気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: 役立ち情報


    タンクトップからのぞく谷間、ニットで露(あら)わになるバストの形、思わず見とれてしまう着衣巨乳をフィーチャーした写真集が版を重ね話題となっている。『Wrap the BOOBs 着衣巨乳写真集』(一迅社)だ。

    そして、その第2弾がすかさず登場。鈴木ふみ奈、片岡沙耶、菜乃花、伊織もえなど人気グラビアアイドルがモデルを務める最新作だ。

    カメラマンは須崎祐次氏。“おっぱい星人”界にヒーロー現る!と興奮し、調べてみると今回の作品以外に『原寸大おっぱい図鑑』『原寸大おっぱい図鑑 EX』などを撮影されているお方。かなりのおっぱいマニアとお見受けする。そこで、おっぱいに対する愛を語らうべく突撃インタビューを敢行した!

    -最新作『着衣巨乳写真集 Wrap the BOOBs 2』刊行、おめでとうございます! おっぱいにフィーチャーした作品を次々と発表くださいまして本当にありがとうございます。おっぱい星人を代表してお礼申し上げます。須崎さんは、やはりおっぱいが大好きでしょうがないんですよね!?

    須崎 いやいや、そういうわけじゃないですよ!

    -ええっ、ウソをつかないでください(笑)! ネタ(作品集)は上がっているじゃないですか!

    須崎 本当に違うんですよ。そりゃ、基本的に美しいものは好きですけど、私の作品は常々、人間の表裏をテーマにブラックジョーク的な要素を含めつつ、思想な世界(アート)に落とし込むことです。

    -アートってなんですか! 失礼ですが、おっぱい好きのカメラマンさんじゃないんですか?

    須崎 はははっ、今回は確かにおっぱいを題材に撮影してますけど、写真制作の始まりはアート的志向からです。NYで版画や写真、美術を学び、日本、ヨーロッパなどのギャラリーで作品を販売しています。

    -あわわっ、アーティストの方でしたか。どのような作品を主に?

    須崎 例えば、『COSPLAY made in Japan』(1999-2013)という、“コスプレ”をアイテムに使用した作品群です。既存のアニメやマンガのキャラクターコスプレではなく、私思想のコスプレです。衣装もモデルの体型に合わせミリ単位に調整、すべてオーダーメイドで作っています。

    -すごいこだわりようですね! 具体的にはなんのコスプレなんですか?

    須崎 正確に言えば、コスプレ写真を撮っているわけではないんです。私が幼少の頃(昭和70年代)の思春期に影響を受けた体験と創造、そういった過去の想いとコスプレという現代の文化を合致させる試みです。(参考:http://yujisusaki.com/copslay.html)

    -2000年当時はまだまだコスプレの世間的な認知がなく、どちらかといえば日陰の文化でしたよね…。

    須崎 確かにそうでしたね。1999年から撮りためていた作品を写真集にしたくて、出版社に持ち込んでいたんですが、なかなか実現には至らなかったです。

    でも、そういった活動がきっかけでアキバ系アイドルのでんぱ組.incのコスプレ写真集『DEMPA MODELS ×100 COSPLAY』を作ることになり、その流れの中で数年後、出版社から着衣巨乳写真集のお話がきました。

    -では、どうしてもおっぱいを撮りたかったわけじゃなかったんですね(笑)。

    須崎 そうですよ! おっぱい星人ではありませんよ(笑)。写真集制作で、初めてテーマ指定のお仕事でした。お声をかけていただいたのですが、おっぱい限定は今までに撮ったことがなく、一種の挑戦みたいな感じでした。着衣巨乳の写真自体はウェブにたくさんありましたから、どこまでが着衣巨乳と言えるのか、どこからどこまでが巨乳かを検討することから始めました。

    -で、どこからが巨乳なんですか?

    須崎 今回はG~Iにしました。

    -巨乳なのに上限があるんですね(笑)。

    須崎 上限も下限もありません。そこは人により、いろいろ考え方があると思いますが、今回は編集者と、なんとなくここら辺という感じで落ち着きました。

    -制作で苦労したことはなんですか?

    須崎 モデル選びに始まり、普段着or衣装、目線は入れるのか、色っぽさをどこに出すのか、ニット系、シャツ系、ブラジャー系の衣装の時、どういうポーズがおっぱいを強調するのか…等々。中でも、編集者と一番悩んだのは、“着衣”とはどこまでを指すのかでしたね。ヌード以外はみな着衣なわけですから…(笑)。今回は“おっぱいが包まれている”感じを大事に、衣装選びをしました。

    -最も大変だったのは?

    須崎 というか、やっぱり勉強が必要でした。おっぱいには本当にいろいろあって…。形も違えば、張りや柔らかさも違う。人によって似合うブラジャーもあれば、似合わないブラジャーもある。とにかく今回の撮影でスタイリスト的な目線が磨かれましたよ。

    -では撮影で気を付けたことは?

    須崎 完全な世界ほど面白くないものはないと思ってまして、不完全であるがゆえに完全が引き立ってくると…。だから、美しく完璧なものばかりではなく相反する表情を狙いました。

    -ちょっと哲学的な響きがありますね…。

    須崎 モデルとなってくれたグラビアアイドルの方々はプロですから、もちろんいくつかの得意な表情があるのですが、その表情が抜ける瞬間を押さえる。表情やポーズを意識してつけさせないようにすることに気を配り、ムービーのようにスタート、カットを使い、一連の動きを付けた後、連写で撮り続けました。だから、普段の顔とは違ったものが撮れていると思います。

    -ご自分ではこの写真集が売れた原因はなんだと思われますか?

    須崎 全てがうまくかみ合ったからだと思います。企画もわかりやすく、グラビアアイドルをモデルにしたこともそうですし、スタイリングも質感にもこだわっています。また、撮影に関しては、今回は特におっぱいの表情を生かすため、“光と影”の部分を意識しました。

    -それでは最後に、次回作の構想もお聞きできればと。

    須崎 これからも私が幼少の頃にでき上がった好みと現代がクロスするポイントを大事にしていこうと思っています。次回作は現在進行中のものがいくつかありますが、内容的にはまだ言えません。近いうちに発表できると思いますので、楽しみにしていてください。

    -今日はお忙しいところありがとうございました。今回の写真集で、超人気グラドルが魅せる「巨乳」と厳選に厳選を重ねた「着衣」が織りなすマリアージュを楽しませていただきます!

    (取材・文・インタビュー写真/週プレNEWS編集部 (c)須崎祐次)

    須崎祐次(すさき・ゆうじ)










    1963年、東京生まれ。1988年、New York に渡米、写真を中心に版画、油絵などの作品も手がけ、92年に帰国後、写真作家として活動を開始。広告やファッション、音楽などの撮影も始める。最新情報はHPにて。yujisusaki.com

    マニア垂涎のすごい“着衣巨乳写真集”とは!? 「おっぱいには本当にいろいろあって…」 


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【マニア垂涎のすごい“着衣巨乳写真集”とは!? 「おっぱいには本当にいろいろあって…」 】の続きを読む


    “10年落ち”となっても流通価値を認められやすいなど、中古車市場でも高値で取引されている車種なのが、商用車としてロングセラーを誇るトヨタ自動車のハイエース。同じようなタイプの競合車種が存在するにもかかわらず、なぜデザイン的に大人しいハイエースが長きにわたり圧倒的人気を維持して売れ続けているのか、立教大学経営学部教授の有馬賢治氏にマーケティングの観点から分析してもらった。

    ●“企業の提案に乗る”か、自己実現を目指すか

    「まず、世界的な人気の理由としてあげられているのは、エンジンや基本構造がしっかりつくられていて劣悪な環境にも耐えられる耐久性や、修理がしやすいなど整備性が優れている点です。また、室内空間が広い合理的なデザインで、キャブオーバータイプの構造上、取り回し、見通しがよく運転しやすいという特徴があります。さらに、最近の車種は安全性や快適性が乗用車並みに進歩している点も人気の要因だと思われます。こういった複数の要素が評価されて、結果として国内外でのリセールバリューが高い車種の地位を得ているといえるでしょう」(有馬氏)

     一方、機能や設計といった利便性だけでなく、今の時代に合ったデザインセンスが、ハイエースの人気を支えていると有馬氏。

    「企業側が趣向を凝らしていくことで消費者の共感を得る場合もありますが、ネットを通じて多様なデザインに触れやすい時代だけに、かえって過剰な装飾は敬遠されることもあります。つまり、現代は自分で工夫する余地が残されていることに価値が見いだされる時代でもあるのです。自動車の場合、同じトヨタのアルファードやヴェルファイアは、企業側の提案をそのまま受け入れる車種ですが、ハイエースは外装・内装ともにオーソドックスなデザインなので自分らしさを付け加えやすいベース車両型の車種だと捉えることができます」(同)

     それを商機と見ているかはわからないが、自動車市場周辺を見ても、ハイエース用のデコレーションパーツや便利アイテムが多数販売されている。また、ハイエースのカスタムカーを専門に扱う店舗も存在するなど、一見地味とも思わるデザインも、言い方を変えれば車で自己実現したい人には素材として向いている仕様だと受け取ることもできる。

    ●“一見地味”が時代に求められたデザイン

     このようなカスタマイズの余地を残すことで消費者に支持される例は、自動車以外にもみられる。

    「たとえば、白無地のワイシャツのほうがジャケットやネクタイの柄が合わせやすいですし、無印良品などのシンプルなデザインの家具は他の装飾品との相性もよく、多くの人から支持されています。アップルのiPhoneも、シンプルなデザインゆえに、ケースやステッカーなどでカスタマイズができる点から好む消費者も多いでしょう。ハイエースもそれと同じで、車両に対する信頼感に加えて、自分でカスタマイズできる余地が残されている点が評価されていると考えられます。」(同)

     情報過多な時代だからこそ、ベース素材をシンプルにして顧客の納得感を二次的に引き出す。そういった売り方も必要になっていることを、ハイエースの例から読み解くことができる。便利さを追求するあまりに顧客に企業の価値観を強く押し付けがちな昨今であるが、素材としての商品価値を今一度見直す時期なのかもしれない。
    (解説=有馬賢治/立教大学経営学部教授、構成=武松佑季)

    トヨタ自動車のハイエース(「Wikipedia」より)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【地味なトヨタ「ハイエース」がずっと売れ続けている理由…中古車市場でも高値で取引】の続きを読む


    安全確認などで列車の急ブレーキを体験したことある人は少なくないと思いますが、急ブレーキをかけてから止まるまでどのくらいの距離を進んでいるのでしょう。

    列車が止まるまでの距離はクルマの3倍以上

    子どもの交通安全教育では「自動車は急に止まれない」と習い、道路の飛び出しが危険であることを学びます。高速で走る乗りものである鉄道も、自動車と同じく急に止まれません。それどころか、止まるまで自動車よりもはるかに長い距離を走ってしまいます。

    警察庁が公開している「速度による停止距離」によると、たとえば80km/hで走っている自動車が急ブレーキで止まるには、ブレーキを踏んでから効き始めるまでの空走距離22mと、そこから止まるまでの制動距離36mを合わせた58mを必要とするそうです。

    では、鉄道車両はというと、車両性能によっても異なりますが80km/hから非常ブレーキ(毎秒4.5km/h)をかけると、空走距離と合わせて停止までおよそ200~250m。自動車の約3.4倍以上もの距離が必要です。

    運転台の後ろで運転士の動作を見ていると分かりますが、駅に止まるとき、だいぶ前の地点からブレーキ操作を行っています。もっと強いブレーキをかけられないものかとも思いますが、電車は1両あたり30~40tと重く、さらに鉄のレールの上を鉄の車輪で走っているため、ブレーキを強くかけても車輪がロックして滑ってしまい、かえって制動距離が伸びてしまうおそれがあります。

    新幹線や海外の電車事情

    かつて国が定めた鉄道の規則では、鉄道車両は非常ブレーキをかけてから600m以内に止まれなくてはならないと決められていました(鉄道運転規則第54条)。下り勾配や悪天候のような状況が重なるとさらに制動距離が伸びますし、平坦な線路でも雨が降ると制動距離が伸びます。そういった条件も考慮すると、最高速度はおおむね120~130km/hあたりが上限となります。

    しかし600m先まで前方がクリアに見えるとは限りません。カーブ区間は先が見えませんし、直線区間も霧や夜など条件が悪くなれば見通しが大幅に悪くなります。

    そこで鉄道では、接触事故の危険性が高くなる駅や踏切には非常停止ボタンを設置し、運転士が目視できなくても信号で危険を知らせるようにして安全を確保しています。

    一方、国内には120~130km/hほどより速く走る列車もあります。たとえば新幹線は、線区によりますが最高320km/h。ブレーキはおおむね4000m以内で止まれるよう設計・設定されています。しかしここまで制動距離が伸びると、目視で危険を察知することはできません。そのため新幹線では開業時から踏切を設けず、すべての道路と立体交差にして人やクルマが線路に立ち入れないようにしているのです(いわゆる「ミニ新幹線」の山形・秋田新幹線の区間は在来線扱いのため除く)。

    また、安全運行を法律面からもサポートすべく、新幹線特例法を制定しています。たとえば線路内に物を投げ込んだり、線路内に立ち入ったりすると法によって厳しく罰せられます。

    海外ではもっと急なブレーキも

    日本の鉄道車両は、非常ブレーキの減速度は毎秒4~4.5km/hほどですが、海外ではもっと急なブレーキをかける車両があります。

    ヨーロッパの路面電車は、細い路地を走り、急な飛び出しにも備えるため、強力な磁石をレールに吸着させて停止する電磁吸着ブレーキを使い、毎秒10km/hなどの急制動を実現しています。

    日本の路面電車も、ドイツ企業と提携して製造した熊本市電の9700形などはこのブレーキを装備していますが、実際は急ブレーキで車内の乗客が転倒してけがをすることを防ぐため、使われていません。このあたりはどちらが良い悪いというよりは、お国柄や国民性が反映されているといってもよいでしょう。

    いずれにしても、急ブレーキは強い衝撃がかかるため、普段から車内ではつり手や手すりにつかまって、万が一のときもけがをしないよう気を付けたいものです。

    【写真】異常をいち早く伝える踏切の非常ボタン

    新幹線の制動距離は最高速度からおよそ4000m以内。大地震発生時などに一刻も早く止まれるよう、ブレーキの研究が続けられている(児山 計撮影)。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【列車は急には止まれない! クルマと大きく異なる鉄道ブレーキ事情】の続きを読む


     海賊版サイト「漫画村」が閉鎖されてから、早くも2カ月あまりが経過した。海賊版サイト最大手の消滅により、売上が回復したというマンガ家もいるようだが、いまだ多くの海賊版サイトは変わりなく延命している。

     海賊版サイト「漫画村」に関しては、広告を出稿していた代理店が次々と撤退するなど、もはや運営しても利益が出ない状況が生まれている。この間「漫画村」の後継を称するようなサイトも生まれてはいるが、活動自体は低調だ。

     しかし、相も変わらず活発な活動を続けている海賊版サイトがある。18禁同人誌を扱う海賊版サイトがそれだ。

     試しにGoogleで「エロ同人」と検索してみると、どうだろう。「エロ同人無料」「無料エロ同人誌」などという検索結果が次々と表示されるのだ。

     これらのサイトでは18禁同人誌が毎日、次々と公開されている。いくつものサイトが乱立しているところを見ると、元となるデータをお互いにパクリ合っているようにも見える。

     18禁同人誌を中心とした海賊版サイトの最大手であった「ドロップブック」は昨年消滅。その後継とされた「ダウンロードブックス」もすでにアクセスできなくなっている。それでも、海賊版同人誌サイトの勢いはとどまるところを知らない。

     これらのサイトは、一様に「画像の著作権は権利者様に帰属致します」「著作権等の侵害を目的とするものではありません」「掲載されたものに問題がある場合は権利者御本人様が直接ご連絡下さい」などと、あたかも不正なく運営を行っているかのような装いをしている。

     これは、二次創作同人誌を権利者が訴えていないだけで、著作権的にはアウトなものという点を巧みに利用しているといえる。また、オリジナル作品であっても、作者個人が山のようにある海賊版同人誌サイトに、ひとつずつ抗議するのは大変な作業だ。

     そうした手を出しにくい状況があるからこそ、海賊版同人誌サイトの勢いは止めようがない。正規の同人誌ダウンロード販売サイトで発売されたものが、すぐにコピーされて違法にアップロードされる事態も当たり前。この状況に、今のところ打開策はない。
    (文=是枝了以)

    ※イメージ画像


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「漫画村」は消滅しても……海賊版「同人誌」サイトの勢いは止まらない!】の続きを読む


    「しまじろう」がアマゾンにも進出する事情っなんだ







    <関連する記事>



    「しまじろう」がアマゾンにも進出する事情 「しまじろう」がアマゾンにも進出する事情
    …Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は…
    (出典:経済総合(東洋経済オンライン))



    このページのトップヘ