気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ:話題 > 話題の食物


    半調理レトルトという新しいカテゴリ。好みのルウや食材で作るという新発想「mitasu(ミタス)」



    ライフスタイルに“時短”が求められるいまの時代。手間を省ける画期的な家電や日用品が日々発売されていますが、食材にも革命的な商品が登場しました。半調理レトルト食品「mitasu」(ミタス)です。その全貌を知るべく、発表会に行ってきました!

     

     

    味付け次第で無限大!多彩な料理を手軽に作れる

    半調理レトルト食品とは何ぞや?と思いながら会場に着くと、そのナゾが判明。この「mitasu」は言うなれば、具材入りのスープベースでした。一般的なレトルトとの大きな違いは、最終段階の調味がされているかどうか。あえてカレーやシチューなどのソースになっていないので、味付け次第で様々な料理になるのです。

    ↑「mitasu」の第1弾は全4種。450gと900gがあり、左からベジタブル(700円/1200円)、ビーフ(870円/1500円)、チキン(650円/1100円)、ポーク(760円/1300円)

     

    素材やベースの味ごとに4種があり、たとえばビーフはフォンドヴォー系のブラウンスープ、チキンはココナッツミルクを効かせたホワイトスープになっています。会場では調理例の試食も行われました。簡単なものでいえば、ルウと一緒に煮込むだけで完成するカレー。

    ↑カレーにはポークベースを使用しました。温めて一旦沸騰したら火を止め、好みのルウをイン。目指すとろみになるまで加熱したらできあがりという約5分の簡単レシピ

     

    見た目からして分かるのは、具材の大きさ。一般的なレトルトとは一線を画す、ゴロっとした肉や野菜が特徴です。また、事前段階からしっかりじっくり煮込まれているので、コクやうまみも十分ありました。

    ↑完成したカレーがこちら。ポークはトマトがベースになっていて、隠し味にはなんと梅酒を使用。爽やかな甘みがあり、カレーのほかにボルシチやハヤシライスもオススメとか?

     

    その次は、ひと手間プラスでご馳走ができるという例。ビーフベースを活用した煮込みハンバーグです。

    ↑ハンバーグのパティやビーフシチューのルウなどを用意するだけ。もちろん、ルウだけでも簡単にビーフシチューが作れます

     

    ビーフベースにはフォンドヴォーやデミグラスソースが使用されており、煮詰めた赤ワインを入れていることがこだわりのポイントとか。封を開けた瞬間からリッチな香りがただよいます。

    ↑フライパンでハンバーグに焼き目をつけ、一緒にきのこも軽くソテーした後にビーフベースを入れるという調理法。その後ハンバーグに火が通ったら、ルウを入れて完成です

     

    ↑盛り付けた煮込みハンバーグはこの通り。ハンバーグに角切りの牛肉という組み合わせがかなり贅沢ですが、大きな野菜がゴロっと入っている点も見逃せません

     

     

    自宅で「mitasu」を活用して料理を作ってみた

    会場ではそのほか、チキンベースを使ったクリームパスタと野菜ベースを使ったパエリアの実演と試食を体験。パエリアは用意する具材こそ多めでしたが、調理自体は20分程度とのこと。生米からの状態で20分というのはかなりスピーディだと思います。

    ↑パエリアとパスタ。野菜ベースはリゾットやアクアパッツァ、チキンベースはグラタンやグリーンカレーにも使えそうです

     

    ただ、ここで疑問が。今回のカレーはルウを入れて鍋で煮込んでいましたが、これをレンチンだけで調理することはできないのでしょうか? 開発者の方に聞いてみると、ベースをしっかり温めた後にルウを溶かし、再度温めればレンチンでもOKとのこと。そこで、帰宅後にレンチン調理を実践してみました!

    ↑用意したのは「mitasu」のビーフ450gと、固形タイプよりも溶けやすいフレーク状のルウ

     

    ↑あえてカレーではなく、ハヤシルウのフレークで作ってみます。さすがに、細かくなっているフレークは常温でもすぐに溶けてとろみもついてきます

     

    推奨は、まずベースをレンジで温めてからルウを入れるという話でしたが、溶けやすいフレークタイプならいきなりレンチンでも問題なさそう。ということで常温のままフレークを溶かし、レンジで数分温めました。

    ↑ラップをかけてレンジにイン。なお、温める前からでもすごく芳醇な香りがあふれてきます

     

    ↑レンチンのみのレシピで完成しました。中身は具だくさんで、試食会のときと同様に肉と野菜がゴロっと入っています

     

    盛り付けて食べてみると、やはり絶品! どれもベースの味がハイクオリティなのですが、その理由は開発元の力にありました。「mitasu」を製造しているのは、京都のサンフーズジャパンという企業で、同社は30年以上も業務用のレトルトなどを手掛けてきた食品メーカーなのです。

    ↑「mitasu」のビーフで筆者が作った超簡単ハヤシライス

     

    ターゲットは働くママや一人暮らしの若い世代のほか、料理は好きだけど時間がないという人など。安心面や栄養価にも配慮しており、すべての商品に化学調味料や保存料が使われていないというのもうれしいポイントです。

    ↑少し手を加えれば、パエリアのようなゴージャスなメニューも

     

     

    発売は、同社が立ち上げた新ブランド「ヨリトコ」というサイト内のECコンテンツから。なお、「mitasu」は「ヨリトコ」内のレトルトシリーズ名ということで、今後も「ヨリトコ」では新商品を開発していきたいとのことです。7月19日にオープンしたばかりなので、まずはチェックを!

     

    “ミニ版懐かしゲーム機”ブームの中で「NEOGEO mini」が持つ意味。ミニファミコン、ミニスーファミとはここが違う!キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【半調理レトルトという新しいカテゴリ。好みのルウや食材で作るという新発想「mitasu(ミタス)」】の続きを読む


    Toshl アイス総選挙1位的中!芸能界屈指のアイス好きの面目躍如




    【Toshl アイス総選挙1位的中!芸能界屈指のアイス好きの面目躍如】の続きを読む


    女性の果実!「ザクロ」の女性に嬉しい美容効果とは?

    美肌効果が絶大!女性に嬉しい「ザクロ」の美容効果を味方にしよう

    果実が赤い宝石のようにキレイな「ザクロ」。古くから、女性の果実と呼ばれ、美容・健康に効果がある薬用植物として愛されてきました。 原産地はイランやアフガニスタンなどの中近東とされ、旧約聖書や神話などにも登場する程、歴史があります。 女性に嬉しい様々な効果があると言われる秘密は、以下のような点にあるようです。 【ザクロの持つ美容効果とは?】 ◎美肌効果 ザクロの果実には、複数の「ポリフェノール」が含まれています。ポリフェノールには、強力な抗酸化作用があり、シミやシワなどの老化現象を促進する活性酸素を取り除いてくれる効果が期待出来ます。また、ザクロに含まれるビタミン類とエラグ酸の相乗効果で、シミ予防や美肌作用があると言われています。 ◎むくみ解消 ザクロには「カリウム」が豊富に含まれており、余分な塩分や水分の排出が促進されるので、むくみ解消効果が期待出来ます。 ◎代謝アップ・アンチエイジング ポリフェノールの抗酸化作用により、身体の細胞の酸化が抑えられます。老化の原因は、活性酸素による身体の酸化だとも言われる程ですので、活性酸素を取り除いてくれるザクロの効果で、アンチエイジング効果が期待出来ます。また、細胞の老化を予防することで、身体が元気になり、代謝がアップするとされています。

    関連画像をもっと見る

    どうやって食べる?「ザクロ」の取り入れ方

    美肌効果が絶大!女性に嬉しい「ザクロ」の美容効果を味方にしよう

    「ザクロ」の旬は、9~11月頃だとされています。日本で流通しているザクロには、輸入物と国産物があり、輸入物はカリフォルニア産とイラン産のものが主に流通しています。 皮は食べることが出来ませんが、皮を剥くと中にはツブツブの真っ赤な果実がぎっしりと詰まっています。皮を剥かなければ、冷蔵庫の中で2~3ヶ月程保存が出来るので、旬の時期に売っているのを見つけたら、まとめ買いしておくことも出来ます。 冷凍保存する場合は、皮を剥いて果実を取り外した状態で保存してくださいね。冷凍保存の目安は半年ほどです。 旬の時期でない時は、ジュースやフリーズドライタイプ・パウダータイプのものを利用してみてくださいね! いかがでしたか?美肌やアンチエイジング効果が期待出来る「ザクロ」。あまり口にしたことがないという方も、試してみてはいかがでしょうか?

    Red sweet pomegranate on the wooden table


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【美肌効果が絶大!女性に嬉しい「ザクロ」の美容効果を味方にしよう】の続きを読む


    東京タワーの目の前、正面玄関向かい側に位置するイタリアンレストラン「Terrace Dining TANGO(テラスダイニングタンゴ)」(東京都港区)に、8月31日までの夏季限定でオリジナルかき氷3種が登場する。

    こちらのお店のかき氷は、48時間かけてろ過し、ゆっくり凍らせた不純物がない天然に近い氷を使用。そのため、食感がふわふわなのが特徴となっている。ソースは専属パティシエが手がけた特製のもので、2017年は「イチゴミルク」「ティラミス」が発売された。そして2018年は新メニューとして「TANGOしろくま~宇治抹茶シロップ添え~」が新たに加わる。

    「TANGOしろくま~宇治抹茶シロップ添え~」は、ふわふわの氷の中につぶあん、フルーツがたっぷり。宇治抹茶のシロップをかけ、食べ進めながらつふあん、フルーツと味の変化を楽しむ和風かき氷となっている。価格は850円(税別)。

    「イチゴミルク」は、果肉をたっぷりのせ、フレッシュストロベリーの特製ベリーソースと濃厚ミルクでいただく王道のイチゴかき氷。価格は750円(税別)。

    「ティラミス」は、マスカルポーネチーズをふんだんに使い、特製コーヒーミルクシロップをかけるのだが、ふわふわの氷とトロッとしたソースの新食感を楽しめる。価格は750円(税別)。



    ■Terrace Dining TANGO
    住所   :東京都港区芝公園3丁目5-4 1F
    営業時間 :LUNCH 11:30~15:00(L.O14:00) 【土日祝】11:30~16:00(L.O15:00)
          DINNER 17:00~23:30(L.O22:30)【日曜日】17:00~22:30(L.O21:30)
    定休日  :不定休

    暑い夏にかき氷はたまらない。冷房の効いた屋内ではなく、ぜひテラス席で味わいたいところ。「Terrace Dining TANGO」には開放的なガーデンテラスがあるのでぜひそこで気になるかき氷を楽しんでみてはいかがだろうか。

    ちなみに、「ダンディな大人のオトコ向け!?の黒いカキ氷」という記事も「教えて!gooウォッチ」では公開中。併せてチェックしてみて。

    教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

    東京タワーの目の前で楽しめるしろくまのかき氷


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【東京タワーの目の前で楽しめるしろくまのかき氷】の続きを読む


    ときどきコンビニから「SNSで話題になることを狙っているのかな?」と思える商品が発売になることがありますよね。セブン-イレブンの新しいスイーツもまさに“ソレ系”だったのでご紹介します。

    見た目重視!? セブンの「からふるキューブぜりぃ」を食べてみた

    セブンスイーツアンバサダーが決める夏の新スイーツ

    全国のセブン-イレブンで2018年7月3日(火)以降順次発売されているのが、「からふるキューブぜりぃ」(税込270円)です。

    同商品は、「セブンスイーツアンバサダーが決める セブンの夏の新スイーツ」の第1弾となるもの。 そもそもセブンスイーツアンバサダーとは、セブン-イレブンを応援している人たちのこと。同社の公式ウェブサイトから無料で登録することで、認定証が発行され、アンバサダー限定のメールマガジンで新商品情報をチェックできたり、付属するクーポン券でお得に買い物ができる仕組み。また、SNSやブログに「#セブンスイーツアンバサダー」のハッシュタグをつけた投稿をしたり、不定期開催の試食会やイベントに抽選で招待されるようです。 そんなセブンスイーツアンバサダーの人たちと作られたのが「からふるキューブぜりぃ」です。

    1個のゼリーでいろんな味を楽しめる

    同商品の特徴はなんといっても商品名にもなっている通りのカラフルさ。赤や青などいろんな色のゼリーがひとつになっていて、とっても華やか。暗い場所で同商品の下にスマホを置いてライトアップしたら、フォトジェニックなスイーツになるそう。 とはいえ、スイーツなのだから肝心なのはやっぱり味ですよね。そこでさっそく私も購入して食べてみることにしました。まずは、それぞれのゼリーを食べてみたところ、赤色はいちご味、黄色はレモン味、青色はソーダ味で、しっかりと異なる味わいに仕上がっています。さらに、みかんとパイナップル果肉も入っているので、甘いゼリーとフルーツの酸味が◎。正直「ものすごくおいしい!」というものではなく、どこか懐かしい味わいのするゼリーでした。 見た目でも涼を感じられる涼しげな「からふるキューブぜりぃ」。まだ実際の商品を見ていないなら、セブン-イレブンの店舗でチェックしてみてくださいね。 (文・山手チカコ/考務店)

    mmt1807_7


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【見た目重視!? セブンの「からふるキューブぜりぃ」を食べてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ