気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: 健康 


     お肌のために、夜は早めに就寝する──TVや雑誌の美容情報では、22~2時の「ゴールデンタイム」に睡眠をとることで、“肌のターンオーバーが促進されて美肌効果が期待できる”といわれることが多いですよね。でも、早めに就寝することで、本当に肌の状態はよくなるのでしょうか。

     東京イセアクリニック2018年に全国の20~40代の日本人男女330名を対象に行った、インターネット調査「『美容・美肌』にまつわる12の都市伝説/噂はどこまで信じられているか?」では、「PM10時~AM2時までのゴールデンタイムの睡眠は美肌によい」という都市伝説に、「そう思う」と回答したのは72.7%。7割以上の人が信じているという結果になりました。

     一方で、東京イセアクリニックの吉種総院長によると、“ゴールデンタイム美肌”に医学的根拠はないのだとか。この時間帯に就寝すれば、必ずしも美肌効果が期待できるとは限らないそうです。

     女性としては、ゴールデンタイム伝説が無意味なのは残念……ですね。でも、早く寝ることが美肌に全く繋がらないということではないようです。また、どうしてもゴールデンタイムに眠りにつくことができないからといって、美肌をあきらめる必要もないということでもあるようです。

     看護師で日本コスメティック協会インストクターの高樋沙苗さんによると、起きている間は血液の多くが脳に集まってしまうため、肌に充分な栄養が行き届くのは主に睡眠中であり、再生活動が活発になるのも就寝中なんだとか。そのため、睡眠時間や睡眠の質がともに低いと、毛穴やシワが目立つということも報告されているくらい、美肌と睡眠は切っても切り離せない関係なのだそうです。また、高樋さんは、時間帯にこだわるよりも睡眠の質を上げて肌を整える働きを活発にしてあげることが大切で、寝る前はスマホなどの電子機器から離れてリラックスすることで自律神経を整え、しっかり眠れるようにすることがポイントだと言います。

     必ずしも時間帯にこだわる必要はないということは、仕事や家事に忙しい女性にとっては心強いですね。とはいえ、肌を若々しく保つためにも、忙しい日々の中、しっかり体を休めるということは徹底したいものです。

    (美容・健康ライター Nao Kiyota)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【夜更かしおっけ 美肌の「ゴールデンタイム」は医学的根拠なし!?】の続きを読む


    【コワイーーー】スマホのブルーライトで失明早まる可能性、研究




    【【コワイーーー】スマホのブルーライトで失明早まる可能性、研究】の続きを読む



    1 がんと闘う名無しさん :2018/06/23(土) 00:54:54.04 ID:q2Ou0KX7.net

    過去スレ
    画期的ながん治療法「近赤外光線免疫治療法」
    http://mao.5ch.net/test/read.cgi/cancer/1479355816/
    光免疫療法・近赤外線でがん細胞が消滅
    http://mao.5ch.net/test/read.cgi/cancer/1484242678/
    画期的ながん治療法「近赤外光線免疫治療法」2(実質 Part3)
    http://mao.5ch.net/test/read.cgi/cancer/1504329110/
    光免疫療法・近赤外線でがん細胞が消滅★2(実質 Part4)
    http://mao.5ch.net/test/read.cgi/cancer/1516263250/

    前スレ
    光免疫療法・近赤外線でがん細胞が消滅★5
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/cancer/1526079455/


    【【すごっ】光免疫療法・近赤外線でがん細胞が消滅】の続きを読む


     7月25日~27日の3日間にわたり開催された日本最大級のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC2018」。会期中に行われたフィットネス関連イベントのなかでも、ひと際注目を集めたのがボディコンテスト『SSA×SPORTEC GRAND PRIX(サマースタイルアワード×スポルティック グランプリ)』だ。

    【写真】背筋と美尻を大胆披露 魅惑のボディで魅了する太田裕子さん

    『SSA×SPORTEC GRAND PRIX』にエントリーできるのは、俳優・金子賢が主催する『サマースタイルアワード(以下SSA)』の各部門から選び抜かれたトップ選手だけ。誰が1位に選ばれてもおかしくないほどハイレベルな戦いに、金子を始めとした審査員達も「難しいジャッジだった」と口を揃えた。

     女性部門の「ベティ(フィットネスビキニ)」「ビューティフィットネスモデル」では、メイク・ヘアーはもちろん、全体的な肉体の発達状態、バランスのとれたスタイル、自信に満ちた堂々とした舞台上のパフォーマンス、女性らしい優雅さやセクシーが審査の対象となる。

     ビューティフィットネスモデル同様、総合的なスタイル・ルックスはもちろんのこと、より美しい筋肉美が求められるベティ部門を制したのは、ブルーの鮮やかなビキニで自慢の「お腹と背中」を存分にアピールしていた、ピラティス・インストラクターの太田裕子さんだ。

    「SSAとSPORTECのコラボ大会ということですごく楽しみにしていました。グランプリを獲りたいという意気込みで用意してきたので、名前を呼ばれた瞬間、辛かったこととかを思い出したりして泣きそうなりましたが、それを上回るくらいの嬉しさを感じましたね」

     アラフォーという年齢をまったく感じさせないボディで、激戦区と言われるSSA名古屋大会の「ヴィクトリア」部門で1位を獲得した太田さん。『フィットネススタージャパン』の「Woman’s bikini mode・シニア」部門でも2位という好成績を納めている。

    「年齢を重ねていくごとに体の衰えを感じるようになってきたので、老いに打ち勝って、もう一度女性として輝きたいなという思い出で、2年前からトレーニングを始めました。ボディメイクをすることによって、体が変わるのももちろん嬉しいけれど、周りの環境や考え方まで変わるのが大きいかなと思います」

     そんな太田さんの次の目標は、ボディメイクを通じて同世代の女性達に希望を与えられるようなトレーナーになること。

    「同じ世代の女性の皆様が、もう年だから…と(ボディメイクを)諦めてしまわないように、『もう一度、頑張りませんか?』というメッセージをお伝えできるようなトレーナーになっていきたいなと思います」
    『SSA×SPORTEC GRAND PRIX』ベティ部門優勝の太田裕子さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【美ボディグランプリに40代ピラティス講師 目標は「同世代に希望を与えるトレーナー」】の続きを読む


    寝だめでは取れない中高年の疲れは、三点セットで回復ーーーー


    NO.6788712
    寝だめでは取れない中高年の疲れは、三点セットで回復
    寝だめでは取れない中高年の疲れは、三点セットで回復
    年齢に伴い疲労の回復が遅くなる事は、オヤジの誰もが抱えている切実な悩みだ。

    ’17年に養命酒製造が、東京で働く40代のビジネスパーソンに行ったアンケートによると、『日ごろから疲れを感じている=慢性疲労に悩まされている』と答えた人が、85.8%にのぼった事が判明。

    日常生活で多忙を極め、衣食住のどれかが犠牲になっているオヤジの生活。

    かといってカフェインが大量に入っているドリンク剤に頼ってばかりでは、疲労は蓄積される一方だ。

    では具体的に、中高年の疲労回復解消方法は、どの様にすればよいのだろうか。

    ■疲労の原因、活性酸素とは?
    疲労の原因は、体内でエネルギーを作る時に出来る活性酸素である。

    ストレス、睡眠不足、偏食、病気、激しい運動などで、体内に過剰に分泌される活性酸素は、細胞を傷つけ、自律神経の機能を低下させるので、脳に疲労物質を送り込む。

    疲れすぎて眠れない、何も考える事が出来ないというのは、その最たるものだ。

    20代〜30代に比べ、オヤジ世代は、睡眠も浅くなり、内臓機能も弱くなっている事は認めざるを得ない。

    そこで疲労回復の為に取り入れるメゾットが、食事、睡眠、軽い運動の3つになる。

    今までの食事内容や、睡眠を見直し、激しい運動を避ける事だ。

    食事であれば、糖質制限で体を絞りたい気持ちは判るが、極度の糖質制限を行うボディビルダーは、綿密な栄養学の基礎知識の元にやっている事だ。

    疲労回復をメインにするのであれば、食事内容は違ってくる。

    食事内容で気を付けたい事は以下の通りになる。

    1:エネルギーになる食材を摂る
    2:活性酸素を排出する為、抗酸化作用の高い食材やサプリを摂る
    3:細胞修復に役立つ食材を摂る

    エネルギーになる食材=炭水化物、糖質、脂質だけと思うだろうが、これらの食材を『燃やす』食材も一緒に摂らなければ意味がない。

    ビタミンBが含まれている食材とセットで摂る事がオススメだ。

    活性酸素を排出する抗酸化作用の高い食材といえば、ビタミンCが思いつくが、それ以外にも、ビタミンEや、鶏肉に含まれているイミダペプチドもある。

    細胞修復に役立つ食材はタンパク質だが、この暑いのに、肉や魚ばかり食べられないという人もいるかもしれない。

    そんな人にオススメなのが、ソイラテだ。

    豆乳には、ビタミンB、Eだけでなく、むくみを摂るカリウムも含まれている。

    肉の横につけられている、キノコのガーリックソテーも、疲労回復に一役買ってくれる。

    キノコ類には脂質の代謝を即するビタミンB2やパントテン酸が含まれ、ニンニクはタンパク質の代謝、分解を即するからだ。

    この様に、普段の食材の組み合わせで、疲労回復を促進する事が出来るので、気が付いたら毎日どんぶりもの、ラーメン三昧、バーガー三昧の人は、お昼ご飯を定食屋に切り替える所からはじめたほうがいい。

    疲労蓄積は、食べすぎから来ているという事もあるからだ。

    そして、残り2つは睡眠と軽い運動だが、中高年の疲労回復には何が必要なのだろうか。

    ■寝だめでは疲れはとれない?
    若い頃は、丸一日眠ればシャキっと疲れが取れたのに、と思うオヤジも多いだろう。

    丸一日どころか、気が付いたら日付が変わるほど寝ていても、疲れがとれない理由はどこにあるのだろうか。

    睡眠学の権威・内山 真氏によると、体内時計は40代から朝型にシフトチェンジするという。

    今の時期、目覚ましをセットした時間よりも早く目が覚めたのであれば、その体内時計に合わせて生活すると健康状態が保たれるというのだ。

    寝だめしても、月曜の朝が起きづらいという人は、社会的ジェットラグ(時差ぼけ)状態になっている。

    この様な人は、まず一週間、休みの日があったとしても、毎日規則正しい時間に食事、就寝し、体内時計を元通りに戻す事で、睡眠サイクルを保つことができ、疲労回復につなげる事が出来るという。

    もしも、以上の体内時計を戻す方法を2週間試しても、体の調子が悪い、大事な会議の時に寝落ちしてしまう、というのであれば、うつ病か、睡眠時無呼吸症候群(SAS)を疑った方がいいと内山氏は言う。

    運動も、全身に血液を巡らせる意味でオススメだ。

    空調の効いた所で、座りっぱなし、立ちっぱなしで仕事をしているのであれば『軽い運動』をする事をお勧めする。

    毎日筋トレに励んでいる人でも、部位別に鍛えた後は、ほぐす事がリカバリーの一環につながるので、水中ウォークや、ウォーキングマシンで、体をほぐす様に動かす事が大事だ。

    おすすめできないのが、運動強度や難易度の高いスタジオプログラムである。

    参加者全員が、軍隊か新興宗教の様に几帳面すぎるほど、揃って動くスタジオプログラムがあるが、あれは精神的に圧迫感を感じるので、疲労回復という面ではオススメできない。

    いかがだろうか。

    日本人は、頑張る事を美徳にし、身内や同僚にすら疲れている事を表に出さない事もよくある。

    だからこそ、自分の体は、自分で守らなくてはいけない。
    【日時】2018年07月29日
    【提供】YAZIUP


    【寝だめでは取れない中高年の疲れは、三点セットで回復ーーーー】の続きを読む

    このページのトップヘ