気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。

    カテゴリ: ダイエット


    ダイエット効果を過剰に宣伝 通販業者に課徴金2千万円 根拠のないダイエットや美容の効果を広告



    チープな根拠も疑わしい健康食品にだまされて無駄にお金使わないようにとよう




    <関連する記事>



    ダイエット効果を過剰に宣伝 通販業者に課徴金2千万円
    根拠のないダイエットや美容の効果を広告したとして、消費者庁は15日、ネット通販事業者のブレインハーツ(大阪市)に対し、景品表示法違反(優良誤認など)で、再発防止策を求める措置命令を出し、課徴金約2千…
    (出典:社会(朝日新聞デジタル))




    これなら続く♡つまむだけダイエットが簡単で良さそう!



    【これなら続く♡つまむだけダイエットが簡単で良さそう!】の続きを読む


    セレブもやってる♡体質改善にも役立つ『グルテンフリー』レシピ



    【セレブもやってる♡体質改善にも役立つ『グルテンフリー』レシピ】の続きを読む


    国立精神・神経医療研究センターとの共同研究

    RIZAP株式会社(東京都新宿区)は、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所(東京都小平市)と共同で、RIZAPプログラムによる「ダイエットによる脳機能改善効果に関する検討」を2018年5月より開始すると発表しました。



    厚生労働省「国民健康・栄養調査」(2016年)によると、日本の男性の31.3%、女性の20.6%がBMI25kg/m2以上の肥満です。肥満は、動脈硬化や糖尿病などの身体疾患のリスク要因となり、うつ病などの精神疾患、認知機能など脳機能の低下とも関連することが明らかになってきました。習慣的な運動は、抑うつ軽減効果や認知機能の低下を予防するとの研究報告も増えています。



    本研究では、RIZAPのゲストのうちBMIが25kg/㎡を超える方100名(予定)を対象とし、RIZAPプログラム開始時と半年後の計2回、記憶検査やMRI、採血を実施。プログラム前後での認知機能や情動、脳構造の変化を測定し、それらの改善効果と、減量による体組成(体脂肪率、BMI)や血液成分の変化との関連を検討します。



    (画像はプレスリリースより)



    ▼外部リンク
    RIZAPプログラムによるダイエットが脳機能(認知機能や脳画像)に与える効果を検証!国立精神・神経医療研究センターとの共同研究を開始



    RIZAP、ダイエットプログラムの脳機能改善効果を検証


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【RIZAP、ダイエットプログラムの脳機能改善効果を検証】の続きを読む


    【痩せたいに朗報!!】「痩せるホルモン」の分泌物質 ミドリムシから開発 夢のメタボ治療薬へ


    NO.6385441
    「痩せるホルモン」の分泌物質 ミドリムシから開発 夢のメタボ治療薬へ
    「痩せるホルモン」の分泌物質 ミドリムシから開発 夢のメタボ治療薬へ
    産業技術総合研究所などの研究グループは、栄養補助食品などの材料として使われているミドリムシから、「痩せるホルモン」の分泌を促進させる物質を作り出すことに成功した。

    メタボリックシンドロームのマウスに与えたところ、内臓脂肪が減って、体重増加を抑制する効果が確認されたという。

    藻類の一種であるミドリムシ(学名:ユーグレナ)は、光合成を行う植物としての性質と、尻尾のような鞭毛(べんもう)を使って動き回る動物的な性質を併せ持つことから、この名前で呼ばれている。

    産総研の芝上基成上級主任研究員は、ミドリムシが細胞内で作る「パラミロン」という物質に着目。

    2000個程度のブドウ糖がつながってできた高分子多糖類で、キノコや海藻にも含まれている食物繊維と同じような働きをするが、パラミロン自体はミドリムシ特有のものだ。

    芝上氏は、ミドリムシの大量培養技術を持っている民間企業と共同で、本来は水に溶けないパラミロンを水溶性に変える技術の開発に成功した。

    この物質を混ぜた高脂肪食をメタボのマウスに5週間にわたって与えたところ、物質が入っていないエサを食べたマウスに比べて、体重増加が50%程度におさえられ、内臓脂肪量は33〜38%減少。

    また、糖尿病患者の血糖値を低下させる働きがあるインスリン分泌を促すホルモン「GLP-1」が3倍多く分泌されることも確認された。

    水溶性に合成したパラミロンが胆汁酸と結びついて排泄されることで、肝臓内でコレステロールから胆汁酸への合成が進み、血中コレステロール濃度が下がる効果がある。

    胆汁酸は肝臓内でコレステロールから作られるもので、小腸内で脂肪の消化や吸収を助ける働きをするが、胆汁酸の多くは再利用される(腸肝循環)。

    パラミロンはこの循環を妨げることで、足りなくなった胆汁酸を作るために、肝臓内のコレステロールがどんどん使われるようになるわけだ。

    研究グループは、「糖尿病を含むさまざまなメタボの改善につながる新たな予防・治療手段になる」として、今後大学などの研究機関や製薬会社などと協力して研究開発を進めていくと話している。

    なおこの技術は、今月24〜26日に「第61回日本糖尿病学会年次学術集会」(東京国際フォーラム)で発表される予定だ。

    【日時】2018年05月22日 12:40
    【提供】ハザードラボ


    【【痩せたいに朗報!!】「痩せるホルモン」の分泌物質 ミドリムシから開発 夢のメタボ治療薬へ】の続きを読む

    このページのトップヘ