気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 タレント アナウンサー > 芸人


     嫌われ芸人という独自のポジションを確立している品川庄司の品川祐。そのあまりもの嫌われぶりが災いして、共演のネプチューン・堀内健がブーイングを受けるというトバッチリに遭った。

     5月12日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)では「鋼の品川祐」と題して、品川がどのように番組スタッフや芸人たちから嫌われているかを特集。かつて番組ADにあまりにもひどい態度で接していたため、彼らがディレクターに昇格した現在ではテレビの仕事が激減し、GWには実に14連休というお笑い芸人にあるまじき長いオフを余儀なくされたことなどを暴露された。

     ここで品川の味方として登場したインパルスの板倉俊之は、「オレ広めていきたいんすよ、品川さんの良さを!」と熱くアピール。司会の明石家さんまが「言うたれや!閉店シャッター行く前に」と応じると、板倉は番組名物の“閉店シャッター”こと「サバイバルタイム」に出演する若手芸人たちに「全員、品川さんのいいところ言っていく」と促したのである。ここからの展開についてお笑い系のライターが語る。

    「ここでさんまが『品川のええところ言うの、参加する人!』と訊ねるも、スタジオにスタンバイしていた若手芸人のひょっこりはんとワタリ119は無言で固まる始末。それを見た品川は『(テレビに映る)チャンス棒に振るほど(オレが)嫌い?』と悲しげな顔を見せていました。しかし本当に悲しかったのは、注目度上昇中のひょっこりはんらを観られなかった視聴者のほうです。そのためこの直後に堀内が『品川のいいトコ言うラップ』を披露したところ、視聴者からは『堀内なんてどうでもいいからひょっこりはんを見せろ!』と、堀内に対しても大ブーイングが上がる有様でした」

     確かに堀内のラップは安定のつまらなさだったが、それはいつものことで、普段なら失笑だけで済んだはず。それが今回、今を時めくひょっこりはんや元消防士として話題のワタリ119らがスタンバイしている姿が映し出されたため、堀内がすっかりワリを食ってしまったようだ。

    (金田麻有)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【品川祐が芸人から嫌われ過ぎて堀内健にまでブーイングが起きた一部始終!】の続きを読む


     5月19日に放送された「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に、ゲストとして出演した森三中の大島美幸が、お笑いコンビ品川庄司の品川祐からひどい目に遭った体験を暴露した。

     この日は、各テレビ局員から嫌われている品川が話題になったのだが、お笑いコンビのインパルス・板倉俊之は「品川庄司ほど頑張っている芸人はいない!」と、擁護。

     けれども大島は「(かつて)160円くらいの高いコーヒーを買ってこいと言われたんですけど、80円しかくれなくて…あとは自分が出すんですよ」と、理不尽な先輩風を吹かせる品川の行為を非難すると、黒沢かずこも「電車のお金もなかったっていうのに…」と、当時の大島の懐具合を説明し援護した。

     借金をしてでも、先輩が後輩に奢るのが慣例のお笑いの世界で、電車賃にも事欠く後輩にお金を出させるなど言語道断。さぞかし大島に同情を寄せる視聴者が多いかと思いきや、その反応は冷ややかだった。

     視聴者からは「品川さん、セコイ」「南海キャンディーズの山ちゃんも被害者だよね」という意見がある中、「品川嫌い。でも大島も嫌い」「同情出来ない」「大島だって今、独身の女性芸人に上から目線の最低な態度をとってるじゃん」「どっちも嫌い。潰し合えー」など思わぬ“大島嫌いコール”に見舞われたのだ。

    「“ブスの代名詞”だった大島も、売れっ子放送作家の鈴木おさむと結婚し、子供にも恵まれました。この頃から、独身女芸人に対する“上から目線”発言が多くなり、勝ち組然とした物言いに違和感を持たれ始めた。視聴者としては“品川のことを言う前に、自分はどうなんだ”ということなのでしょう」(芸能ジャーナリスト)

     どうやら大島は、自身の発言で返り討ちに遭ってしまったようだ。

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【森三中・大島美幸、品川祐の悪行暴露も「どっちも嫌い」と視聴者から返り討ち】の続きを読む

    2018y05m21d_225137720

    株式会社スマービー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:遠藤崇史、以下「スマービー」)が運営する自社ママ向けECモール「smarby」に一発屋芸人ムーディ勝山氏が期間限定で出現しています。
    今回ムーディ勝山氏が出現しているのはsmarbyの「タイムセール」タブの一部ブランド。人気のキッズモデルの背後や、実際に商品を使っているムーディ勝山氏が、クスリと笑えるお買い物時間をご提供します。
    (関連URL:https://smarby.jp/campaign/moody

    《SNSで話題!》
    ムーディ勝山氏がTwitterでつぶやいたところ、瞬く間に「いいね」「リツイート」され、2日間で1.3万いいね、リツイートは4000回を超えています。
    ※ムーディ勝山氏tweet
    「初めてムード歌謡歌手を見る少年」

    【Twitter上での反応】
    ・朝から笑わせてもらいました!ありがとうございます!
    ・お初がムーディーさんとはwwwなかなかマニアックなムード歌謡
    ・意味がわからんw
    ・ECサイトにムーディ勝山がちょくちょくいるらしいと聞いて、意味わからんなと思って見てみたら本当にいて動揺してるし、やっぱり意味はわかんらない。

    《ムーディ勝山氏コメント》
    このような企画は初めてでしたが、キッズモデルも「右から右から…♪」と一緒に歌ってくれて、盛り上がりました。
    受け流されなくてよかったです笑。

    《撮影裏話》
    ムーディ勝山氏自身、2人の子供を持つお父さん。
    撮影現場では、すぐにキッズモデルとも打ち解け、モデルのお母さんのハートも鷲掴みに。終始アットホームな雰囲気でした。

    《ムーディ勝山SNS情報》
    ・Twitterアカウント: @katsuyama0611
    ・instagramアカウント: katsuyama0611
    ※今回のようなモデルはDMで受け付けています。

    《ムーディ勝山氏出現期間》
    5月30日(水)9:00まで

    《その他画像一例》

    【ECモール「smarby」について】
    smarby(スマービー)は、子供服・ベビー服を中心としたファッション通販です。
    smarbyは育児に忙しいパパ・ママの味方。
    「忙しくてなかなか買い物に行けない」「せっかく行っても子供と一緒だとゆっくり選べない」
    そんな悩みをもつママにお買い物を楽しんでいただいています。
    プチプラからデザイナーズまで、取り扱いブランド実績1000以上。
    普段はちょっと手が出ない国内外のおしゃれなブランド子供服を、店頭で購入するよりもお得なプライスで手に入れることができるタイムセールも毎日開催中!
    ママのライフスタイルを豊かにするために、可愛くておしゃれな子供服・ベビー服はもちろん、マタニティからママのお洋服、インテリア雑貨までママ目線で納得いくものをセレクトしています。

    【会社概要】
    会社名:株式会社スマービー
    所在地:東京都渋谷区
    代表者:遠藤崇史
    設立:2014年5月
    URL:https://smarby.jp/
    事業内容:子供服、ベビー服、おもちゃ、マタニティ製品、ファッション雑貨、ギフト商品などの通信販売

    【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
    《スマービーカスタマーサポート》
    TEL:0800-300-2848(フリーダイヤル)11時~17時※土日祝除く
    e-mail:support@smarby.jp

    配信元企業:株式会社スマービー

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




     お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が21日、都内で行われた「その歯と100年。キシリトール。」プロジェクト発表会に出席した。その場で、妻で女優の佐々木希と夫婦共演を果たしたCMがお披露目され、渡部は佐々木との共演を振り返ったほか、秋に誕生予定の第1子について語った。

     第1子の誕生を控える渡部は、「(性別は)夫婦で病院に『わかっても言わないでください』とお願いしています」と報告。そして、「こういう時に皆さん『健康であれば』とおっしゃっていたけど、その意味がようやくわかりました。本当に健康であれば性別も何でもいいです」と話し、名前についても「まだ全然考えていない」という。

    渡部と佐々木が共演したCMより

     この日は、渡部と佐々木がそろって出演し、キシリトールが採れる白樺の森で出会った少女にほほ笑みかける中、二人のナレーションで歯の大切さやキシリトールについてメッセージを送る新CM(22日よりオンエア)も披露された。佐々木と共演した渡部は「照れましたね」と笑うと、「夫婦でこんなに素敵な仕事をさせていただけて嬉しいですけど、同じ現場にいるのも変な感じでした」と本音を吐露。二人で見つめ合うシーンでは「監督が『見つめ合って笑ってください』しか言わないというね……。だから『どうする?』という感じでいろいろ撮りました」と撮影時を回顧した。

     さらに、女優である佐々木から演技アドバイスがあったかを尋ねられると、「それはないですよ。絵コンテをいただいて家で練習しようかなとも思ったけど、練習する感じでもないじゃないですか。二人でガッツリ作り込んでいくのも(CMの)世界観と違うかなと思って、妻とナチュラルにやろうよと話しました」と振り返っていた。

     また、50歳になった自分の理想像の話になると、「子供と全力で遊ぶ。公園とかで子供はすごくはしゃいでいるけど、疲れているお父さんを見かけるじゃないですか。そうじゃなくて、僕も一緒に泥まみれで遊べるお父さんでいたいな」と近い将来に目を輝かせた渡部。その後、75歳では「子供と晩酌」、100歳では「孫たちと焼肉」と夢を語り、「末永く家族とともに幸せで健康な人生を歩んでいこうと思います」と力を込めた。(取材:錦怜那)

    渡部「照れましたね」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




     お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司が17日、都内で行われた最新スマートフォン『Galaxy S9 S9+』PRイベントに出席。妻が現在、第1子を妊娠中で「予定日は来月なんですけど、3000グラムくらいまで成長して、油断できない状況。本当はこんなことをしている暇ないんです」と冗談交じりに訴えた。

     斎藤は続けて「(子どもの名前は)奥さんの中ではいろいろあると思うんですけど、僕がイベントで話してしまうから、言ってくれなくなっちゃって…」とポツリ。「ベビーカー、ベビーベッド、抱っこひも、おむつも買いました」と子どもを迎え入れるための準備が万端であると強調した。

     そんな斎藤だが、イベントでは相方のたかしを子どもに見立て「神ベロベロバー」を実施するも、会場の反応は今ひとつ。「湯葉をつかむほどの手応えしかなかったので、子どもにはやらないです」と嘆きながらも「よしもとは、子どもが生まれると給料は上がらないですけど、仕事はくれるみたいなので、それはちょっと多少期待ですね。よしもとにも多少は人の心があるみたいなので」と早くもパパ需要を皮算用していた。

     イベントにはそのほか、内田理央、稲村亜美も出席。同商品は、あす18日より発売される。
    トレンディエンジェル斎藤司 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ