女性ばかりの環境でぬくぬくと快適に仕事をしているAM編集部。
しかし、快適がゆえに、異性への興味がうすれ、企画のネタが浮かばなくなってきました。やべえ。

 このままじゃいかん!ということで、先日、全員で合コンのような飲み会を開催。
お相手は普通のサラリーマン(営業職)です。

 とっても楽しかったのですが、まぁ色々と反省点もあったなと。
だから今回はその合コンを振り返り、次回への学びとしたいと思います。
女性のみなさんは参考にしてみてください。

 そして、これを読んだ社会人男性のみなみなさま。
AMは企画づくりのため、ビジネス合コンのお相手を募集しております。
このようにネタにしますが、それでもいいよって方は知り合いづてに合コンを依頼してください。
待ってまーす(はぁと)

金井の回答

 編集部での合コン、すごい楽しかったです。
前半の時点で、「あれ、金井さん好みなんじゃない!?」といわれる人がいて、確かに7割位好みでした! 割と話もしたし、席替えでなんと隣に…。

 その際、有名人の誰に似てる?って話で盛り上がりまして、私は彼のことを「バンプオブチキンを全部混ぜた顔に似てる!」と言って、めちゃくちゃウケたんです。ただ、瞬間のウケと引き換えに、私への多少の引きが急になくなった気がしました。

 そう、忘れてたんです。男子をいじるときは細心の注意を払わなければいけないことを…!ごめんなさい…。でも面白いこといいたかったんだもの…。みつを涙。

 あと、事前に打ち合わせていた嘘の年齢を間違えました。一歳多めにサバをよんだことにより、「え、大川さんと同い年…?」「じゃ、岩倉さんは何歳…?」と、主にAMの三十路メンバーと玉突き事故を起こしました。
本当にすみませんでした。AMジャパンをリベンジさせてくださるチームの皆さんを募集しています!
(金井)

大川の回答

 頭の中の8割がスポーツネタなので、その話題になれば条件反射的に前のめりになる大川です。
スワローズファン(※東京ヤクルトスワローズの略称です)と言われば喜び、他球団の名前が出れば「ケッ」て露骨に嫌な顔をしてしまう…合コン以前に、大人としてどうかしてると思うので直したいと思います。

 さて、そんな私が今回の合コンで犯したミス…それは、「◯◯に似てますよね」とスポーツ選手の名前を上げてしまったこと。

 今は引退しているとはいえ、現役時代はチームの顔!しかもイケメン選手の部類なので我ながらあっぱれと思っていたら、「え、おじさんじゃん…知らないし…」と微妙なムードを作ってしまったのです。
「現役時代は…!」「チームの看板で…!」「すごい人気の選手で…!」と必死でフォローしたんですが、現役時代を知らない彼との年齢差にも愕然としました。ダブルでショック。

 今はスマホですぐ検索できるし、検索結果の画像がイマイチだとこちらもバツが悪くなる。スポーツ選手ならみんな喜ぶっしょという甘い考えは捨てて、王道の有名人くらいはお世辞でも言えるようにしなきゃな、と学びました。
(大川)

岩倉の回答

 テレビを見ないので俳優や芸人を知らないですし、外に出ないのでアウトドアやスポーツにも興味がない。
これだと初対面の人との会話は、だいたい詰みます。

 みんな意外と芸能に詳しいし、スポーツやアウトドアをやってます。

 今回の合コンでも、お相手の男性のひとりが「松坂桃李に似ている」って話になりましたが、私が持つ松坂桃李氏の知識は“『娼年』の濡れ場がエロいらしい”ってことだけなので似てるのか判別できず、「あ~」という何も言ってないことと同義の音で乗り切りました。

 偏った知識だけで生きてると、新規の人間関係をつくろうとしたときに詰みます。まじで会話の糸口になるような知識は持っていたほうがいい。1300万DL突破していたって、FGOを知らない人はいるのです。「マーリン持ってる人とフレンドになれるといいな」なんて思ってた私のバカ。

 いや、そこまでしてと思うかもしれませんが、会話がはずむことで、何か別の共通点が見つかったり、実は相性がいいなんてことがわかったりするかもしれませんよ。

 人理修復で忙しいしなんて言わずに、少し興味の幅を広げようかなと思いました。
(岩倉)

石島の回答

 幹事の男性から「満場一致で一番人気だったよ」と言われました、本当にありがとうございます!!

 ここからはヒーローインタビューなんですが、やはり勝因は「人に言える趣味を持っていたこと」じゃないかと思っております。
編集部のみんな、普段はめちゃくちゃ面白いのに趣味を聞かれると「う〜ん、Netflix…かな」「インターネットとか…」と歯切れの悪い答えになっていました。

 まったく!ホスト通いとか、ネットストーキングとか、Pixivでエロエロビッチな受けとそんな受けに翻弄されながらも持ち前の遅漏で最後は受けを泣かせちゃう性豪な攻めとのどしこいはっけよいな漫画を探すこととか、人に言えない趣味ばっか持ってるからですよ!猛省してほしいですね。

 その点わたしは「最近、筋トレにハマってます!」と答えたので、松坂桃李をミニマムにしたような年下男子から「今度、一緒にプロテインを飲みに行きましょう」とお誘いLINEをいただきました。
プロテイン最高!みんなで筋トレしましょう!
(石島)

橋本の回答

 人生26年間、ずっと自他共に認める非モテだったけれど、ここ1年でAMの記事をたくさん読んだし(ってか編集者だし!)、Tinderでウン十人と会い経験も積みました。そこで得た数々の知見から出来上がった私の軸とは「もちろん可愛いに越したことはないが、必ずしもそういう人が勝つというわけではない(自己肯定感が重要)」「明るく一緒にいて楽しい人がモテる!でも滑らない話ばかりするのは要注意」などということ。
そこから満を辞して望んだ合コン。ですが結果は…

 オーケーグーグル、練炭、使い方!

 もう私合コンしません。死にたくなるだけなので。
どうやらTinderでは「一緒に飲んでて相手にイラつかなければ、相手を性的に見れる」ってのが基本スタンスなんですよね。だから正直相手の趣味とかって本当にどうでも良い。とにかくイラってしないことと、こっちが隙だらけでヘラヘラして適当に間を繋げられればOKだったんです。つまり相手を人としてではなくちんぽとしてしか認識してなかった。合掌。

 だけど合コンっていうのは「相手に興味を持って、その後に繋げること」を意識しなければいけないようですね。もう少し趣味の話を広げるとか、お互い次に繋げられるようなるべく情報を汲み取りあうのが正しいのかしら?みんなヤリチンとは限らないし、真面目に出会いを求めてるってことなんでしょうかね。

 まあ人気はなかったですが、ひとり個人的にLINEをして飲みに誘ったので、サシに持ち込めばどうにかなるでしょう。
(橋本)

AM


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>