何としても謝罪は行わないという強い意志を感じさせます。詳細は以下から。

新潮社が「新潮45」を休刊へ
自民党杉田水脈衆院議員がLGBTカップルは「生産性がない」などと新潮社の「新潮45」に寄稿して際的な問題となりました。その後に同誌で擁護企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題した特集が掲載され、自称保守論者が想像を絶する寄稿を行い、新潮社全体を巻き込む大問題となりました。

これに対して新潮社9月21日佐藤信代表取締役社長の名前でコメントを発表しましたが、差別にあったLGBTへの謝罪や説明もなければ差別表現の掲載に至った経緯の検証も行われず、「新潮45」に対する処分も発表されなかったことから、炎上にさらなるガソリンを注ぎ込む結果となりました。

そして9月25日新潮社は「新潮45」の「休刊」を発表しました。全文(魚拓)を以下のとおり引用します。

「新潮45」休刊のお知らせ

 弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合刊誌として、言論活動を続けてまいりました
 しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日社長明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。
 会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。
 これまでご支援・ご協いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。
 今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。

2018年9月25日
株式会社 新潮社

「新潮45」休刊のお知らせ_ News Headlines _ 新潮社より引用

◆部数低迷と「愛国ビジネス
まずBUZZAP!が以前指摘したように、一連のLGBTへの差別記事の掲載の発端には「部数低迷に直面」というビジネスとしての問題があったことが明らかにされています。

その対策として「試行錯誤」が行われ、2018年1月号にはケント・ギルバートが登場し、2月号からは自称保守論者が勢いする事となりました。「【特集】「反安倍」病につける」「【特集】「朝日新聞」という病」といった特集が乱発されることになります。

新潮社は「編集上の理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかに」なったとしています。しかし一連のLGBTへの差別記事、特に小川太郎の寄稿文は「十分な原稿チェックがおろそかに」なっていたくらいで間違えて出版してしまうような文章ではありません。

部数低迷が確固たる事実である以上、新潮社保守を自称するタイプの人々をマーケットとしたいわゆる「愛国ビジネス」へとを切り、より過でウケのいい特集を模索した中で一線を越えてしまったと考えるのが妥当ではないでしょうか。

◆今回もLGBTへの謝罪はなし
今回の「『新潮45』休刊のお知らせ」では「あまりに常識逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」を掲載した事について「このような事態を招いたことについてお詫び致します」と謝罪があります。

また「これまでご支援・ご協いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません」という謝罪と取れる表現があります。

しかし前者は「新潮45」で極めて不適切な表現を行ったという自らの行為、及びそれに伴う一連の騒動に対しての謝罪でしかありません。加えて言うのであれば、その「表現」がの文章のどの部分がどういった偏見と認識不足に満ちているのかという具体的な摘もなければやはり対策も述べられていません。

そして後者は一連の騒動と休刊することについて「読者や関係者の方々」に対して謝罪しているに過ぎません。

結局、杉田水脈小川太郎の寄稿文で行われたLGBT差別について、前回に続いて当事者への謝罪は行われていませんし、一言もLGBTについて直接触れることすらしていません。

◆これは「ほとぼり冷まし」に過ぎない
もちろん日本有数の出版社である新潮社が会社名義で行った公式発表ですから、たまたま担当者の文章が足りなくて触れ忘れたということは絶対にあり得ず、LGBTへの謝罪の欠如は意図的に行われたものと言わざるを得ません。

つまり新潮社は、自社の雑誌「新潮45」で複数回にわたって行われたLGBT差別記事について当事者への謝罪を拒否した上に「廃刊」ではなく「休刊」で済ませ、編集長の処分や今回差別記事を寄稿した寄稿者らへの対応についてもなんら明言しなかったのです。

これで済ませようというのであれば、問題の発端となった寄稿文以降炎上が収まるのをじっと息を潜めて待っている杉田水脈とまったく変わりありません。かに「あの手口学んだらどうかね」とでも勧められたのでしょうか?

【やはりLGBTへの謝罪はなし、新潮社が「新潮45」を休刊させてほとぼり冷ましへ】を全て見る

やはりLGBTへの謝罪はなし、新潮社が「新潮45」を休刊させてほとぼり冷ましへ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

反論書かせろと編集部に言ったら拒否された作家がツイートしてたし、最初から選んで記事にしてたくせに、ミスだった、休止する、って。ぐっだぐだだし、情けないしで…。


意地でも謝罪しない× ただ逃げただけ〇


謝罪と賠償を要求するニダ!という粘着の仕方はあの民族のお家芸だからねー


根性ねぇなぁ。


むしろ、がなりたてれば道理が引っ込む前例を作った、新潮社の責任を問いたいのでありますよ。ペンはサキチより弱かったねー 売国ビジネスより、愛国ビジネスの方が少しはましだと思いますよ。日本人は言葉に出さないだけで、善悪を心の中に持ってますからー LGBTへの謝罪w 次に賠償がくるのかしらねwww


私は、私が平穏にトイレに入ったり、女性専用車両に逃げ込んだり、温泉に行ったり、脱衣、更衣する権利が大事だもの。それは「ヘイト」や「差別」ではないよね。マイノリティ様が大声上げた時は、マジョリティは反論しちゃいけないのかしら。


ゲイに狙われないようにゲイ専用に温泉を作ってくれたらいいけど。同じ風呂とかトイレに性的な目を向ける野郎が入ってるかもしれんと考えただけで虫唾が走る


LGBTへの謝罪?LGBTを利用して騒いでいる人への謝罪?まあどっちみち、休刊にせずちゃんと主張するなり謝罪するなりすればいいのにね。これじゃあ結局「大声上げた人の無条件勝利」になっちゃう。情けないねぇ。


性的な目を向ける野郎は今だってどこだっているんだがな…。性的な目を向けられたくない人は家から出ないほうがいいだろう。男女問わずな。自由なんだろ?


あとね、この記事書いた記者さんの名前はおろか、ペンネすら載って無い気がするのですが、「たまたま担当者の文章力が足りなくて触れ忘れたということは絶対にあり得ず」なのかしらね。署名=責任だと思うのですが、記載がないのは「意図的に行われたものと言わざるを得ません」ですか? 私の駄文と同じレベルですねw


謝罪が必要なのは言論封殺へ走ったゴミどもだろ。最も恐ろしいのは暴走する民意。愚民が声高に叫び、愚かな連中がそれに同調して起こる圧力こそが最大の暴力だ。政治利用したゴミどもと、差別ってものが理解出来ずに批判したLGBTの人間は自分の愚かさを恥じろ。


「性的な目を向ける野郎は今だってどこだっているんだがな…」ってw こっそり個人的にされるのならしょうがないですよね。防ぎようがないし、諦めもつきますよ。でも、私は正しいと大声上げてこられたらどう思いますか? それは違うんじゃないのって思いませんか?


的外れな批判に屈してなんでもかんでも騒げば通るなんて悪例作ったらダメだろ、そこはしっかり抵抗しろよ新潮よ・・・


そもそも謝罪をする理由が無い


奴らのああだこうだを受け止めてそこから反対意見を書く記事を載せるまでやってくれよ。なぜ作家が書こうと言っても書かせなかった?なにがしたかったのこの雑誌


はい、差別主義者の負け~(笑。まあ差別主義者でも素直にLGBTを傷つけたことを謝罪して反省すれば廃刊までせずともよかったと思うんですけどね(笑。


よし朝日も弾圧しよう(提案


もともと、「衆道」とか普通にあったお国柄だもの、一部の(似非?)LGBTの方が大騒ぎしなければ「そういう人いるよねー」くらいの事だったんじゃないのかしら。「きの・たけ」でもそうだけど、対立を煽る「第三勢力」に気をつけましょうね。紛争当事者達でなく、陰で扇動してる輩が一番美味しいよね。今回の騒動で誰が笑ったのかしらw 


一方的な言論や表現の危険性はナチスが特定民族を一方的に貶め迫害に持ち込んだ歴史から学べるはずだ。要は主張に対して主張を掲載出来る事だ。


「おらおら!LGBT様に頭下げろよあぁん?口答えすんのか?俺らに逆らうってことは『ヘイトスピーチ』で『差別主義者』ってことだぜ?お前だけじゃなくて、家族や友人もどうなるかなあ?」こうですね、よくわかります。ええ、よーっくわかりますとも。