気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ:コメントいろいろ > 失敗ばなし


    みんなが報告する『何らかの誤解を招いたモノ』が色々とジワるw



    【みんなが報告する『何らかの誤解を招いたモノ』が色々とジワるw】の続きを読む


    GWも明け、これから夏に向け、気温はどんどん上がっていきます。気持ち装いも軽くなってきますが、車を運転する人は足元にご注意を。

    「ハイヒールやかかとのないサンダル(ビーチサンダル)、厚底のサンダル、和装の際に使用する下駄などで運転するのは、違反だと考えられます」と話すのは、交通問題にくわしい西村裕一弁護士です。

    実は運転するとき、履いてはいけないものが法律で決まっているそうです。

    ●動きやすさが大事 運転用のシューズを置いておくと安心

    「運転する際に使用すべき靴については、道路交通法には明確な規定はなく、各都道府県が作成している道路交通施行細則に定められています」(西村弁護士)

    たとえば、東京都道路交通規則を見てみると「木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く)を運転しないこと」(8条2号)との規定がありました。

    木製サンダル(旅館や温泉などでよくみかけるサンダル)と下駄は明確にアウトと言えそうですが、「等」に何が該当するかは解釈次第です。

    この点について、西村弁護士はハイヒールや、かかとのないサンダル(ビーチサンダル、ミュール)は違反とされる可能性が高いと指摘。

    「ハイヒールは、アクセルやブレーキ操作の際にヒール部分が邪魔をしてしまうことが考えられますし、かかとのないサンダルは、足が固定されていないために、とっさのときにサンダルと足が離れてしまう可能性があるためです」

    人気の「クロックス」など、かかとが固定できるサンダルはどうでしょう。

    「クロックスなど、ストラップのついたサンダルであれば、足が固定されるため上記の靴よりは違反の可能性が低いと考えられます。ただし、モデルによっても判断が分かれるため、一概にはいえないのが実情です。

    一方、厚底サンダルなど高さがある靴は、その高さによってはブレーキ操作に支障を来たすと判断される可能性があります」

    ●違反すると反則金 通常は事故などとセットで問題になる

    違反した場合、普通車では6000円の反則金を取られるそうです。運転手の靴は車の外からは見えませんから、交通事故やスピード違反などと一緒に問題が発覚することが一般的だといいます。

    「交通事故を起こした際は、道路交通法70条違反となる可能性が高く、被害者がケガした場合は、自動車運転致傷罪に問われてしまいます」

    なお、警視庁によると、「警察官が該当する履物を履いて、乗車しようとしたところを発見した場合は、指導や警告を行う」そうです。

    (弁護士ドットコムニュース)

    【取材協力弁護士】
    西村 裕一(にしむら・ゆういち)弁護士
    福岡県内2か所(博多、小倉)にオフィスをもつ弁護士法人デイライト法律事務所の小倉オフィス所長弁護士。自転車事故も含め、年間100件以上の交通事故に関する依頼を受けており、交通事故問題を専門的に取り扱っている。

    事務所名:弁護士法人デイライト法律事務所小倉オフィス
    事務所URL:http://www.koutsujiko-law.com/

    「サンダルで運転したら罰金6千円とられた」ドライバーはご用心、意外なNGシューズ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「サンダルで運転したら罰金6千円とられた」ドライバーはご用心、意外なNGシューズ】の続きを読む


    クレジットカードをはじめて持ったときのことを覚えているだろうか。私は海外旅行を控えたときに発行し、はじめて持つカードに興奮を覚えつつも盗難や紛失のリスクを恐れていた。

    いまではネット決済をスムーズに行ったり、現金が手元になかったときに使ったり、ポイント特典などのメリットを感じながら、使いすぎないように注意して利用している。こういった金銭感覚は自分で少しずつ養っていく必要がある。

    ガールズちゃんねるの「クレジットカードの怖い話」というトピックでは、金銭感覚がまだ未熟なトピ主が相談をしていた。トピ主は、昔から親に「お金にだらしないからクレジットカードは絶対作らないこと」と言われていたのだが、誘惑に負けて作り、さっそく使いまくってしまったという。「 クレジットカードは借金と同じとよく聞きますが本当でしょうか?」という質問が無知さを物語る。クレジットカードで恐ろしい体験したことがあれば聞きたいそうだ。(文:ツマミ具依)

    「リボ払いの手数料だけで15万円」

    クレジットカードの怖い話

    「カードって預金がなくてもポンポン買えちゃうから怖いよね。 毎月◯万円までって決めれず、欲に流される人間は向いてないと思う」
    「海外行ったときと通常の引き落としが重なり95万円ほどに。 冷や汗もんでした」

    まずカードという形式からお金を使っている感覚がなくなることに忠告する声があがった。とりあえずカードで支払いをしているといつの間にか使いすぎてしまい、請求書の額を見て驚愕したという話は珍しくない。

    「初めてカードを作った友人が、リボ払い専用のカードだった。リボ払いが何かよく知らずに作ったみたいで、リボはダメって言っても、わかってもらえなかった。知らないって怖いなと思った」
    「リボは確かに危険。 限度額マックスにリボ使ってて気づいたら70万になってた。 もちろんそんな大金一回で払えないから毎月2万ずつ払ってるけど、元金2万+手数料8千円を毎月払ってる 毎月8千円が手数料で取られるんだよ 。全額返済し終わるまで3年かかりました 。手数料だけで15万近くかかった 」

    特に警告されていたのがリボ払いだ。カード会社は利子をつけることで利益を出しているため、リスクよりメリットを押し出してリボ払いを促す。カード会社の宣伝だけでは問題点が見えにくいため、自分でしっかり調べることが重要だ。

    そんなにカード持ちたければプリペイドカードを

    「身に覚えのない20万の請求。申し立てたら三ヶ月後に返ってきたけど 誰が使い込んだのか不明」
    「封筒に入れてしまっておいたら、いつの間にか空き巣に入られ盗まれ使われてて50万請求が来た。暗証番号は書いたりしていなかったので、サインで買ったため保険もきいて支払いは免れた」

    犯罪被害に遭ったというケースも把握しておきたい。金銭管理がおぼつかないと、被害に遭ったことさえも気づきにくい。対応のいいカード会社であれば、犯罪に巻き込まれた際に連絡や保証をしてくれるが、全てがそうではないので扱いには要注意だ。

    「そんなにカード持ちたければプリペイドカードくらいにしときな…。食料品買うためにポイントが貯まるからと言って買い物の度にプリペイドカードで払っていくと、支払いはカードをスキャンするだけだから楽で使った感覚がないけど、自分が思ってるより結構な勢いでお金が無くなっていくのがわかるよ」

    一番現実的なアドバイスとしてプリペイドカードの提案が支持を集めていた。プリペイドカードならば、借金ではなく、自分で事前にチャージした分だけ支払えるので、使いすぎる心配がない。クレジットカード同様にポイントもつくので、まずはプリペイドカードでカード払いの金銭感覚を身に着けるという段階があってもいいかもしれない。

     



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【クレジットカードの怖い話 「リボ払いで気づいたら70万円。全額返済まで3年」】の続きを読む


     名古屋市のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」に隣接する複合商業施設「メイカーズ・ピア」で、昨年3月末の開業時に入居していたテナント53店のうち12店が今月7日までに撤退したことが分かった。レゴランドが繁忙期を除き週2回休園日を設けたことやチケットによって入園者の再入場を制限したことも影響した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    レゴランド=名古屋市港区で、山田大輔撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【レゴランド:隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退】の続きを読む


     東京大学中央食堂で約40年にわたって展示されていた宇佐美圭司氏の絵画作品を、東京大学消費生活協同組合が内装の全面改修に伴い廃棄処分していたことが明らかになりました。東京大学と所有者である東大生協は5月8日、「取り返しのつかない結果を招いてしまった」と謝罪文を発表しました。

    【リニューアル後の東大食堂】

     宇佐美圭司氏(1940-2012)は、1972年「第36回ヴェネツィア・ビエンナーレ」で日本代表に選出、1970年「日本万国博覧会」鉄鋼館で美術監督を務めるなどした日本を代表する画家の1人。1977年に東大中央食堂が竣工した際に東大生協へ絵画「きずな」を寄贈、以来食堂内の壁面に展示されていました。

     しかし4月末にネットで、食堂を改修するにあたって東大生協が絵画を処分していたことが発覚し話題に。

     生協では2017年8月から、老朽化が著しかった食堂を内装の全面改修工事および厨房機器一式の取替を行い、2018年3月末にオープンしました。その中で生協の質疑応答コーナー「ひとことカード」に「宇佐美氏の絵画の行方はどうなったのか」という質問が寄せられ、3月15日に生協側は「新中央食堂へ飾ることができず(全体にわたって吸音の壁になることや意匠の面から)、また別の施設に移設するということもできない」ことから処分することにしたと回答(現在、「ひとことカード」の内容は変更済み)。

     しばらくたった4月末、Twitterでこの「ひとことカード」の内容が取り沙汰され、重要な絵画作品を廃棄していたことに「あり得ない」「恥ずかしいを通り越している」「教員の怠慢が招いた悲劇」と批判が集まりました。

     これを受け東京大学と東大生協は、絵画を処分していたのは事実として謝罪。もともと東大側では工事の監修にあたった教授が打ち合わせ段階で、絵画を保存するべきとして改修工事後の新たな設置場所を具体的に指定していました。しかしその指示が関連会議で適切に共有されず、所有権者である東大生協が廃棄処分の判断を下してしまったと経緯を説明しています。処分は2017年9月14日に行われましたが東大側には伝えられておらず、今回の件で初めて把握したそうです。

     東大側は「作品が東京大学内の公共空間に設置されていた貴重な芸術作品である以上、所有権の如何に関わらず、大学側としてもその文化的価値についての認識を全教職員が共有し、情報の伝達に万全を期して細心の注意を払うべきでした。かかる事態に至ってしまったことは痛恨の極みで有り、慙愧に耐えません」と反省の意を表明。「ご遺族・関係者の皆様を初め、お問い合わせをいただいた多くの皆様、そしてこの貴重な作品に触れる機会を失ったすべての方々に、心よりお詫び申し上げます」と謝罪しました。

     東大生協も「私ども生協職員の軽率な判断により(中略)絵画『きずな』が永遠に鑑賞のできない状態となりました。このような取り返しのつかない事態を防げなかったことに対して、生協の理事長として責任を痛感し、深く反省し、心よりお詫び申し上げます」と謝意を示しています。

    ネットで「宇佐美圭司壁画処分問題」と話題になっていた(Togetterより)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    価値を知らない人にさわらせた危機管理のなさに呆れかえる

    <このニュースへのネットの反応>

    【東大学食に40年あった宇佐美圭司の絵画、改装時に生協が廃棄 「取り返しつかない結果を招いた」と謝罪】の続きを読む

    このページのトップヘ