに、「50代以上の男性」がセクハラをする中心世代と判明。加藤は男性側の意見を聞きに行く。

    「セクハラという言葉がない、大らかな時代」を過ごした50代以上の男性たち。現在の状況を「コミュニケーションがギクシャクする」「セクハラとも思わなかった。なんでもセクハラと言われるのは辛い」と本音を吐露する。

    しかし、「相手の嫌がっている気持ちを敏感に感じなければいけない(時代)」「女性と話すときはすごく気をつかう」など、セクハラと思われないよう努力している点も判明した。

    ■視聴者もセクハラ問題を再認識

    「男はセクハラをコミュニケーションの潤滑剤と思っている」としながらも、「女性は我慢している。本当は、身内が言われて嫌なことは言っちゃダメ」と理解している男性も多い。

    それでも、これまでの生き方を簡単に変えられない50代以上の男性が多いのは確かなようだ。視聴者も「街角コメンテーター」の的確なセクハラ論に、さまざまな感想を寄せている。

    ■女性の約2割が「セクハラ経験あり」

    しらべぇ編集部で全国20〜60代の働く男女672名を対象に調査したところ、男性8.8%、女性22.4%が、「上司からのセクハラ」を受けたことがあると回答した。

    セクハラ(©ニュースサイトしらべぇ)

    男性から女性へのセクハラだけでなく、女性から男性、同性同士でも、相手の感情次第でセクハラは成立する。その判断は非常に難しい。

    「これまではOKだった」としても現況では許されないことだらけ。50代以上の男性だけでなく誰もが、現実に即した「セクハラの境界線」を一刻も早く把握する必要がある。

    ・合わせて読みたい→女は許されるの? 男性社員がセクハラだと感じた女性の行動3選

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年7月22日〜2016年7月25日
    対象:全国20代〜60代の働く男女672名(有効回答数)

    「セクハラは潤滑油」、一般人の忖度なしセクハラ論に加藤浩次唸る


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「セクハラは潤滑油」、一般人の忖度なしセクハラ論に加藤浩次唸る】の続きを読む


     立教大学の池袋キャンパスに、「丸善キャンパスショップ立教大学池袋店」がある。運営するのは、丸善雄松堂。文化施設の建築・内装、図書館業務のアウトソーシングなども手がける大手書店だ。

     昨年の秋から今年の春にかけて、この書店に10~20年勤めていたベテラン書店員がほとんど辞めてしまった。新たに入った新人も数カ月で辞めていった。大学の書店であるから、もっぱら講義で使われる教科書を売るのが、10年ほど前までの同店の姿だった。学生たちがやってくるのは、ほとんど4月と9月のみだった。

     それではもったいないと考えた書店員たちが、文芸書や美術書を置き始めた。学生たちが「丸善で待ち合わせしよう」と言い交わすような場所にするのが、書店員たちの夢だった。売れ筋のものではなく、読んでほしいと勧めたい本を並べた。熱心な書店員は休日を使って本を紹介するフリーペーパーをつくった。これはそのまま、並べた本に立てるPOP広告としても使えるという優れものだった。本の売り方を指導されたことはなく、営業にやってきた出版社の社員に質問して、ノウハウを身につけていった。

     こうした努力が功を奏して、学生だけでなく教職員も訪れるようになった。書店は大学キャンパス内のセントポールプラザにある。道路に面していて外に向かって開かれた建物。近隣の住民もやってくるようになった。

     書店員たちは「あの先生なら、この本を買うだろう」「いつも来る近所のあの小父さんなら、あの本を買うだろう」と、客の顔を思い浮かべながら本を選ぶ。「あの本ある?」と聞かれて「ありますよ!」と小父さんに本を差し出す。「先生だったら、この本買うと思ってたんですよ」「あーあ、罠に引っかかったな」と教員が笑う。

     書店員が進んで選書をするため、昨年のノーベル文学賞受賞の際には、カズオ・イシグロの著作は一通り揃っていた。予想外の受賞であったため、多くの書店では慌てて発注していた最中である。しばらくしてからの本部からの連絡は、「カズオ・イシグロの著作を順次揃えるように」というものであった。

     2013年にTBS系列で放送された連続テレビドラマ『半沢直樹』がヒットした時も、原作の池井戸潤著『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』がずらりと並べられていた。それを見た丸善の他店舗の書店員から、「なんでこんなにあるんですか? うちにも回してください」と驚かれた。

     教科書の取り扱いについても抜かりはなかった。いつ在庫が切れてしまうかは、なかなか読みにくいものだが、先回りして切らさずに置き続けた。切れそうになって取り次ぎになかった場合には、出版社に直接連絡して取り寄せた。筆者が学生だった頃を思い起こしてみると、教科書を買いそびれたのは自分のせいだから、「取り寄せるのに2週間かかります」と言われても、仕方がないことだと諦めたと思う。この教科書の扱い一つ取ってみても、いかに書店員たちが客の目線に立って仕事をしていたかが伝わってくる。

     これだけ仕事のできるベテラン書店員たちは、すべてアルバイトの身分だ。時給は未経験のレストランのホール担当や、コールセンターのオペレーターと同程度である。本部から回ってくる社員もこの店舗が成功していることを感じ、他店舗に「フリーペーパーをつくったらどうか?」と提案したようだ。フリーペーパーは休日につくられていたものなので、これは無理な提案だ。

    ●蔑ろにされた熱意と善意

     そのような、店舗の書店員と本部社員のズレが深刻になったのが、昨年のことだった。

     セントポールプラザにコンビニエンスストアが入ることになり、書店は半分の面積になり、それに伴ってリニューアルすることになったのだ。リニューアルオープンしたのは、昨年の9月。本部から来た社員の指示で、店には洋書が溢れた。棚の3スパンが洋書。教科書や簿記の本を置くはずだったイベントフェア台も、洋書が占めた。「洋書をたくさん置いて格好良くしたい」と支店長は言った。見映えがするようになった店舗を、本部社員は盛んに写真に撮る。

     どうやら、他大学での成功例があったらしい。そちらでは洋書を多くして、ブックカフェも併設しておしゃれな店となったようだ。だが店舗の規模も違い、ブックカフェを擁するスペースはない。

     肝心の教科書については、「教科書は教科書販売中に買ってもらえばいいし、店には置かなくていい」という指示で、教授たちから「教科書が置かれていないのはどういうことだ!」と叱責の電話がかかり、そのたびに謝罪することになった。もちろん学生も不便を感じ、苦情が寄せられる。本部に報告しても、改善されることはなかった。

     長年の経験で本を選ぶ目を養ってきた書店員は、「君には選書できないだろうから、ちゃんとした人にやってもらって」と本部社員から言われた。世の中がグローバル化するなかで、洋書を重視するというのはユニークな試みも見えるが、店を訪れる客の目線が欠落していたことは否めない。売れた洋書は週に1~2冊ほどだったという。自分たちの意向が抑えつけられることに苦痛を感じて、今年の春までの間にベテラン書店員たちが去って行った。

     先日、立教大学に出向き、その書店を見回したが、洋書は専門書の10冊程度となっており、教科書重視の棚揃えとなっていた。フェア台には立教大学の先生たちが著した一般書籍が並べられている。洋書重視の棚揃えは、経営的にも成り立たないと判断されたのだろうか。

     残ったのは、訪れる人々とコミュニケーションを取りながら店を成り立たせていた、人間力のある書店員たちが現場から去ってしまったという事実だ。ユニークなPOPが消えてしまったこともあり、店の活気も失せてしまったように感じられた。

    ●運営元の見解

     こうした事態を、丸善雄松堂はどう見ているのか、疑問をぶつけてみたところ、回答があった。全文を掲載する。

    <まず、貴社より 5 月 30 日付けで頂戴しておりますメールにおいて、貴社の記述としてある「店のリニューアルに伴って洋書を多く並べてかっこいい店にしたいという本部の方針によって、現場の書店員さんたちの意向が抑えつけられたことが背景にあるようです。」につきましては、事実誤認があると思われます。

     弊社売店がリニューアルに至った経緯は、大学様のご意向で弊社売店の売場面積が半減することとなったものです。このため今回のリニューアルは、この売場面積の半減を前提に、弊社として大学様のニーズを想定した上で、最適な売場を実現することを目指して実施されたものであり、決して(弊社)本部の方針で「かっこいい店にしたい」という考えに基づくものではありません。

     但し、弊社売店のリニューアルを短期間で実施せざるを得なかった状況において、商品構成や棚配置などを大学様のニーズを想定しながら弊社が早期に意思決定していくことが求められたため、現場の従業員の方々にとって、自分たちの意向が聞き入れられないと、感じさせる結果につながってしまったと認識しております。

     次に、弊社売店のリニューアル後、ベテラン従業員を中心に複数の従業員が退職に至った経緯につきましては、上述のリニューアルを計画する過程からリニューアルオープン後の期間において、弊社本部、 あるいは営業部門の担当者による現場の従業員の方々へのコミュニケーションを通じた現場マネジメントが不十分であった結果によるものと真摯に受け止めております。このことは、以前より売店運営が現場任せの状態にあったため、こうした問題点の改善のため弊社本部や営業部門が現場マネジメントに取り組んだことに対して、戸惑いを感じ退職された従業員もいたと認識しております。弊社では、こうした状況を重く受け止め、弊社が運営する全ての売店での円滑なコミュニケーション、適切な現場マネジメントの実践の周知徹底を進めております。

     最後に、「出版不況の中で、街から書店が消えていっています。人間力を持った書店員さんたちが現場から去ってしまったのは、あまりにも残念なことです。」に対する弊社見解としましては、弊社は長らく大学を中心とする高等教育の場において、お客様のニーズを踏まえた課題解決策としての商品・サービスの提供を行うことでお客様からの信頼を形成してきました。その中で売店事業は、教科書販売や書籍、文具、食品等の提供を通じて、学生様のキャンパスライフの質的向上に資する事業であり、お客様からの信頼の形成に寄与してきた事業であると考えています。

     ご指摘の通り、売店の柱の一つをなす書籍販売は、長引く出版不況の中で、業界全体の雇用条件が低水準であると認識しております。そのような状況にありながらも、従業員の方々のスキル、経験や実績に応じた処遇に努めております。しかし、まだまだその水準は満足出来るものではないと強く認識しており、この状況を改善するために、当社の収益力を高めるとともに、現場の従業員の努力や貢献を正しく評価し、働く方々の働き甲斐やモチベーションに結び付く処遇運用を実現したいと考えております>

     事態を誠実に受け止め、改善していこうという意欲が読み取れる。インターネットを通じて本を買う機会が多くなったのは、筆者も例外ではない。だが書店に出向いて「本から呼ばれる」という体験は、インターネットでは味わえない。選りすぐった本を棚に並べた書店員さんと心を通わせるような喜びがある。本を愛する書店員さんたちが、生き生きと働ける本屋さんをつくっていってほしいと切に願う。
    (文=深笛義也/ライター)

    立教大学池袋キャンパス正門(「Wikipedia」より)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【立教大学の書店、なぜ店員は一斉に辞めてしまったのか? 某大手書店の「振る舞い」】の続きを読む


    宅配業者の「配達前の電話」に激怒の女性 「理由がワガママすぎる」と批判殺到



    (TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

    ネット通販の普及に伴って、宅配便を利用する人は多いはず。しかし、配送のトラブルに悩まされている人もいるようだ。

    このことについて、女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』のとあるトピックが話題になっている。

    ■「配達前の電話」にイライラ

    宅配業者からの電話にイラッとするという投稿者。知らない電話番号から着信があったため、番号を検索するとその主は宅配業者。さらに届けたい旨の留守番電話も。

    商品を届ける前に電話をしてくることに不満の投稿者は「まず届けに来ないの?」と納得がいかないよう。代引きでもなかったため、ますます苛立ちはつのるばかり。

    「まず、不在入れて欲しいんだけど。配達すらされてないのに。一応、携帯に折り返ししたけど、なんかおかしくない? これから、配達前に連絡されても面倒なんだけど。まず、来て欲しいんだけど」

    と怒りを爆発させた。どうやら、投稿主によれば、電話よりもまず不在票を入れてほしいようで、そして自分から再配達の電話をかけたいという。

    ■「ワガママすぎる」と批判

    投稿者の言い分に、掲示板からは「ありえない」「電話くれたほうが嬉しい」と批判的なコメントが相次いだ。

    ・私は不在票を入れるくらいなら、届ける前に電話が欲しい…

    ・大きい物や重い物を何度も運ぶのは配達員さんも大変だろうし、そんなにイラつくことでもないと思うけどー?

    ・私も電話してから来てほしいです。なぜかトイレ中とか手が離せない時に来るし、二階から降りる間にいなくなる素早い人もいるから

    ・ちょっとワガママだと思う。そんなに電話するのが嫌なら、ネットで買い物するのやめてあげてちょうだいな

    ■少数だが共感の声も…

    しかし、一方で共感の声も。宅配業者に求めすぎるのは良くないとしつつも、受け手が自由に配達サービスを選べるほうが嬉しいとの意見のようだ。

    ・分かります! モヤります んー…ワガママかもしれないけど、運ぶのが大変なら、電話→留守電→家の前まで行ってピンポン→不在票 ってしてほしいです

    ・今は知らない電話番号には出ない時代、電話に出ないと荷物持って来てくれないの?って、それ宅配じゃないですよねえ

    ■配送業者の対応にイライラしたことは…

    しらべぇ編集部が全国の20代~60代の配送業者を使ったことがある男女1,140名に「配送業者の対応」について調査したところ、約4割が「腹が立ったことがある」と回答。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    もしかすると、中には「配送前の電話にイライラする」という意見も含まれているのかもしれない。

    よく利用する宅配業者だからこそ、ストレスも溜まっていく

    ・合わせて読みたい→ちゃんと仕事してくれ! 配送業者に腹が立った瞬間4選

    (文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月29日
    対象:全国20代~60代配送業者を使ったことがある人1,140名(有効回答数)

    宅配業者の「配達前の電話」に激怒の女性 「理由がワガママすぎる」と批判殺到


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【宅配業者の「配達前の電話」に激怒の女性 「理由がワガママすぎる」と批判殺到】の続きを読む


    sirabee20180518dotakyan000

    (beer5020/iStock/Thinkstock)

    今日は友達と遊びに行ける! と楽しみにしていたにもかかわらず、当日ドタキャンされたことはないだろうか。ガッカリするだけでなく、時間を無駄にした…と感じる人もいるはず。

    ■半数以上が経験

    しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,348名を対象に「ドタキャン」について調査したところ、よくする人は2.1%、たまにする人は13.9%と、「ドタキャンしがち」な人は16.0%にとどまっている。

    sirabee20180518dotakyan01(©ニュースサイトしらべぇ)

    しかし、ほとんどしないまで含めると、半数以上は経験者という結果に。

    もちろん急に仕事が入ったり、どうしても外せない用事が入ったりすることもあるだろう。しかし、中には自分勝手な都合や気分で約束を断る人もいる。そこで、経験者に聞いた「ドタキャンエピソード」を3つ紹介しよう。

    (1)彼氏を優先してドタキャン

    「13時に約束してたのに、『ごめん、14時にして』と言われた。その子は約束の場所から15分のところに住んでいるけど、私は1時間以上かかるところに住んでいるため、すでに電車の中。仕方ないから先にカフェでお茶してて『〇〇のカフェにいるからね』とメールを送った。

    14時過ぎても現れないし連絡も来なくて、30分すぎて『ごめん! 彼氏にたまたま会っちゃって…今日はやめとく』とドタキャンメール。お前にとって私はそんなもんか、と、その後会ってない」(20代・女性)

    (2)連絡もなくドタキャン

    「家を出る前に一応友達にメールしたら、返事がこない。ドタキャンしがちな子だったので、待ち合わせ時間も迫っていたけど家で待機することに。

    しばらくして電話がきたので、『行くの?』と確認したら『う〜ん…ちょっと待って』と微妙な反応。結局その日は会わずに終わった」(20代・女性)

    (3)飲みすぎてドタキャン

    「ずっと仲よかった友達と、半年ぶりに会えることに。お互い仕事と子育てが忙しくて、なかなか会えずにいたから、かなり楽しみにしていた。やっと迎えた当日『昨日飲みすぎて、今起きた』とドタキャン…。

    次の日予定があるってわかっていて飲みすぎるとか、確信犯でしょ。謝罪も直接ではなくラインで簡単にすまされた」(30代・女性)

    体調不良や急な仕事などで、どうしてもドタキャンになってしまうことはあるだろう。しかし、自分勝手な都合で約束を破ると、信用を失って友情が一気に壊れるかも。

    ・合わせて読みたい→店のトイレに行ったきり、戻らない小1の娘 父が目にした光景に言葉を失う

    (文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年3月23日〜2018年3月27日
    対象:全国20代〜60代の男女1,348名(有効回答数)

    もう連絡しない! 友達にされた「最悪ドタキャン」エピソード3選


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【もう連絡しない! 友達にされた「最悪ドタキャン」エピソード3選】の続きを読む

    このページのトップヘ