「#起業しろ」――と、ひたすらに訴え、若者に起業を勧め続けているユーザーがツイッターで話題になっている。

「若者を起業させたすぎておかしくなったおじさん」としてインターネットに現れた人はどんな人物なのか。

狂おしいほどの起業プッシュ

「若者を起業させたすぎておかしくなったおじさん、もっと広まるべき」

のコメントと共に投稿された、あるユーザーのツイートのスクリーンショット。そこには兎にも角にも起業を推奨するツイートが並べられていた。例えば、

「平成の次の新しい元号が何になるのか?とタイムラインでみんな気にしてますが、僕はもちろん『起業』だと思う。元号を『起業』にするために、みんなで起業しよう。2019年は起業元年なんだ。#起業しろ」
「若者は生きてるだけで起業してるも同然。」

など熱意溢れる投稿の数々だった。

この紹介ツイートは2018年6月12日夕時点で、「リツイート」10000件、「いいね」は18000件を記録している。

これらスクリーンショットの発言の主は、「木下 慶彦/Skyland Ventures(@kinoshitay)」さんだ。日頃から、ハッシュタグ「#起業しろ」を用いて若者の起業を勧める投稿を行っている。

その他のツイートについて調べてみると、

「おはようございます。今日は雨ですね。練習出来ずくすぶってる全野球少年に向けて言いたい。夢にときめけ!明日にきらめけ!起業しろ! #起業しろ」
「ゲーテは死ぬときに『もっと光を!』と言ったらしいが、ぼくはやはり、主治医の先生に『起業しろ!』と言いながら死にたい。#起業しろ」
「『ありがとう』を聞かせ続けた水は結晶がきれいという都市伝説があるが、もちろん科学的な根拠はない。しかし、起業しろといわれ続けた若者は起業する。水にありがとうという暇があったら、若者に起業しろと言い続けたい。みんな #起業しろ」

と、寝ても覚めても起業させたいことがうかがえる。

上記の、自らのツイートを紹介した書き込みに対しても、投稿者が京都大学に在学しているとプロフィールに記載していたため、

「やった!京大生にほめられた。 #京大生は起業しろ #起業しろ」

と、この場においても起業を勧めるほどの気の入れようだ。

起業系男子の野望とは

何故ここまで起業を勧めるのか。

J-CASTニュースでは2018年6月12日に、発言の主である木下慶彦さんに電話を通じて取材を行った。

木下さんは現在32歳で、ベンチャー企業向けの投資を行うベンチャーキャピタル(以下、VC)の「Skyland Ventures」の代表と役員を務めている。この「Skyland Ventures」は木下さん自身が12年に「起業した」会社である。

実際に月に50人、年間で600人ほど起業志望者と面談を重ねているといい、カウントはしていないというが、その中から200人を実際に起業させているはずだとのこと。「Skyland Ventures」としては現在、約60社に対し投資を行い、総額で14億円を運用している。

早速、「#起業しろ」について使い始めた時期やきっかけについて聞くと、

「昨年末です。YouTubeチャンネルを始めたのと同じ時期に始めました」

と、意外にも最近から使い始めたものであった。また、このハッシュタグについて、

「(木下さんの)キャッチコピー」

と位置付けている。それ故、木下さんの活動からは外せないキーワードなのだ。

しかし、これほどまでに起業を勧める力の源についても気になる。そのことについて、「企業を生み出すVCが少ない。企業が増えた方が仕事にもなるし、日本に必要だ」とした上で、こう強く訴える。

「目の前にいる人を起業させるのが仕事」

とはいえ、こうやってツイッターでつぶやいただけで、実際に起業をする人がいるのだろうか。その点について質問すると、

「実際にこれで起業をする人は闘う準備ができている。起業するには個人でやっていた事業が上手くいったなどのきっかけがある。『#起業しろ』はそういった起業するきっかけ」

と、話した。

起業を勧める活動はこれからも続けていくとのことで、今後については、「動く人が増えたほうが良い。日本でスタートアップする人が増えてほしい」。

最後に、木下さんを「若者を起業させたすぎておかしくなったおじさん」と紹介した投稿の「リツイート」が伸びていることについては、活動を広めてもらったと少々照れ気味だった。

「木下 慶彦/Skyland Ventures(@kinoshitay)」のツイッタートップページより


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「これをやりたい!」というのではなく「何かで金儲けしたい!」だと失敗するよ。


それで失敗して、破産、親の老後資金食いつぶすんですね。結局銀行が儲かる仕組み。そんな奴結構見て来ました。夢が無いと思われるかもしれないけどそれが現実。


良いんじゃない?個人の選択の自由だから。ただ、妻子持ちは止めといたほうがいいよ。それと借金返済の目処が立たなくなっても、自殺だけはするんじゃないぞ。


別に「何かで金儲けしたい!」でもいいじゃない。拝金主義も行き過ぎればどうかと思うけど、需要と供給のギャップがあるところをよく探して、今までにない製品やより良いサービスを提供して金儲けすればいい。自分の得意分野で能力を生かせるのなら、別にやりたいことと合致してなくてもいい。むしろ、むやみにやりたいことをやるほうが失敗するんじゃない?


ベンチャーキャピタルなら「俺を肥え太らすために起業しろ!」というのは当たり前だわなwネズミ講やカルト宗教と変わらんw


無責任な押し付け


起業はあくまで手段だけど目的化してそうですね(笑。


「これをやりたい!」ってのありきの起業は需給的に無茶なプランでもゴリ押しでやろうとしてしまうからよくない…って起業の先生が言ってた


shiro<「今までにない製品やより良いサービスを提供したい」という意思があればいいと思う。


金儲けのビジョンとその事業に対する熱量。両方ないと起業は失敗する。理想と現実に折り合いつけてそのうえで高みに持ってく能力がないとね。


>「おはようございます。今日は雨ですね。練習出来ずくすぶってる全野球少年に向けて言いたい。夢にときめけ!明日にきらめけ!起業した疲れからか不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し車の主、暴力団員谷岡が言い渡した示談の条件とは…。


ピザリック< お金を儲ける手段の基礎中の基礎が「今までにない製品やより良いサービスを提供」なので、そうじゃないビジネスを探すほうが難しいですよ。「これをやりたい」ってのは、行き過ぎれば手段が目的化する危険があります。損失出してまで「今までにない製品やより良いサービスを提供」するようになるかもしれないってことです。商売は三方良しでありたいものですね。


出来ない出来ないってネガキャンこいてるクズよりこういう無責任なポジ野郎の方がよっぽどましなんだよなぁ。ブラック企業がーとか社畜がーとか喚いてる暇あったら起業しろと


まぁ「今は頑張っても報われない時代」とか会社に愚痴垂れてる新人どもはホント起業しろだな。しても上手くいくか分からない?じゃあ愚痴も垂れるな 何もしないなら愚痴を垂れる資格も無い


起業した立場だけど最初の三年は軌道に乗らなくて地獄だった、今は好調だけど休みがなくて体を壊した。今年法人成りするけど、起業しても継続する熱意がないとあっという間に潰れる。リーマンやってた頃よりハードだし休みがない。労基法も適用されないし社会保険もない、今の安定志向の若い世代で起業する人って少ないと思う。これから人口も減って需要も減るしな・・・。


大手に入ってから、業界のスキルを身につけ、自分や仲間の顧客を引き継ぎつつ独立するのが安全牌ですよ(笑。


起業のリスクより、低賃金ハード労働の方が、人生のリスク高い件 前者は失敗しても破産でチャラ 後者はそもそも成功の道が何処にも無い


まぁ独身子無しであることが前提ではあるが、その前提が整っているのが山のようにいるのが日本の現状


なんだ、起業コンサル()の宣伝記事か


起業ねぇ・・・正直企業が多すぎてマイナスになってると思うのだが。いちいちもっといい会社を!って起業してもうまくいってないのが現状だと思う。それより既存の企業を改善するほうがずっといいんじゃないか?新しい試みとか挑戦とか、そういう起業は良いと思うけど、今の業界がよくないから起業するっていうんじゃ先は暗いな。結局自分の思い通りにしたいだけ、から抜け切れていない