気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: 面白ネタ すごネタ


    1962年製作された日本で最初のピンク映画を配給した映画会社・大蔵映画50年以上の時を経た現在も“OP PICTURES”の名前で、年間36作品のピンク映画コンスタントに作り続けている。そんな老舗映画会社が2015年からスタートさせた新プロジェクトが、R18+定のピンク映画R15+バージョンに作り変え、より幅広い世代の映画ファンに紹介する「OP PICTURES+」だ。現在、テアトル新宿で開催中の「OP PICTURES+フェス2018」の上映作品から、編集部の独断と偏見で注の4作品をピックアップして紹介する!

    【写真を見る】股間のゴーヤが強烈なインパクトを残す『しあわせ配達人・ユリ子』の真木今日子

    エロ怖い!有名ホラーパロディ的おもしろさも

    ピンク映画版『イット』”の呼び高い山内大輔監督の『いふうせん』は、5月に開催されたピンク映画版のアカデミー賞、第30ピンク大賞で優秀作品賞に選ばれた異色のピンクホラームービー映画スタートと同時に始まる濃厚なベッドシーンから一転、不気味ピエロの登場によって、映画は一気に恐怖の世界へ突入。映像や脚本に仕掛けられたギミックと、女優が見せる艶かしいカラミの絶妙なコントラストは、ホラー映画が苦手な人でも楽しめること間違いなし。

    鬼才監督ピンク初挑戦作は“SFカルト”な変態世界

    伝説カルト映画『発狂する唇』(00)の佐々木浩久監督が満を持してピンク映画監督を手がけた『絶倫謝祭』は、佐々木監督ストレンジ世界観が炸裂するSF味のカルトピンク映画幸せ同棲生活を送っていたヒロインに、突然転がり込んできた義彼女が来てからというもの、ヒロインの身の周りに奇妙な現が起こり始めて…。人気セクシー女優クレアが、同棲カップルに転がり込むの女を熱演。カップルの営みを見ながら、アグレッシブ自慰行為に耽るシーンは必見。佐々木監督ならではのギミック感満載の映像処理も冴えまくりの個性的な作品だ。

    股間に装着した“ゴーヤ”を使ってあんなこと…!?

    悩める世の男性たちと、彼らの身の周りからのお世話までサポートする女の姿を描いた『しあわせ配達人・ユリ子』は、2016年の第28ピンク大賞で女優賞と新人女優賞の2冠にいた朝倉ことみのピンク映画引退作。数多くの作品で朝倉タッグを組んだ山内大輔監督が、彼女の最後の熱演を情感たっぷりに描き出す。孤独や悩みを抱える男たちに対して、いろんな意味で献身的に尽くす出張カウセラー・ユリ子。ユリ子にカウセラーの仕事南する先輩カウセラーが、なぜか股間にゴーヤを装着しながら登場するシーンインパクト大。男たちを包み込むようなヒロイン性と、山内監督ならではのシュール世界観が融合し、意外にも(!?)最後はホロっとさせられる感動作。

    人気セクシー女優が魅せる熟連の艶技!

    女性ファンも多い女優辰巳ゆい演を務める『柔らかい檻』は、裏社会の仕切り屋によって招集され、簡単な仕事を依頼された4人の男女が、何者かの裏切りにより、命の危険にさらされる様子を描いたサスペンスタッチピンク映画。抑えたトーンが醸し出す独特の緊感と、女優が魅せる艶技には引き込まれること必至。

    上映中の18作品にはとても写真では見せられないさらに過シーンも続出。しかも、それらが映画館の大スクリーンに映し出されるのだから、奮度もMAX確実!どれだけスゴイのかは、ぜひそので確認してほしい。(Movie Walker・文/トライワークス)

    人気セクシー女優、佐倉絆のDカップのバストが存分に堪能できる『赤いふうせん』


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【人妻や女子大生が合体、合体、また合体!?ピンク映画特集「OP PICTURES+」は濃厚×衝撃ラブシーン祭り!】の続きを読む


    おしりを見るとストレスが減るらしい―――。都市伝説か、はたまた本当か、ツイッターで急拡散し始めている。

    #おしりを見るとストレスが減るらしい」のハッシュタグが付けられたツイート数は、2018年8月30日で約3200件、3119時時点で6000件をえている。

    「尻にはストレス社会を生き抜く術が詰まってる」

    ツイッターには、水着女性バニーガールといった「セクシーショット」だけでなく、柴犬ハムスターカルガモなど、らしい動物たちのおしりの画像が、続々と投稿されている。また、野球選手や力士の鍛え上げられたおしりも、意外と好評のようだ。

    ときわを引くのは、グラビアアイドル倉持由香さん(26)の投稿だ。倉持さんの公式ツイッタープロフィールには「100cmヒップ職人!」と記載があり、おしりには相当な自信があるようだ。倉持さんは31日、ツイッターに「#おしりを見るとストレスが減るらしい ので」と投稿、自慢のおしりメインとした自撮り画像を4枚アップした。

    ファンからは、

    職人最高すぎます」
    ありがとうございます 癒されました」
    「まじか...にはストレス社会を生き抜く術が詰まってるんだな...」

    といったリプライ(返信)が寄せられた。

    ちなみに記者ゴリラおしりがお気に入りだ。時間がある人は、心癒される(?)おしりを探してみてはどうだろうか。<J-CASTトレンド>

    柴犬のおしり


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「#おしりを見るとストレスが減るらしい」 柴犬にハムスター、あのグラドルも「参戦」】の続きを読む


    【画像】川を漂う白いドレスを着た女性の霊として出回っている心霊写真はリアル?フェイク? コワイーーー



    2_e4

     この写真に関する情報はほとんどない。撮影日時もわからなければ場所も不明。北米のどこかの川だということになっている。

     家族で旅行中、子どもたちが川で遊んでいるところを父親が撮影した写真に偶然写り込んだものだという。

     3人の子供たちの視線は明らかにそれを見ている。川を漂う白いドレスを着た女性の姿をしたものだ。

    ―あわせて読みたい―

    きっと来るやつが本当に来ちゃった?川で遊んでいたら水棲貞子みたいな謎物体に追いかけられた件(プエルトリコ)
    典型的な貞子スタイルだけど・・・突如現れ走行中の車の正面に立ち透過する少女の幽霊(メキシコ)
    テレビから貞子が飛び出してくる!というどっきりをしかけてみた。
    今日もどこかで誰かの悲鳴が・・・貞子めいた少女のドッキリ映像
    駐車場の料金支払所で、無人車の背後から貞子現る!?(中国)

    多くの目撃情報がある白いドレスを着た女性の霊

     白いドレスを身にまとった女性の幽霊に関する目撃情報は世界各地で報告されている。

     こういった白い霊は、この世にやり残したことがあり、死後の世界へ旅立てず現世をさ迷っていると言われている。海外では白い霊は「死と破壊の象徴」として扱われることが多いという。

    1_e2

     子供たちの視線は明らかにこの白い女性の霊に向けられているわけだが、撮影している父親には見えていなかったのだろうか?

     あまりにも鮮明すぎて怖いくらいなんだけど、リアルなの?フェイクなの?

    3_e2

     ネット上でよくある、かつて誰かが合成した画像が伝言ゲーム化して周期的に出回ってる的なヤツなのだろうか?

     こういう怖いヤツは逆にフェイクであってくれよと願うわけなのだが。

    References:freaklore/ written by riki7119 / edited by parumo

    こちらもオススメ!

    ―画像の紹介記事―

    愛情も絆も無限大。大好き同士な動物たちのキスとハグ
    雲が落ちてきた!?海水浴客でにぎわうビーチに巨大な「雲の壁」が出現(イギリス)
    太眉流行続行中やしぃ。眉毛チャーミングな猫リリーさんもついに3歳。近況報告しちゃうぞ。
    新居の軒先に巣を作ろうとする鳥と、そうはさせまいとする住人の4年にわたるバトルの記録
    自由すぎだろ。ジムで見かけた14の驚くべき光景

    ―超常現象・心霊についての記事―

    黙示録かな?高層マンションの上をぐるぐると渦巻きながら通過するUFO型の巨大な雲がロシアに出現
    未だに議論を呼んでいる、アメリカ・コロラド州の民家に現れた奇妙な動きをするオーブ
    きっと来るやつが本当に来ちゃった?川で遊んでいたら水棲貞子みたいな謎物体に追いかけられた件(プエルトリコ)
    いろんな意味で神がかっていた。テレビで悪魔祓いの公開放送をするエクソシスト、ボブ・ラーソン牧師(アメリカ)
    ネクロマンサーかな。故人の墓を掘り起こして死者復活の儀式を行っていた男性(エチオピア)※閲覧注意
    川を漂う白いドレスを着た女性の霊として出回っている心霊写真はリアル?フェイク?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【画像】川を漂う白いドレスを着た女性の霊として出回っている心霊写真はリアル?フェイク? コワイーーー】の続きを読む


    節約、女性

    ((C)ぱくたそ)

    10日放送『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で、東京都立川市で「電気代0円」生活をする女性に密着。年間13万円もの節約に繋がる驚きの生活ぶりが明かされ、大きな反響が起きている。

    ■街の変わり者・藤井さん

    「街の変わり者に会いに行く」ロケ企画、リポーターのアルコ&ピース・平子祐希(39)は、立川の団地に住む女性宅を訪れるが、「使用できませぬ」と張り紙されたインターホンを見て「2クセある」といぶかしむ。

    実はこの団地にお住いの58歳女性・藤井さんは、6年間「電気代0円」生活を続けている「変わり者」。

    涼をえるのは、水を点滴のように落とし蒸発する際の気化熱を利用した「ぽたりん」という道具。エアロバイクで自家発電し最低限の電気をカバーするなど、その生活は徹底している。

    ■電気のない生活

    炭を使った昔のアイロン、砂と水を詰めた植木鉢が冷蔵庫替わり、手動の洗濯機、発泡スチロールを使った保温ボックスなどを活用し電気代ゼロ円で生活する藤井さん。この生活を維持するため、「第二種電気工事士」の資格も取得している。

    日々の食事にも電気・ガスを使わない。銀色のレジャーシートを加工した器具で日光を集め鍋やフライパンを加熱、「炊飯」から「調理」まで行う。この方法なら曇りや冬でも調理可能だと明かされた。

    ■0円生活のきっかけは…

    徹底した電気代0円生活のきっかけは2011年の東日本大震災。節電意識が芽生え、6年前に子供が大学進学で1人暮らしを始めたのを機に電力会社と契約を解除、完全自家発電生活に切り替えたという。

    電気、ガス代だけでなく、自家発電用のエアロバイクを漕ぐことで「ジムにもいかなくなった」ため、年間で13万円ほどの節約を実現。先日は「ヨーロッパ旅行に行った」と電気代0円生活を心から楽しんでいる様子だった。

    ■平子は称賛

    平子も「変わり者でもなんでもない。地球・空・太陽の恵み、我々に与えてくれるものがある」と感銘を受けた藤井さんの生活スタイル。

    オール電化も珍しくない昨今、生活する上で欠かせない電気を自家発電だけで賄う姿に視聴者からは驚きの声が溢れていた。

    ■批判や心配の声も

    もちろん、全員が藤井さんの生活に賛同するわけではない。「こんな大変な思いするなら電気代払う」「時間がもったいない」など批判的な意見も散見された。

    また、記録的猛暑が続いているだけに、「熱中症」を心配する声も少なくない。

    ■過半数は「節約を意識」

    しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,343名を対象に調査したところ、過半数が「節約を意識する」と回答した。

    節約を意識

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    節約意識は大切とはいえ、無理をして苦しい想いをしたり、身体を壊してしまっては意味がない。電気代に囚われることなく、無理のない節約生活を満喫してほしいと願うばかりだ

    ・合わせて読みたい→どの出費を節約してる?自由化で「電気代」に意識が高め

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
    対象:全国20代~60代の男女1,343名(有効回答数)

    「日光で調理」「自家発電」 東京・立川で6年間も電気代0円で生活する女性がスゴすぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「日光で調理」「自家発電」 東京・立川で6年間も電気代0円で生活する女性がスゴすぎる】の続きを読む


    藤田富、ホラー作撮影中に怪奇現象に遭遇「ずっと憑いているかも」




    【藤田富、ホラー作撮影中に怪奇現象に遭遇「ずっと憑いているかも」】の続きを読む

    このページのトップヘ