気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: スポーツ


    7月末の契約満了を持って日本代表監督の座を退く意向を示す

     ロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16に入った日本代表が5日に帰国。バヒド・ハリルホジッチ前監督の後を継いだ西野朗監督は記者会見で「任期を全うしたという気持ち」と説明。7月末での契約満了をもって退任する意向を明らかにした。

     千葉県内で行われたロシアW杯の帰国会見で、在任46日目を迎えた西野監督は今後についての質問に口を開いた。

    「契約が今月の末日までですので、この任を受けた瞬間からW杯終了までという気持ちだけやってこさせてもらった。今は、途中でこういう形になりましたが、任期を全うしたという気持ちでおります」

     国際的な前評判が低いなか、2010年南アフリカ大会以来となる3度目のグループリーグ突破を果たし、決勝トーナメント1回戦ではFIFAランク3位のベルギー相手に一時は2点もリードする展開まで導いた。

     田嶋幸三会長によれば、敗退決定後、西野監督とは話し合いの場が持たれたという。そのなかで、田嶋会長は西野監督の意志を尊重する決断をしたという。

    「7月末に任期が満了する。西野さんとは40年以上に付き合い。西野さんにお願いする時、結果がどうであれ、この大会で終わると約束した。その約束は、僕が守りたい。そのところで慰留することはしませんでした。7月末でもって、日本代表監督を終了することになる。違った形で日本サッカーに貢献し、サポートしてもらえれば」

     西野監督は7月末で日本代表の監督の座を退く――。田嶋会長もその事実を認めた。2022年のカタールW杯に向けては、新監督の下で新たなスタートを切ることが決まった。


    (Football ZONE web編集部)

    西野監督は記者会見で、7月末での契約満了をもって退任する意向を明らかにした【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「任期を全うした」 西野監督の代表監督退任が決定、田嶋会長も言及「慰留することはしなかった」】の続きを読む


     サッカー日本代表MFでキャプテンの長谷部誠選手(34)が3日、代表引退を自身のインスタグラムで表明した。

    【写真】出発セレモニーで代表選手が勢ぞろい

     日本代表は同日未明(日本時間)に行われたロシアW杯決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦し、2-3で惜しくも逆転負け。ベスト8進出を逃した。

     インスタグラムで長谷部は「まず始めに、ロシアW杯での日本代表チームへの多大なるサポート本当にありがとうございました。皆様からの力が日本代表チームを前へと押し進めて下さいました。本当に感謝しています」とあいさつ。その上で「そして僕個人としては、この大会を最後に日本代表にひとつの区切りをつけさせていただきたいと思います」と代表引退の意向を示した。

     続けて「日本代表という場所はクラブとは違い、いつ誰が選ばれるかわからないところであるので、いち選手からこのように発信する事は自分本位である事は承知しています。しかし、2006年から約12年半という長い間共に戦った仲間たち、多大なるサポートをして下さった日本の皆様に感謝の気持ちを伝えさせていただきたいと思い、こうして書かせていただいています」と心境。「日の丸を胸に戦った時間は僕にとって誇りであり、なにものにも代え難い素晴らしいものでした」とつづった。

     これまで共に戦った7人の代表監督、コーチング・代表スタッフ、チームメイト、そしてサポーターにも感謝を表した長谷部。最後は「12年半の間、様々な事がありました。歓喜も失望も共に味わいましたね。良いときもそうでないときも僕たちの背中を押してくださいましたね。皆様と共に歩んだ時間は僕にとって大切な宝物です。心から、ありがとう!! 最後になりますが、これからは僕も日本代表チームのサポーターです。一緒に日本代表チームに夢を見ていきましょう!!!」と次の世代へ希望を託した。

     長谷部は、06年2月にA代表デビュー。W杯では南アフリカ大会(10年)、ブラジル大会(14年)、今回のロシア大会と3大会連続でキャプテンを務め、日本代表の精神的支柱としてチームをけん引してきた。
    長谷部誠、代表引退を表明(C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【長谷部誠、代表引退を表明 W杯3大会連続で主将「歓喜も失望も共に味わいましたね」】の続きを読む


    1次リーグ最終戦は“時間稼ぎ”批判も…海外メディアはこぞって絶賛

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。初の8強進出はならなかった。しかし、優勝候補のFIFAランク3位に一時は2点リードするなど追い詰めた。1次リーグ最終戦では“時間稼ぎ”が批判の的になっていた日本だったが、海外メディアは一転して手のひら返しの称賛を送っている。

     同じ敗戦でも、世界の心を打った。日本が確かに、ベルギーを追い詰めた。後半3分、カウンターからMF原口元気の右足一閃で先制ゴールを挙げると、4分後にはMF乾貴士が無回転ミドルを突き刺し、2点をリードした。試合は追いつかれ、後半アディショナルタイムの失点で壮絶に散ったが、海外メディアを釘付けにした。

     英紙「インディペンデント」は「あきれるほど人材豊富で怖いほど才能あふれた彼らのレッドデビルズが多くの点で日本に下回った」とタレント軍団のベルギーを凌ぐほどの試合展開を日本が見せたと伝えている。

     原口の先制ゴールについて「新たな番狂わせのため、この荒れたワールドカップで正しい道筋をつけているように見えた」とジャイアントキリングを予感させたと評価している。

     乾の追加点については「マルティネス監督の3-4-3システムにある最も明らかな欠陥に付け込み、25ヤード離れた所でボールを持つとプレスも受けずに離れたところから叩き込んだ」と相手の足が止まった隙を突いた判断を称えている。

    「乾は過小評価されたスターの一人」「吉田がマン・オブ・ザ・マッチ」

     また、乾の活躍ぶりを受け、「今大会で過小評価されたスターの一人。香川真司や長谷部誠といったより定評ある選手と連携しつつも、彼ら以上に輝いていた」と日本代表のNO1クラスの評価を与えている。

     欧州衛星放送「スカイスポーツ」は「日本の腹の据わったパフォーマンスにもかかわらず、ベルギーが3度目の準々決勝進出を決めた。勇敢な試みにより続いた日本のワールドカップ8強到達の旅は徒労に帰した」と健闘を称えている。

    「マン・オブ・ザ・マッチ」にはDF吉田麻也を選出し、「ロストフ・アリーナでの胸打つ90分を通してルカクを抑え、日本の粘り強い立て直し方をよく表していた」と「29歳の見事なパフォーマンスだった」と称賛している。

     ほかにも英公共放送「BBC」、米スポーツ専門局「ESPN」、海外解説者など多くのメディアが日本チーム、各個人の奮闘に軒並み拍手を送っていた。

     1次リーグのコロンビア戦ではリードを許しながら、フェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を狙った“時間稼ぎ”が海外メディアの批難の的になっていたが、同じ敗戦でも称賛を受けながら、日本は最後の戦いを終えた。(THE ANSWER編集部)

    日本代表【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本、“批判なき敗戦” 世界が手のひら返し「ベルギーが多くの点で下回った」】の続きを読む


    激闘ベルギー戦、Twitter「流行語」で振り返る 「勝てるぞ」「耐えて」「おわった」... |



    最後の1秒まで目が離せない熱戦となったロシアW杯・日本対ベルギー戦。2018年7月3日未明のキックオフにもかかわらず、多くの日本サポーターが初の8強進出をかけた大一番を見守った。

    ツイッターの「ホットワード」を振り返ると、スコアが激しく動く展開に一喜一憂するサポーター達の姿が浮き彫りに。日本が一時2-0とリードした際には、「マジかよ」「やばい」「勝てるぞ」といった言葉が大量に呟かれていたのだが...。

    「buzztter」で振り返るベルギー戦

    今回は、ツイッター上で多く呟かれた言葉を集計・紹介する「buzztter(バズッター)」というサービスを用いて、ベルギーとの激闘を観戦したネットユーザー達の反応を振り返る。

    まずはキックオフの1時間前から。平日月曜の深夜だけに、この時点では「眠い」「ねれない」「眠くなって」と睡魔との戦いを訴えるユーザーが続出していた。そして、運命のキックオフを迎えた3時。なんと、「がんばれ日本」「日本応援」という言葉を抑えて、

    「起きれた」

    の一言がトップに。どうやら、試合に向けて仮眠を取っていたサポーターも多かったようだ。

    前半はベルギーの猛攻を日本守備陣が集中力のあるプレーでしのぐ展開が目立った。それだけにツイッターでは、「吉田」「昌子」「ルカク」「アザール」と、日本のCBとベルギーのFW2人の名前がホットワードに。さらには、

    「防戦一方」
    「時間の問題」

    といった悲観的な反応まで登場していた。また前半27分、アザールの強烈なシュートをGK川島永嗣がパンチングで弾いた直後には、「パンチング川島」「あぶねー」などの言葉が続出していた。

    結果として、前半を0-0で凌ぎ切った日本。ハーフタイム時には、「耐えた」「よく守った」「善戦」「上出来」と好意的な評価が飛び交っていた。加えて、「後半に期待」との言葉も多く呟かれていた。

    「いけるぞ」「勝ったな」→「やられた」「振り出し」

    そして後半3分。FW原口元気が待望の先制点を決めると、ツイッターでは「きたあ」と歓喜の声がすぐさまホットワードに。その他にも、「まさかの先制」「よく決めた」との言葉が多く呟かれていた。

    さらに後半7分、MF乾貴士がペナルティーエリア外から強烈な無回転シュートを放ち、日本が立て続けに2点目を決める。すると、

    「乾すげ」「マジかよ」「乾半端ないって」「スーパーゴール」「目が覚めた」「激アツ」「日本すごい」「やばいって」「起きててよかった」

    など歓喜の雄叫びが続々と流行語に。さらには、2点のリードを得たことで、「いけるぞ」「勝てるぞ」「勝ったな」との楽観的な意見も目立ち始めた。

    だが、ベルギーが怒涛の追い上げを見せる。後半24分にフェルトンゲンがヘディングで跳ね返したボールは大きな放物線を描き、そのまま日本ゴールへ。これには「入ってしまった」「しゃーない」「耐えてくれ」「切り替えて」「まだ勝ってる」などと前を向く反応が相次いだ。

    後半29分にフェライニが同点のヘッドを決めると、日本サポーターからはネット上に悲鳴が相次いだ。「やられた」「あーあ」「振り出し」「あっという間に同点」といった声が流行語となったのだ。

    「夢をありがとう」「ナイスゲーム」

    後半アディショナル4分。日本のコーナーキックからカウンターに転じたベルギーが決勝ゴールを決める。延長戦に突入する間際での痛恨の失点に、多くの日本選手がピッチに倒れ込んだ。この劇的な幕切れにはツイッターでも、

    「おわった」「決められた」「終戦」

    と落胆する反応がホットワードに。

    だが、日本サポーターからはその後、「格上」ベルギー相手に奮闘した日本代表のプレーを称える声が続出。日本のプレーや特定の選手を責めるような言葉は全く登場せず、

    「日本お疲れ様」「夢をありがとう」「素晴らしかった」「ありがとう日本代表」「ナイスゲーム」「めっちゃいい試合」「よく戦った」「大健闘」「胸張って帰ってきて」

    などの温かい言葉だけが「流行語」となっていた。

    西野ジャパンの激闘にツイッターも大盛り上がり


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【激闘ベルギー戦、Twitter「流行語」で振り返る 「勝てるぞ」「耐えて」「おわった」... |】の続きを読む


    日本勝利の鍵は「勇気」と「左WBの裏」 90年W杯優勝リトバルスキーがベルギーの弱点指摘



    3-4-3のベルギーが見せるわずかな隙 「狙いたいのはカラスコの裏のスペース」

     日本代表は現地時間2日にロストフ・アレーナで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、日本史上初となるW杯ベスト8進出を懸けてベルギー代表と対戦する。欧州ビッグクラブで活躍するスター選手を数多く擁する相手を前に、日本の世界的な下馬評はかなり低いが、ジャイアントキリングの続く今大会の流れに乗れるだろうか――。

     現役時代に西ドイツ代表(当時)の一員として1982年大会からW杯に3大会連続出場、90年イタリア大会で優勝し、残りの2大会で準優勝2回という圧倒的な経験値を誇るピエール・リトバルスキー氏が、強豪ベルギーに存在するわずかな死角について分析してくれた。

    「日本にとっては間違いなく困難な試合になりますが、戦術的には付け入る部分も存在します。日本がターゲットにしたいのは、左ウイングバックのカラスコの裏のスペースです。ベルギーは3-4-3システムなので、元々ディフェンスラインのサイドにはスペースがあります。右ウイングバックのムニエは、クラブでも4バックのサイドバックでプレーしているので、守備に戻る意識も高い。一方、カラスコは攻撃的なプレーヤー。守備の意識はそこまで高くないので、付け入る隙はあります」

     現在ブンデスリーガのヴォルフスブルクでスカウト部長を務めるリトバルスキー氏は、ベルギー代表選手がプレーするクラブや代表の試合を数え切れないほど視察してきた。そのうえで、3バックの左センターバックで先発が予想されるDFヤン・ヴェルトンゲン(トットナム)と、左ウイングバックを務めるMFヤニック・カラスコ(大連一方)のギャップが狙い目だと分析する。

     そして、攻略するには「勇気」が必要だという。

    「センターライン付近でボールを奪ってカウンターを仕掛けたい。できればルカク、アザール、メルテンスの3トップと中盤の4枚のスペースでボールを取りたい。自陣でボールを奪っても、サイドのスペースまでの距離が遠すぎる。最終ラインを高めに設定する。そして、長谷部と柴崎がセンターサークル近くでボールを奪う。そこから素早くサイドのスペースを使いたい。ベルギーはどんなに圧勝しても、なぜか失点してしまう悪癖がある。高い位置でボールを奪い、サイドのスペースに素早く展開できれば戦術的にはワンチャンスあると思います」


    香川と乾は「ボックス内で何かを起こせる」

     リトバルスキー氏はこのように説明した。自陣に引きこもる守備ではなく、高いライン設定からの積極的な守備でボールを奪い、素早くカラスコの背後のスペースへと展開。そして日本がゴールを奪う上でのキーマンとして、リトバルスキー氏は香川真司(ドルトムント)と乾貴士(ベティス)の二人の名前を挙げた。

    「ベルギーのDF陣は長身で、技術的にもフィジカル的にも素晴らしい。その反面、アジリティーや機動力という部分では日本も対抗できると思う。特にカガワ。あの高い反転のスピードでゴールに向かうことができれば、ベルギーには脅威になる。そして、イヌイもサイドで自分の形でボールを受ければ、ボックス内で何かを起こせるものを持っている」

     タレント軍団であるベルギーの絶対的優位が揺らぐことはないだろう。だが、親日家のレジェンドは、“赤い悪魔”のわずかな隙を指摘。ロシアW杯のサプライズの一つに挙げられる西野ジャパンの、さらなるアップセットに期待を込めていた。


    (Football ZONE web編集部)

    リトバルスキー氏は、3-4-3のベルギーが見せるわずかな隙について指摘した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本勝利の鍵は「勇気」と「左WBの裏」 90年W杯優勝リトバルスキーがベルギーの弱点指摘】の続きを読む

    このページのトップヘ