気になるニュースちゃんねる!!

世の中の気になるニュース、くだらないことから、とーっても得するお役立ち情報まで(*_*)
わぁおーー!!っと笑う怒る呆れる厳選情報発信ブログです。
スマホにも対応しています。
記事のチョイスが貴方に合えばフォローお願いします。


    折り紙のようにたためる電動アシスト自転車「FireFly」はカーボンファイバー製で軽量!



    ガソリン代もかからず、交通渋滞とも無縁の自転車は便利だ。難点は盗難に遭うことが多く、階段での持ち運びや公共交通機関への運び入れが難しいことだろう。

    そうしたマイナス点をカバーする自転車が、米国のスタートアップが開発した「FireFly」だ。カーボンファイバー製の軽量タイプ、しかも折り紙のようにたためるデザインなので、通勤に使ったあとはオフィスの片隅に置いておくことができる。

    ・トランクにも積みこめる

    FireFlyは公共交通機関に持ち込んだりすることを想定してデザインされているだけあって、自転車の中央部分を折って前輪と後輪を重ねるようにしてたたむと、38×84×61センチになる。これだけコンパクトだと車のトランクにもスムーズに積み込める。

    たたんだ状態でラインカーのように転がして運ぶことができるのも便利だ。

    ・ラストマイルにうってつけ

    また、ボディにはアルミではなくカーボンファイバーを採用して軽量化を図っている。

    軽量といっても、FireFlyは電動アシスト自転車なのでバッテリーを搭載し、全重量は18.6キロとそれなりにある。だが、長距離を電車やバスで移動し、ラストマイルを自転車で、という活用方法はありだろう。

    しかもミッドドライブモーターが採用されていて、道路の状況などに合わせて9段階でスピード調整できる。坂道でもアシスト機能で楽に走行できるのもありがたい。

    FireFlyは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。希望小売価格2399ドル(約26万5000円)のところ、出資額は1699ドル(約18万8000円)〜となっていて、出資はあと1カ月ほど受け付ける。

    FireFly/Indiegogo

    折り紙のようにたためる電動アシスト自転車「FireFly」はカーボンファイバー製で軽量!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【折り紙のようにたためる電動アシスト自転車「FireFly」はカーボンファイバー製で軽量!】の続きを読む


    cloud1

    image credit:Dan Bourne

     いつもは空に浮かんでいるのがデフォルトの雲だが、場合によってはうっかり地上に落ちてきがちな存在でもあるようだ。

     東京では雲が落ちるこの現象を「オルタニング現象」と呼んだり呼ばなかったりしていたらしいけども(関連記事)これもその仲間なのだろうか?

     イギリス・コーンウォールで8月3日、ものすごくマジカルかつ巨大な「雲の壁」が出現したとして話題になっている。

     もしかして空から大量に雲が落っこちてきたのだろうか、それともリアルに魔法の国への入り口だったりするのか!?

    ―あわせて読みたい―

    何かが落ちてくるこの感じ・・・ヒャッハァー!な世紀末タイプの雲が出現するも4分間ほどで消滅する謎の現象(ブラジル)
    東京上空で雲が落下、謎の「オルタニング現象」が発生?
    えっ?こんなことってあるの?空から雲が落ちてきた!?(アラブ)
    「我が国の雲が盗まれている」イランの将官、干ばつが続く理由はイスラエルが雲を盗んでいるからと記者会見で発言
    雲に擬態したUFOなのか?雲の隙間を移動する円盤状の物体
    不可思議な霧や雲が現れて、突如消息を絶った奇妙な10の失踪事件

    魔法の国への入り口みたいな「雲の壁」の正体は?


    cloud2
    image credit:Dan Bourne

     8月3日の午後に出現した「雲の壁」の正体は、霧峰(海上に層雲状にかかる濃霧)だそうだ。

     写真で見るとドラマチックだが特に珍しいものではなく、地表の熱い空気が海上の冷たい空気と混ざり合うことで発生するのだとか。

     春に多いが一年を通じてどの季節でも発生する可能性があるらしい。ちなみにこの日、イギリスの最高気温は33℃でかなり暑かったようだ。

    mist10

    image credit:The Watering Hole

    濃霧のおかげで海に入れない海水浴客が続出!


     また、海水浴客でにぎわうペランポース・ビーチで8月5日、濃霧が発生して海への立ち入りが禁止になる騒ぎもあった。

     地元のバー、ウォータリング・ホールのロバート・ジョブさんによると

    海上は向こうが見えないほどの霧に包まれていた。安全を確保できないとして立ち入り禁止になったんだ。がっかりしたり文句をいったりする人もいたけれど仕方がないからね

    とのこと。

     霧は午後1時ごろには晴れ、立ち入り禁止が解除されてから人々は海水浴を楽しんだという。

    mist20_e

    下層雲が出現して最低気温14℃まで下がる可能性も

     同じくコーンウォールのポーツレス・ビーチでも8月5日、濃霧が発生して立ち入り禁止となった。

     それだけでなく、こちらでは気温が劇的に下がったそうだ。

     さらに、ポーソーランド・ビーチでは濃霧の発生はなかったものの大量の海草がビーチに打ち上げられており景観的にちょっとやばかったようだ。

     イギリス気象庁によると今後、デヴォンやコーンウォールなどブリストル海峡に沿って下層雲(高さ2km以下の大気の下層部に現れる雲)が出現しがちになり、その際の最低気温は14℃まで下がることもあるかもしれないという。

     夏ということで海水浴に出掛ける人も多いだろうけど、日本でも天候が不安定で何が起こるか分からない今日このごろ。注意してしすぎることはないと思うんだ。

    References:Cornwall live / The sun / Expressなど / written by usagi / edited by parumo

    こちらもオススメ!

    ―画像の紹介記事―

    太眉流行続行中やしぃ。眉毛チャーミングな猫リリーさんもついに3歳。近況報告しちゃうぞ。
    新居の軒先に巣を作ろうとする鳥と、そうはさせまいとする住人の4年にわたるバトルの記録
    自由すぎだろ。ジムで見かけた14の驚くべき光景
    彼女のインスタ映えの背景にボーイフレンドの努力あり。最高のアングルで写真を撮ろうと奮闘する世界の男たち
    マドンナを完全コピー。愛犬を世界の歌姫マドンナに見立てるプロジェクト「マックスドンナ」

    ―自然・廃墟・宇宙についての記事―

    今年は好機!三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」がやってくる!願い事を用意して12日は夜空にロックオン!
    バミューダトライアングルの謎に決着か? 失踪事件の一部は巨大な暴れ波が原因であるという新説(英研究)
    深宇宙から発せられた謎の強力なエネルギーを持つ電波を捕捉(カナダ)
    ダイヤモンドよりも硬い?宇宙由来の新しい鉱物が発見される(ロシア)※追記あり
    夢とロマンと危険がいっぱい。世界10の水中洞窟
    雲が落ちてきた!?海水浴客でにぎわうビーチに巨大な「雲の壁」が出現(イギリス)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【雲が落ちてきた!?海水浴客でにぎわうビーチに巨大な「雲の壁」が出現】の続きを読む


     2016年7月、滞在先のポーランドで怪死した英国出身のUFO研究家マックス・スピアーズ氏。遺体には黒い液体を吐き出した痕跡があった上、死の数日前には母親に自身の身の危険を知らせるメッセージを送っていたこともあり、その不自然な死に世界中から注目が集まった。

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/08/post_17836_entry.html】

     事件から既に2年以上経過した今もスピアーズ氏の死を巡る論争に決着はついていない。だが、この度、新事実発覚とともに遂に事件の真相に迫る調査が開始されることが明らかになった。

     英紙「Metro」(8月11日付)によると、8月10日にスピアーズ氏の死因を特定する「死因審問」の事前審査が行われ、スピアーズさんの母ヴァネッサ・ベイツさんの代理人弁護士アダム・タイラー氏が出席。ポーランド当局の当時の目撃者の招聘、スピアーズ氏が所持していたノートパソコンと携帯電話の分析を要求したという。タイラー氏は、スピアーズ氏のノートパソコンと携帯電話は当局の分析後にデータが消去されており、そのやり口は大きなミステリーだと語っている。また、分析結果も遺族に全く伝えられていないそうだ。

     死因審問は2019年1月7日から4日間開かれる予定とのことだが、2016年12月の時点で、イギリスの裁判所はすでにスピアーズ氏が死の直前に2リットルの黒い液体を吐き出していたという証言を得ていたにもかかわらず、これまで延期されていた。当時、ポーランド当局は死因を自然死だと断定、イギリスで行われた検死でも死因は特定できていなかった。

     スピアーズ氏の死因も気になるところが、ノートパソコンと携帯電話の全データを削除したイギリス当局の思惑はさらに気になる。これではまるで証拠隠滅を図ったとしか思えないからだ。スピアーズ氏は、遺伝子改変によりスーパー兵士を作る政府の極秘プロジェクトにも参加していたと言われているため、その情報を外部に漏らさないために全てのデータを削除したと考えることもできるだろう。母・ヴァネッサさんも次のように語っている。

    「息子は、世界の闇の部分に深い入りしたため、命を落としたのだと思います。見送ったときは体も丈夫で健康でした。あれから長い月日が経ちましたが、やっと適切な調査が行われることになり安心しています」

     一体なにが彼の命を奪ったのか? 来年の死因審問で全ての真実が明らかになることを願ってやまない。
    (編集部)

    ※イメージ画像は、「Thinkstock」より

    ※イメージ画像は、「Thinkstock」より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【怪死したUFO研究家の“証拠隠滅”当局が指示か、大手紙報道! 口から黒い液体、闇の研究…本格的な死因調査へ!】の続きを読む


    最終回の放送から2カ月が過ぎても、いまだ熱の冷めない「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)現象。同作の主演俳優として、田中圭も一躍、時の人となった。

    【写真を見る】カーテンに寄りかかり、アンニュイな表情を見せる田中圭

    「今日(取材日)から舞台の稽古も始まりますし、特に仕事のスタイルは変わっていませんが、取材だけはびっくりするぐらい増えました。今、こういう流れで一回くらいそういう経験をしておくのも、“アリ寄りのアリ”(『おっさんずラブ』のせりふ)かなと。僕自身はブレていないし変わっていないので、この先もし取材の数が減ったとしても、寂しいとは思わない。これまでも常に、淡々とやってきましたから」

    今の自分を客観的に見ているような余裕。そんなクールな一面が、吉岡里帆主演のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)で演じる区役所生活課の“デキる男”京極係長に表れている?

    「京極は『お金にシビア』と紹介されているけれど、そんなに冷徹な男とは思わないです。生活保護受給のルールには厳しいけれど、人間としては優しい。第3話では、ギターを壊した青年に自分のギターを譲ったり、第4話でも新人の七条(山田裕貴)に親身になってアドバイスしたりする。あの職場でも、人望は普通にあると思います」

    ギターを持っていたのは京極が昔バンドマンだったからかと尋ねると、「僕は人物の背景をあまり考えないけれど、そうなんじゃないかな」と答えつつ、役柄について熱く語る。

    「京極の短所は、正義感が強く、論理やルールを優先してしまうところ。既にある正解を導き出そうとしがちですよね。もともと生活保護受給者という他人の生き方に正解なんてなく、その人にはその人の思いがあるだけ。そこで『ルールがこうだから』って物事を進めていくと、相手を追い込んでしまいます。第5話以降、京極も失敗するし、ドラマが動いていきます。僕としては台本に描かれている以上の深みを出して、全10話を通して京極係長という一つのスタイルを見せたいです」

    8月はドラマの撮影と舞台稽古を並行してこなすことに。多忙な日々をどう過ごしている?

    「とにかく僕にはルーティンというものがなくて、俳優という仕事柄、毎日決まったことはやりません。仕事が終わって自宅に帰る前に、必ずワンクッション置くことぐらい。誰かとご飯を食べたり、友人のいるところに遊びに行ったり…。一人でいることはあんまりないです」

    そう断言する田中は、寂しがり屋であるようにも思えるが、常に他人といても苦にならないという、突き抜けたコミュニケーション能力の持ち主とも言える。

    「うーん、誰とでもすぐに仲良くなれるわけではないですが。ただ、少なくとも他人に対して閉じてはいないつもりです。そう言えば、先日、『ケンカツ』で共演している井浦新さんが勧めてくれた美術展に行ってみたんです。そういう場にいると、絵画を見る目的も人によって違うんでしょうし、いろんな人の物事の捉え方を広いクッションで受け止められる人になりたいなぁと思えました」

    新しいことを吸収する力と、卓越した共感能力。田中が多くの人から愛されるのはそれ故かもしれない。

    「ドラマ、映画、舞台でと、それぞれの現場に僕の芝居を気に入ってくれる人がいて、恵まれた状況だと思うけれど、褒められたとき、自分のどの部分を言っているのか、分からないんです。自分で『演技が下手だなぁ』と思ったこともないけれど、『俺、芝居うめえなぁ』と思ったこともないし、すごく普通にやっているつもりなので」

    自分の才能に気付いていない天才型?と聞くと、即座に否定された。

    「いやいや、努力型ですよ、僕は。そう見えないだけで、常にコツコツとやってますから(笑)」

    「とにかく僕にはルーティンがない」と話す田中。日常生活について聞くと、田中らしい独特の答えが返ってきた。

    ■ 規則正しい生活はストレス?

    特殊体質なのかもしれないけれど、早寝早起きをし、仕事して夜はジムに行くという規則正しい生活を送っていると、3日ぐらいで、顔にじんましんが出るんです。これ、冗談じゃなくて本当なんです。精神的なストレスなのかは分からないけれど、だから、あえて毎日、規則正しい生活を送らないよう心掛けているんです(笑)。

    ■ 朝起きて5分で出発

    ドラマの撮影がある日は、起きたら着替えだけをして5分で出発。車の中で水と健康補助食品を取ってスタジオへ。洗顔と歯磨きはスタジオに来てからすることも多いです。朝ご飯はほとんどの場合、食べないかな。でも、「ケンカツ」のスタジオにはヤクルトが置いてあるので、ついもらっちゃう。体に良さそうですよね!

    ■ ジムに通うもノルマなし

    「おっさんずラブ」で“謎のいい体”と言われましたが、ジムに毎週通っているわけではないです。週2〜3回行くこともあれば、1〜2カ月行かなかったりもする。たまにファスティング(健康目的の断食)をするので、その時期は運動するのもつらいけれど、ジム終わりには「いいことしている、俺」という達成感があります。(ザテレビジョン・取材・文=小田慶子)

    “最旬俳優”田中圭に独占取材を敢行


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【田中圭、最旬俳優らしからぬ“特殊体質”を告白!?<SPグラビア&インタビュー>】の続きを読む


    最終回の放送から2カ月が過ぎても、いまだ熱の冷めない「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)現象。同作の主演俳優として、田中圭も一躍、時の人となった。

    【写真を見る】カーテンに寄りかかり、アンニュイな表情を見せる田中圭

    「今日(取材日)から舞台の稽古も始まりますし、特に仕事のスタイルは変わっていませんが、取材だけはびっくりするぐらい増えました。今、こういう流れで一回くらいそういう経験をしておくのも、“アリ寄りのアリ”(『おっさんずラブ』のせりふ)かなと。僕自身はブレていないし変わっていないので、この先もし取材の数が減ったとしても、寂しいとは思わない。これまでも常に、淡々とやってきましたから」

    今の自分を客観的に見ているような余裕。そんなクールな一面が、吉岡里帆主演のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)で演じる区役所生活課の“デキる男”京極係長に表れている?

    「京極は『お金にシビア』と紹介されているけれど、そんなに冷徹な男とは思わないです。生活保護受給のルールには厳しいけれど、人間としては優しい。第3話では、ギターを壊した青年に自分のギターを譲ったり、第4話でも新人の七条(山田裕貴)に親身になってアドバイスしたりする。あの職場でも、人望は普通にあると思います」

    ギターを持っていたのは京極が昔バンドマンだったからかと尋ねると、「僕は人物の背景をあまり考えないけれど、そうなんじゃないかな」と答えつつ、役柄について熱く語る。

    「京極の短所は、正義感が強く、論理やルールを優先してしまうところ。既にある正解を導き出そうとしがちですよね。もともと生活保護受給者という他人の生き方に正解なんてなく、その人にはその人の思いがあるだけ。そこで『ルールがこうだから』って物事を進めていくと、相手を追い込んでしまいます。第5話以降、京極も失敗するし、ドラマが動いていきます。僕としては台本に描かれている以上の深みを出して、全10話を通して京極係長という一つのスタイルを見せたいです」

    8月はドラマの撮影と舞台稽古を並行してこなすことに。多忙な日々をどう過ごしている?

    「とにかく僕にはルーティンというものがなくて、俳優という仕事柄、毎日決まったことはやりません。仕事が終わって自宅に帰る前に、必ずワンクッション置くことぐらい。誰かとご飯を食べたり、友人のいるところに遊びに行ったり…。一人でいることはあんまりないです」

    そう断言する田中は、寂しがり屋であるようにも思えるが、常に他人といても苦にならないという、突き抜けたコミュニケーション能力の持ち主とも言える。

    「うーん、誰とでもすぐに仲良くなれるわけではないですが。ただ、少なくとも他人に対して閉じてはいないつもりです。そう言えば、先日、『ケンカツ』で共演している井浦新さんが勧めてくれた美術展に行ってみたんです。そういう場にいると、絵画を見る目的も人によって違うんでしょうし、いろんな人の物事の捉え方を広いクッションで受け止められる人になりたいなぁと思えました」

    新しいことを吸収する力と、卓越した共感能力。田中が多くの人から愛されるのはそれ故かもしれない。

    「ドラマ、映画、舞台でと、それぞれの現場に僕の芝居を気に入ってくれる人がいて、恵まれた状況だと思うけれど、褒められたとき、自分のどの部分を言っているのか、分からないんです。自分で『演技が下手だなぁ』と思ったこともないけれど、『俺、芝居うめえなぁ』と思ったこともないし、すごく普通にやっているつもりなので」

    自分の才能に気付いていない天才型?と聞くと、即座に否定された。

    「いやいや、努力型ですよ、僕は。そう見えないだけで、常にコツコツとやってますから(笑)」

    「とにかく僕にはルーティンがない」と話す田中。日常生活について聞くと、田中らしい独特の答えが返ってきた。

    ■ 規則正しい生活はストレス?

    特殊体質なのかもしれないけれど、早寝早起きをし、仕事して夜はジムに行くという規則正しい生活を送っていると、3日ぐらいで、顔にじんましんが出るんです。これ、冗談じゃなくて本当なんです。精神的なストレスなのかは分からないけれど、だから、あえて毎日、規則正しい生活を送らないよう心掛けているんです(笑)。

    ■ 朝起きて5分で出発

    ドラマの撮影がある日は、起きたら着替えだけをして5分で出発。車の中で水と健康補助食品を取ってスタジオへ。洗顔と歯磨きはスタジオに来てからすることも多いです。朝ご飯はほとんどの場合、食べないかな。でも、「ケンカツ」のスタジオにはヤクルトが置いてあるので、ついもらっちゃう。体に良さそうですよね!

    ■ ジムに通うもノルマなし

    「おっさんずラブ」で“謎のいい体”と言われましたが、ジムに毎週通っているわけではないです。週2〜3回行くこともあれば、1〜2カ月行かなかったりもする。たまにファスティング(健康目的の断食)をするので、その時期は運動するのもつらいけれど、ジム終わりには「いいことしている、俺」という達成感があります。(ザテレビジョン・取材・文=小田慶子)

    “最旬俳優”田中圭に独占取材を敢行


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【田中圭、最旬俳優らしからぬ“特殊体質”を告白!?<SPグラビア&インタビュー>】の続きを読む


    最終回の放送から2カ月が過ぎても、いまだ熱の冷めない「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)現象。同作の主演俳優として、田中圭も一躍、時の人となった。

    【写真を見る】カーテンに寄りかかり、アンニュイな表情を見せる田中圭

    「今日(取材日)から舞台の稽古も始まりますし、特に仕事のスタイルは変わっていませんが、取材だけはびっくりするぐらい増えました。今、こういう流れで一回くらいそういう経験をしておくのも、“アリ寄りのアリ”(『おっさんずラブ』のせりふ)かなと。僕自身はブレていないし変わっていないので、この先もし取材の数が減ったとしても、寂しいとは思わない。これまでも常に、淡々とやってきましたから」

    今の自分を客観的に見ているような余裕。そんなクールな一面が、吉岡里帆主演のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)で演じる区役所生活課の“デキる男”京極係長に表れている?

    「京極は『お金にシビア』と紹介されているけれど、そんなに冷徹な男とは思わないです。生活保護受給のルールには厳しいけれど、人間としては優しい。第3話では、ギターを壊した青年に自分のギターを譲ったり、第4話でも新人の七条(山田裕貴)に親身になってアドバイスしたりする。あの職場でも、人望は普通にあると思います」

    ギターを持っていたのは京極が昔バンドマンだったからかと尋ねると、「僕は人物の背景をあまり考えないけれど、そうなんじゃないかな」と答えつつ、役柄について熱く語る。

    「京極の短所は、正義感が強く、論理やルールを優先してしまうところ。既にある正解を導き出そうとしがちですよね。もともと生活保護受給者という他人の生き方に正解なんてなく、その人にはその人の思いがあるだけ。そこで『ルールがこうだから』って物事を進めていくと、相手を追い込んでしまいます。第5話以降、京極も失敗するし、ドラマが動いていきます。僕としては台本に描かれている以上の深みを出して、全10話を通して京極係長という一つのスタイルを見せたいです」

    8月はドラマの撮影と舞台稽古を並行してこなすことに。多忙な日々をどう過ごしている?

    「とにかく僕にはルーティンというものがなくて、俳優という仕事柄、毎日決まったことはやりません。仕事が終わって自宅に帰る前に、必ずワンクッション置くことぐらい。誰かとご飯を食べたり、友人のいるところに遊びに行ったり…。一人でいることはあんまりないです」

    そう断言する田中は、寂しがり屋であるようにも思えるが、常に他人といても苦にならないという、突き抜けたコミュニケーション能力の持ち主とも言える。

    「うーん、誰とでもすぐに仲良くなれるわけではないですが。ただ、少なくとも他人に対して閉じてはいないつもりです。そう言えば、先日、『ケンカツ』で共演している井浦新さんが勧めてくれた美術展に行ってみたんです。そういう場にいると、絵画を見る目的も人によって違うんでしょうし、いろんな人の物事の捉え方を広いクッションで受け止められる人になりたいなぁと思えました」

    新しいことを吸収する力と、卓越した共感能力。田中が多くの人から愛されるのはそれ故かもしれない。

    「ドラマ、映画、舞台でと、それぞれの現場に僕の芝居を気に入ってくれる人がいて、恵まれた状況だと思うけれど、褒められたとき、自分のどの部分を言っているのか、分からないんです。自分で『演技が下手だなぁ』と思ったこともないけれど、『俺、芝居うめえなぁ』と思ったこともないし、すごく普通にやっているつもりなので」

    自分の才能に気付いていない天才型?と聞くと、即座に否定された。

    「いやいや、努力型ですよ、僕は。そう見えないだけで、常にコツコツとやってますから(笑)」

    「とにかく僕にはルーティンがない」と話す田中。日常生活について聞くと、田中らしい独特の答えが返ってきた。

    ■ 規則正しい生活はストレス?

    特殊体質なのかもしれないけれど、早寝早起きをし、仕事して夜はジムに行くという規則正しい生活を送っていると、3日ぐらいで、顔にじんましんが出るんです。これ、冗談じゃなくて本当なんです。精神的なストレスなのかは分からないけれど、だから、あえて毎日、規則正しい生活を送らないよう心掛けているんです(笑)。

    ■ 朝起きて5分で出発

    ドラマの撮影がある日は、起きたら着替えだけをして5分で出発。車の中で水と健康補助食品を取ってスタジオへ。洗顔と歯磨きはスタジオに来てからすることも多いです。朝ご飯はほとんどの場合、食べないかな。でも、「ケンカツ」のスタジオにはヤクルトが置いてあるので、ついもらっちゃう。体に良さそうですよね!

    ■ ジムに通うもノルマなし

    「おっさんずラブ」で“謎のいい体”と言われましたが、ジムに毎週通っているわけではないです。週2〜3回行くこともあれば、1〜2カ月行かなかったりもする。たまにファスティング(健康目的の断食)をするので、その時期は運動するのもつらいけれど、ジム終わりには「いいことしている、俺」という達成感があります。(ザテレビジョン・取材・文=小田慶子)

    “最旬俳優”田中圭に独占取材を敢行


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【田中圭、最旬俳優らしからぬ“特殊体質”を告白!?<SPグラビア&インタビュー>】の続きを読む


    【感動ーーー】「リメンバー・ミー」の天才少年の歌声 涙流す観客も




    【【感動ーーー】「リメンバー・ミー」の天才少年の歌声 涙流す観客も】の続きを読む


    医学部の学費が全額無料に。ニューヨーク大学が画期的な奨学金を発表



    日本もそれくらいしないと優秀な人材育たないよ

    【医学部の学費が全額無料に。ニューヨーク大学が画期的な奨学金を発表】の続きを読む


    マスク氏が苦悩告白→テスラ株急落 「最も困難な1年」



    この弱腰な発言あかんやろ、経営者として、強く虚勢は必要、情けない男、最低ーーー 普通のオッサンと立場が違う
    多くの社員を抱えている意識もないのか、しっかりしろ泣くな

    【マスク氏が苦悩告白→テスラ株急落 「最も困難な1年」】の続きを読む


    【不甲斐ないーーー】県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった



    イノシシ恐くて、山に入らせなかった?命がけで入山したボランティアさんの本気度が遥かに上だったということに尽きる

    【【不甲斐ないーーー】県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった】の続きを読む

    このページのトップヘ