気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: 面白ネタ すごネタ


    【画像】川を漂う白いドレスを着た女性の霊として出回っている心霊写真はリアル?フェイク? コワイーーー



    2_e4

     この写真に関する情報はほとんどない。撮影日時もわからなければ場所も不明。北米のどこかの川だということになっている。

     家族で旅行中、子どもたちが川で遊んでいるところを父親が撮影した写真に偶然写り込んだものだという。

     3人の子供たちの視線は明らかにそれを見ている。川を漂う白いドレスを着た女性の姿をしたものだ。

    ―あわせて読みたい―

    きっと来るやつが本当に来ちゃった?川で遊んでいたら水棲貞子みたいな謎物体に追いかけられた件(プエルトリコ)
    典型的な貞子スタイルだけど・・・突如現れ走行中の車の正面に立ち透過する少女の幽霊(メキシコ)
    テレビから貞子が飛び出してくる!というどっきりをしかけてみた。
    今日もどこかで誰かの悲鳴が・・・貞子めいた少女のドッキリ映像
    駐車場の料金支払所で、無人車の背後から貞子現る!?(中国)

    多くの目撃情報がある白いドレスを着た女性の霊

     白いドレスを身にまとった女性の幽霊に関する目撃情報は世界各地で報告されている。

     こういった白い霊は、この世にやり残したことがあり、死後の世界へ旅立てず現世をさ迷っていると言われている。海外では白い霊は「死と破壊の象徴」として扱われることが多いという。

    1_e2

     子供たちの視線は明らかにこの白い女性の霊に向けられているわけだが、撮影している父親には見えていなかったのだろうか?

     あまりにも鮮明すぎて怖いくらいなんだけど、リアルなの?フェイクなの?

    3_e2

     ネット上でよくある、かつて誰かが合成した画像が伝言ゲーム化して周期的に出回ってる的なヤツなのだろうか?

     こういう怖いヤツは逆にフェイクであってくれよと願うわけなのだが。

    References:freaklore/ written by riki7119 / edited by parumo

    こちらもオススメ!

    ―画像の紹介記事―

    愛情も絆も無限大。大好き同士な動物たちのキスとハグ
    雲が落ちてきた!?海水浴客でにぎわうビーチに巨大な「雲の壁」が出現(イギリス)
    太眉流行続行中やしぃ。眉毛チャーミングな猫リリーさんもついに3歳。近況報告しちゃうぞ。
    新居の軒先に巣を作ろうとする鳥と、そうはさせまいとする住人の4年にわたるバトルの記録
    自由すぎだろ。ジムで見かけた14の驚くべき光景

    ―超常現象・心霊についての記事―

    黙示録かな?高層マンションの上をぐるぐると渦巻きながら通過するUFO型の巨大な雲がロシアに出現
    未だに議論を呼んでいる、アメリカ・コロラド州の民家に現れた奇妙な動きをするオーブ
    きっと来るやつが本当に来ちゃった?川で遊んでいたら水棲貞子みたいな謎物体に追いかけられた件(プエルトリコ)
    いろんな意味で神がかっていた。テレビで悪魔祓いの公開放送をするエクソシスト、ボブ・ラーソン牧師(アメリカ)
    ネクロマンサーかな。故人の墓を掘り起こして死者復活の儀式を行っていた男性(エチオピア)※閲覧注意
    川を漂う白いドレスを着た女性の霊として出回っている心霊写真はリアル?フェイク?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【画像】川を漂う白いドレスを着た女性の霊として出回っている心霊写真はリアル?フェイク? コワイーーー】の続きを読む


    節約、女性

    ((C)ぱくたそ)

    10日放送『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で、東京都立川市で「電気代0円」生活をする女性に密着。年間13万円もの節約に繋がる驚きの生活ぶりが明かされ、大きな反響が起きている。

    ■街の変わり者・藤井さん

    「街の変わり者に会いに行く」ロケ企画、リポーターのアルコ&ピース・平子祐希(39)は、立川の団地に住む女性宅を訪れるが、「使用できませぬ」と張り紙されたインターホンを見て「2クセある」といぶかしむ。

    実はこの団地にお住いの58歳女性・藤井さんは、6年間「電気代0円」生活を続けている「変わり者」。

    涼をえるのは、水を点滴のように落とし蒸発する際の気化熱を利用した「ぽたりん」という道具。エアロバイクで自家発電し最低限の電気をカバーするなど、その生活は徹底している。

    ■電気のない生活

    炭を使った昔のアイロン、砂と水を詰めた植木鉢が冷蔵庫替わり、手動の洗濯機、発泡スチロールを使った保温ボックスなどを活用し電気代ゼロ円で生活する藤井さん。この生活を維持するため、「第二種電気工事士」の資格も取得している。

    日々の食事にも電気・ガスを使わない。銀色のレジャーシートを加工した器具で日光を集め鍋やフライパンを加熱、「炊飯」から「調理」まで行う。この方法なら曇りや冬でも調理可能だと明かされた。

    ■0円生活のきっかけは…

    徹底した電気代0円生活のきっかけは2011年の東日本大震災。節電意識が芽生え、6年前に子供が大学進学で1人暮らしを始めたのを機に電力会社と契約を解除、完全自家発電生活に切り替えたという。

    電気、ガス代だけでなく、自家発電用のエアロバイクを漕ぐことで「ジムにもいかなくなった」ため、年間で13万円ほどの節約を実現。先日は「ヨーロッパ旅行に行った」と電気代0円生活を心から楽しんでいる様子だった。

    ■平子は称賛

    平子も「変わり者でもなんでもない。地球・空・太陽の恵み、我々に与えてくれるものがある」と感銘を受けた藤井さんの生活スタイル。

    オール電化も珍しくない昨今、生活する上で欠かせない電気を自家発電だけで賄う姿に視聴者からは驚きの声が溢れていた。

    ■批判や心配の声も

    もちろん、全員が藤井さんの生活に賛同するわけではない。「こんな大変な思いするなら電気代払う」「時間がもったいない」など批判的な意見も散見された。

    また、記録的猛暑が続いているだけに、「熱中症」を心配する声も少なくない。

    ■過半数は「節約を意識」

    しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,343名を対象に調査したところ、過半数が「節約を意識する」と回答した。

    節約を意識

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    節約意識は大切とはいえ、無理をして苦しい想いをしたり、身体を壊してしまっては意味がない。電気代に囚われることなく、無理のない節約生活を満喫してほしいと願うばかりだ

    ・合わせて読みたい→どの出費を節約してる?自由化で「電気代」に意識が高め

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
    対象:全国20代~60代の男女1,343名(有効回答数)

    「日光で調理」「自家発電」 東京・立川で6年間も電気代0円で生活する女性がスゴすぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「日光で調理」「自家発電」 東京・立川で6年間も電気代0円で生活する女性がスゴすぎる】の続きを読む


    藤田富、ホラー作撮影中に怪奇現象に遭遇「ずっと憑いているかも」




    【藤田富、ホラー作撮影中に怪奇現象に遭遇「ずっと憑いているかも」】の続きを読む


    【トルティーヤファイア】チップスが自然発火し工場が炎に包まれる!



    チップスから出火?

    7月12日、アメリカ・テキサス州オースティンにある消防署が、市内随所で謎の自然発火が次々と起こっていることを明らかにした。

    しかも12日の週だけで、なんと4回も通報を受けているとのことで、極めて異例の事態である。

    更に驚くべきことに、工場が稼働していないはずの早朝にも自然発火!

    火元になったのは・・・・なんと箱に詰められたトルティーヤチップスだったのだ!

    消火にあたったオースティン消防署の調べによると、出火原因はトルティーヤチップスの自然発火であることが発覚。なおFacebookページ上では、トルティーヤチップスによる火災は初めてだと明かしている。

    工場は出火の前、失敗したチップスを新しい方法で処分しようと模索していた最中で、大きな段ボール箱に詰めて保管していたのだそう。

    しかしわずか3日後、この箱から自然発火し、トルティーヤは火に包まれる。幸いにも段ボールは外に置かれていたとのことで、工場内部への被害は少なく、けが人もいなかったという。

    これを受けて自然発火のリスクを考慮し、他の燃えていなかった段ボールもすべて水浸しにしておいたとのことだ。

    なぜトルティーヤチップスが燃えたのか

    トルティーヤチップスのイメージ画像。

    トルティーヤチップスからの自然発火のメカニズムは、日本で言う天かすの自然発火と同じメカニズムであると考えられている。

    高温で調理された天かすをまとめて放置しておくと、内部から熱が逃げにくくなり、温度が上昇する。更に、天かすもチップスも空気に触れる部分が多いため、空気中の酸素を吸着し、反応熱によってもっと温度が上がっていくのだ。

    こうしたことからどんどん熱が上がっていき、油の発火点に至って火がつくという仕組みだ。

    今回のトルティーヤチップスも同様に、揚げた後小さく砕かれた状態で段ボールに詰まっていた。そのためチップスに熱がこもり、今回のような自然発火が起こってしまったのだ。

    東京消防庁はこうした事態を防ぐため、1か所に溜めない熱がこもる容器を使用しない天かすを捨てる時には十分に冷やしてからの3つを呼びかけている。

    今の暑い季節は熱が逃げにくいため、更に火災の危険性が高まる。みなさんも、揚げ物の取り扱いには十分に気を付けて欲しい!

     

    参照元:Facebook東京消防庁



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【トルティーヤファイア】チップスが自然発火し工場が炎に包まれる!】の続きを読む


    no title

    image credit:johnbozinov

     南極域に住むウェッデルアザラシは、生息域にエサがふんだんにあるため、ほとんど移動することなく氷の下で過ごすという。

     彼らの移動範囲は生まれた場所から数キロメートル以内だ。

     潜水が得意で水深600メートルまで潜ることができ、45分間も海中にいることができるウェッデルアザラシは、水中で仲間とコミュニケーションのために鳴き声を発する。

     時に陸上でも鳴くことがあるそうだが、その音声を録音した貴重な動画が公開されていた。

     ウェッデルアザラシの鳴き声ってすごく電子音なのだ。

    ―あわせて読みたい―

    「アァアア!」吹き出しをつけたい寒い地域に住むユーモラスな動物たちの画像
    もっとお母さんと一緒にいたいよう。泣き虫アザラシ赤ちゃんの独り立ちの時。
    「この子じゃ生き残れないわ!」、ダイバーにペンギンをごちそうし狩り方を教えた ヒョウアザラシ
    くちゃい!でも嗅ぎたい。人間の足を嗅ぎ続けたゾウアザラシの末路
    オーストラリア初の南極探検隊が撮影した約100年前の貴重な南極写真(1911年~1914年)

     この映像はインスタグラムに公開されたもので、2枚目のものが音声動画となっている。


     ねっ。電子音でしょ。ゲーム内サウンドとしても違和感ないっしょ。

    2

     ウェッデルアザラシの体長はオス・メスともに約2.5メートル前後。南極アザラシ4種のうちでもっとも南に分布し、厚い定着氷域内で一年中生息する。

     呼吸孔を確保するため氷に歯で穴をあける習性がある。また、その巨大な体つきからUMA(未確認生物)によくまちがえられていたという。

    3

     そしてコミュニケーションをとるためによく鳴くそうで、その声は海中からでも氷上に届くそうだ。 

    こちらもオススメ!

    ―動画の紹介記事―

    これは何?イモムシとネズミのハイブリッドみたいな謎生物の正体に衝撃!(イギリス)
    いったいどんだけ入るんだ?ハムスターの頬袋をエックス線で撮影してみたら
    ワニを神として崇拝。ワニと人が仲良く暮らす西アフリカの村
    大漁ですやん。釣り具を使わない画期的な釣り方法が編み出される
    毛玉すぎ!目鼻がなかったら綿菓子と雲と見分けがつかない猫

    ―水中生物についての記事―

    大漁ですやん。釣り具を使わない画期的な釣り方法が編み出される
    いったいなぜ?ハワイの海岸で100匹に及ぶシュモクザメの赤ちゃんの死骸が打ち上げられているのを発見
    背徳の愛?イルカとクジラの交雑種が発見される(アメリカ・ハワイ)
    エイリアンの置き土産かな?9本腕の巨大なヒトデ「ナインアームド・シースター」が管足をビラビラさせながら動くさま
    漁師もびっくり。チリで神秘の深海魚「リュウグウノツカイ」がほぼ無傷の状態で捕獲される
    南極に住むアザラシの鳴き声がシンプルに電子音だった件。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【南極に住むアザラシの鳴き声がシンプルに電子音だった件wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ